全ての記事を見る

HOME > 婚約指輪と結婚指輪の知恵袋 > ミオリング > かっこいい結婚指輪 『葉漏陽(はもれび)』

婚約指輪と結婚指輪の知恵袋

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

かっこいい結婚指輪 『葉漏陽(はもれび)』


<和の伝統美を凝縮した指輪を作っているブランド>

今日現在、千葉県で当店が唯一の取扱店になっているミオリングの葉漏陽をご紹介したいと思います。

 
その前に、おさらいとして、まず、ミオリングと言うブランドの特徴を簡単にご説明しますと、和の伝統美を凝縮した指輪達と言う感じだと思います。
 

作りは本格派であり、和風と言うより『和』そのものな感じです。『和』の美しさを表現しているというそんな印象のブランドさんです。
 

例えば、和紙、漆(うるし)、縄目、和彫り、槌目、透かしなどの和の伝統美を使って、独特な世界観を作り上げています。
 

マテリアルの方も赤銅(しゃくどう)、萌黄金(もえぎがね)、桜ゴールド、ブラックルテニウムコーティングなど、他メーカーさんではあまり見られないものも用意されています。
 

100年以上の歴史に裏打ちされた技術と美しさを是非ご覧頂ければと思います。



黒くてかっこいいコーティング>

では、本題の葉漏陽のご紹介です。



幅の広い方はブラックルテニウムコーティングという黒くてかっこいいコーティングをしています。
 

おまけに、Black on Blackと言う事で、ブラックダイヤもついています。ボリューム感もしっかりとあり、メンズの結婚指輪としては、ひえーかっこいい~と言う感じではないでしょうか?
 

指輪の表面には、ツヤ仕上げの部分とザラザラした部分がありますが、実はこのザラザラした部分は、和紙のテクスチャーになっています。本物の和紙を使って、和紙のテクスチャーを指輪に付けているのです。


かなり手間のかかることをやっているんですよね。流石、それがこだわりであり、職人技と言うものだと感じます。


ちなみに、本物の和紙を使っていますので、和紙の表面のザラザラが一枚一枚違う為、同じように見えても、このリングの表面のザラザラ感と言いますか、凹凸具合は微妙に全部違っているんですよね。同じものは存在しない指輪という事です。


ツヤ消しとツヤ仕上げのコントラストやヘアーラインとツヤのコントラストになっている指輪は良く見ますが、和紙とツヤという組み合わせは、この仕事をしている私でも初めて見ました。とても珍しいと思います。




<ブラックコーティングもいずれ傷がついて中の金属が見えて来るけど、それも味>

また、ブラックのコーティングを、する、しないは自由ですので、必要のない場合は、コーティングをしないことも可能です。
 

ちなみに、指輪はどうしても時間と共に傷がつくものですので、ブラックルテニウムコーティングもいずれ生活の中で傷がついて中の金属が見えてくる時が来ます。
 

そういう意味では、中身の金種をイエローゴールドやピンクゴールドにしておくと、ブラックの中から、いずれイエローゴールドやピンクゴールドの色が出て来るということになるので、面白いかもしれません。
 

特に、ミオリングさんの場合、和をテーマにしている部分で日本の四季になぞって『変化する美しさ』と言う部分も考えているそうですから・・・、それにも当てはまりミオリングっぽさが増すのかもしれません。


勿論、中身が見えてくる前や、中身が見えてきて気になってきたら、最初の状態に戻すべくコーティングをかけ直すことも可能です。(有料)


ですが、時間の経過と共に、結婚指輪の光沢が無くなってきても、一般的には皆さん気にならなくなってしまうものですし、ランダムに中の金種の色が所々見えてきても、その使い込んでいる感じが結構かっこいいんじゃないかとも思います。



<ミオリングは、男性用、女性用という分け方をしていない>

上記の画像を見ると黒い方がメンズ用で、銀色の方がレディース用に見えると思いますが、実は正確に言いますと、ミオリングの場合、商品が男性用、女性用という分け方になっていないんですね。



幅の広いのと、幅の細いのがあるという感じで、どちらもサイズ的には、5番~20番まで作れるといった商品になっており、どの商品も、男女どちらもが選べるようになっているんです。いいでしょう~。


つまり、男女とも幅広の方を選んでペアにしても良いし、男女とも幅の少し狭い方を選んでペアにしても良いし、男性が幅の少し細い方を選んで、女性が幅広の方を選んでも良い訳なんです。お二人さえ良ければ、どんな組み合わせでも構わないんです。ブルックルテニウムコーティングをする、しないについても同様です。


一般的な商品というのは、女性用と男性用という分け方で商品化されており、女性用なら大体4番~16番くらいの範囲で作れ、男性用なら9番~20番くらいの範囲で作れるような感じになっている為、それぞれカバーしていない範囲のサイズもあるので、二人とも男性用の指輪を選びたくても、女性のサイズが8番以下だったりした場合は、二人ともが男性用の指輪を選んでペアにするというのが実現できなかったりするもんなんです。


ところが、ミオリングは、基本的に、どの指輪も5番~20番の範囲で作れる様になっているので、全く同じ物でペアにすることが出来るので、気が利いた対応をしているブランドと言えるのではないかと思います。


とまぁ、細かいことを言えば、そういった色々な良さがありますが、そもそもテーマが『和』であるとか、気が利いた対応しているとかそんなこと関係なく、単純に見た目がかっこいいし、かっこよさもこのレベルまで来ると、それだけで十分価値があるようにも思います。


ということで、ミオリングの葉漏日(はもれび)のご紹介でした。


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/02/10

無形文化遺産を埋め込んだ結婚指輪

いつもありがとうございます。 千葉県成田市のブライダルリング専門店 ラムール・トゥジュールです。 イオンモール成田のすぐ隣でやっております。 ちなみに、ラムール・トゥジュールとは、フランス...

続きを読む

2018/12/26

伝統技術が集合している結婚指輪のご紹介

日本の伝統技術を使ってブライダルリングを作っているブランドと言えば、ミオリングです。 和風と言うより、和そのものという感じという事で、ご紹介しておりますが、ミオリングが使っている和の伝統技術と言...

続きを読む

2018/12/23

漆を使った結婚指輪があるって本当ですか?

こんにちはー千葉県成田市のブライダルリング専門店 ラムール・トゥジュール です。 イオンモール成田のすぐそばでやっております。 <結婚指輪に漆(うるし)が貼りついている> さて、今日は結...

続きを読む

2018/03/20

ミオリングの和彫りについて

<ハワイアンの彫りとは違う細かいカット面を持つ彫り> ミオリングの彫刻は全て、刀の鍔(ツバ)や簪(カンザシ)などで培われてきた『鏨(タガネ)彫り』(和彫りとも言われる)の手法による手彫りであり、千...

続きを読む

当店が選ばれる理由
ご利用の流れ
プロが教える指輪あれこれ
アクセス

ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0476-20-2282
  • WEB予約
  • ご質問・ご要望フォーム

PAGE TOP