全ての記事を見る

HOME > 婚約指輪と結婚指輪の知恵袋 > ダイヤモンド > ダイヤモンドの鑑定書と鑑別書の違い

婚約指輪と結婚指輪の知恵袋

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

ダイヤモンドの鑑定書と鑑別書の違い


<価値がわかるものとあまりわからないもの>

当店では、婚約指輪のセンターストーンのように大きなダイヤモンドには、


世界に通じる第三者機関の発行した「鑑定書」をお付けしておりますが、



そこで、その「鑑定書」とは何ぞや?


はたまた、よく似た言葉で「鑑別書」っていうのも聞くけど、それっていったい何?


と思う方もいらっしゃると思いますので、そこのところをご説明したいと思います。


まず「鑑定書」ですが、「鑑定書」は、別名グレーディングレポートと言います。


石が天然であることに加え、石のグレード(※)を示したものです。


(※人間が設定したダイヤモンドにおける色やごみの量、重さやカットの精度等についての等級のこと。その内容によって価値が決まってきます。)


一方、「鑑別書」というのは、それが天然の石かどうかを証明するものであり、グレードは記載されていません。


一般的に、ダイヤモンドの価値や価格は、グレードの内容で決まってくるものなんですね。


つまり、鑑定書は、どういう価値のあるダイヤモンドなのかがわかるものですが、


鑑別書は、天然のダイヤモンドであるという事しかわからないものという事になります。



<鑑別書付きで透けて見えるもの>

ここでご参考ですが、テレビの通販番組で激安のダイヤモンドネックレスなどの販売の際に、


『しっかりとした鑑別書付きですから安心です!』みたいなことを言っているのを時折見かけますが、


「鑑別書」が付いていても、天然のダイヤモンドであるという事しか証明されていないことになるので、


むしろ安心とは真逆にある様な気さえしてしまいます。


(まぁ、人工ものもありますので、天然であることも大事ではありますが・・・とは言え、)


もしも、グレード的にもかなり良いダイヤモンドが使われているとしたら、


グレード表記までされている「鑑定書」を付けるに決まってますもんね。


つまり、あえて、グレードを伏せている様に見えてしまいますから、


天然のダイヤですよーという事で押し切っていて、


価値のある本当にきれいなダイヤモンドかどうかはわからないものが使われているという事が透けて見えている感じですよね。




<婚約指輪用のダイヤモンドも同じ>

一応、補足しておきますが、ダイヤモンドであれば、すべて綺麗な訳ではないってことなんです。


本当に、美しい綺麗なダイヤモンドもありますし、うーん、これは少々難があるなぁというものまでいろいろあるんですね。


テレビの映像では、ダイヤモンドの綺麗さなんて、そこまでわかりませんし、


そもそも、放送で使われているものと同じものが送られてくるかもわかりませんから、


鑑定書ではなくて、鑑別書付きなんて言われたら怖さ抜群という事になる訳です。


という事で、それは、婚約指輪用のダイヤモンドも同じであり、


ダイヤモンドのグレードがわからないと、そのダイヤの価値が全くわからないことになってしまいますので、


婚約指輪用のダイヤモンドには、ダイヤモンドのグレードが証明された鑑定書をお付けするのが一般的な訳です。



<発行元の鑑定機関によっても安心度が違う>

ちなみに、鑑定書というのは、考え方としては、犬で言う「血統書」と少し似ています。


犬の血統は、見た目にはわからないことですが、それを証明するものとして専門機関が発行するのが血統書です。


ダイヤモンドも、見た目だけでは、一見グレードが分からないですが、


専門機関が証明書として発行するのが「鑑定書」と考えいただければと思います。
 

ただ、鑑定機関も世界には大小様々な鑑定機関が存在します。


何年か前に内部告発で大騒ぎになりましたが、


弱小な鑑定機関は、少し無理をしたグレード(本当は、一つ下のグレードなのに、無理をして一つ上のグレードにしている、みたいな話です)をつけていたりしたこともありましたので、


鑑定書付きと言っても、どの鑑定機関の鑑定書であるかという事も結構重要かもしれません。




<新品を保証する鑑定書がある>

また、こんなこともあります。
 

質流れ品などのダイヤモンドを再加工して再販売する「リカット品」は見た目には新品と変わりません。


見分けがつかないという方が正確かもしれません。


再加工してから、再度鑑定書を取っているので、一般的には鑑定書を見ても再加工品であることはわからないんです。


なので、最近の新しい鑑定書では「どこで採れたものか」という事や


「新品である」という事実とをきちんと紐づけしているものもあり、


新品のダイヤモンドであることを確実に証明しているものもあったりします。


 
そういった鑑定書がついている石は、新品であることを保障される訳ですが、


そういう鑑定書がついていない限りは、


どんなに口で言っても、どんなに良いグレードの石であっても、誰のお墨付きがあっても、


残念ながら新品であるという証拠はないと言え、絶対にリカット品ではないと言い切れないない訳です。

 
この新しいタイプの鑑定書はIIDGRと言うもので、


ダイヤモンドの採掘を行っている鉱山会社のデビアスグループが発行しています。


なぜ、デビアスがそういったことを始めたかと言いますと、


それだけリカット品の再販が多く行われているという事に他なりません。

 
リカット品がたくさん売れてしまうと影響を受けるのは、


新しいダイヤモンドを掘り出している人たち、すなわちデビアスが最も困るからです。


そこで新品であることを証明する鑑定書を開発した、というわけなのですね。
 

つまり裏を返せば、


新しいダイヤモンドを掘り出している会社が脅かされるほど、リカット品が市場に出回っているということでもあります。


お客様は、そういうことを知らされずに買わされてしまっている場合も多々あるので、本当に怖い話です。



<婚約指輪に想いを込めるという意味では、大事なことだと思います>
 
とは言え、実際は、常に鑑定書を持って歩く訳でもありませんし、


誰に対して、自分のダイヤモンドのグレードがどんな内容なのかを証明しなければならない訳でもありませんので、


自己満足に近い事かもしれません。
 

しかしながら、婚約指輪のセンターストーンのダイヤモンドを選ぶ際に、


こういった鑑定書についても、


どこが発行した鑑定書がついてくるのか、そういったことでも大なり小なり価値や安心感が変わってくるので、


婚約指輪に想いを込めるという意味では、


そういう部分もよく考えてダイヤモンドや販売店を選ばれるのもありかもしれません。


 
ちなみに、当店では、IIDGRの鑑定書が付いてくるダイヤモンドも扱っておりますので、


ご希望やご興味のある方は、是非店頭でお尋ね下さい。


また、IIDGRを扱っていないお店などでそのことを尋ねると、


そんなのほとんど関係ないみたいなことを言われるかもしれませんが、


そのお店で扱っていないから、そういうことを言うのであって、


新品のダイヤモンドであることを保証されるかされないかは、


今やとてつもなく大きなことですので、鵜呑みにされない様にお気を付け下さいませ。


参考にして頂ければ幸いです。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2020/12/14

アイスブルーダイヤの婚約指輪

こんにちは~千葉県成田市のブライダルリング専門セレクトショップ ラムールトゥジュール です。 イオンモール成田のすぐ隣でやっております。モールの中ではありませんのでご注意下さいませ。 さて、...

続きを読む

2020/12/01

まだ間に合います!X'masにプロポーズ&年内に結婚指輪

こんにちは~千葉県成田市のブライダルリング専門店ラムールトゥジュールの船越です。   イオンモール成田のすぐそばでやっております。モールの中ではございませんのでご注意下さいませ。 <ギリギ...

続きを読む

2020/11/16

ダイヤモンドは、光を取り込む面が多いほど輝く

こんにちは、ラムールトゥジュールの船越です。 イオンモール成田のすぐ隣でやっております。 さて、今日は、婚約指輪のダイヤモンドの輝きとそれに関連したお話です。では参りましょう。 一粒ダイ...

続きを読む

2020/10/25

ピンクの石が付いていたら、確認しよう!

こんにちは、ラムールトゥジュールの船越です。 イオンモール成田のすぐ隣でやっております。 さて、このブログでも何度も言ってきましたが、ピンクダイヤは、淡いピンク色が本当に綺麗で、見た目の魅力...

続きを読む

2020/10/16

婚約指輪用のアイスブルーダイヤ

こんにちは、ラムールトゥジュールの船越です。 イオンモール成田のすぐ隣でやっております。 ラムールトゥジュールは、正真正銘、地元成田の企業(成田ウエディング協会)が運営するブライダルリング専...

続きを読む

当店が選ばれる理由
ご利用の流れ
プロが教える指輪あれこれ
アクセス

ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0476-20-2282
  • WEB予約
  • ご質問・ご要望フォーム

PAGE TOP