知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2016年9月

☞ COFFEE BREAK

昨日、お客様がYES CAM(レンタル)のご返却に、お越しになられた時のことです。

 

お客様:あ~そう言えば、私の友達がこちらで結婚指輪を買ったと言ってました~。

 

私:そうですか~、それはそれはありがとうございます。

 

お客様:その友達から、イケイケの社長だっただろう?って、言われましたよ~。

 

一同:笑(どっか~ん)

 

と、こんな流れでした。

 

どうやら、私は自覚がないだけで、イケイケの社長さんなのかもしれません(笑)

 

いや・・・多分、違うと思いますが、その場が笑いで和みましたので、良しとしておきたいと思います。

 

最近、老いを感じるようになってきた者からすると、『イケイケ』も悪くないですが、出来れば『イケてる』と言われるように、頑張りたいと思います、押忍!(笑)

☞ 結婚指輪 宝探しのごとく

さて、今日の気になるお役立ち情報は・・・、

 

結婚が決まると結婚指輪を買いに行くために、皆さん色々と事前にお調べになられると思います。

 

そんな時に、一番見られているのが、例のあの分厚い結婚情報誌○○○ィではないかと思います。

 

あの情報誌には、対抗馬がないので、情報誌というよりバイブル的にとらえていらっしゃる方も少なくないと思うのですが、あれは基本的に広告集ですので、そこのところは、お間違いのないようにご覧になられた方が良いと思います。

 

また、結婚指輪について言いますと、誌面に載っているから良いブランドとか凄いブランドだろうと思われるかもしれませんが、あの誌面に紹介されているから有名、且つ、優秀なブランドという訳ではないので、そこも誤解のないように・・・と思います。

 

勿論、載っているものが良くないものですというつもりもないので、そこも誤解しないで頂ければと思うのですが、知って頂きたいのは、あれに載っているブランドは、ブライダルジュエリー業界全体の中の極一部のブランドでしかないという事なんです。

 

むしろ、誌面に掲載されていないブランドの方が大多数ですし、私は自分の仕事柄、誌面に広告を載せてはいないけど、品質的には、誌面に載っているブランドのものを凌駕する様な良いものを作っているブランドを沢山知っていますので、あの中に出てくるブランドだけが業界の中心やトップに居るように思われてしまうのは、ちょっと違う様な気がしています。

 

私の頃(20数年前)と違って、今の時代は、結婚指輪と言っても本当に色々なタイプや商品がありますので、ある意味、そういう誌面に載っているものだけでなく、載っていなくても良い物が沢山ありますので、そちらも是非ご覧になられることをお薦めする次第です。

 

それこそバブルの頃と違って、現代のお若い方々は、ブランド品・ブランド名に左右されない世代と言われていますし、有名であるとかないとか、そんなことより、自分らしさといった個性を大事になされているので、宝探しのごとく、知られざる銘品みたいなものを、自分らしさに照らし合わせながら見つけられるといいなぁと思います。

 

ただ、自己責任の時代という事で、それを悪用するかの如く、世の中には、怪しげなものが沢山出ているのも事実であり、色々見ておいた方が良いとは言え、見ておいた方が良いと思う中に含めちゃって良いのかどうか微妙なものも結構あるので、その辺りは、正直なところ実に難しい時代であるとも思います。

 

なので、最終的には、良いお店、良いスタッフに出会えることが肝心要なんだと思いますので、皆様の良い出会いとご縁を陰ながらお祈りしております。千葉県成田市より愛を込めて。

☞ 短い指用、太い指用、手が小さい用の結婚指輪もあります。

今日の情報は、大変重要です。

 

世の中には結構ご自分の指や手にと言いますか、

 

指輪を身に着けるに当たって、コンプレックスをお持ちの方が少なくない様です。

 

例えば、指が短い、指が太い、手が小さい、関節が太い、手が大きい、指が細過ぎる、等々…

 

私から見ると、それほど気にしなくても良いのでは?と思うくらいでも、ご本人としては、どうも指輪が激しく似合わないと思われている様で、結構、深刻に考えている方もいらっしゃるようです。

 

確かに、指輪が良く似合う方もいらっしゃいます。

 

手タレをやっていらっしゃるような方の手は、惚れ惚れする様な美しさがありますが、そこまでになるというのはともかくとして、

 

コンプレックスをお持ちの方が気にならない程度になるくらいのことは、コンプレックスの内容毎に、色々と対処法があるのでそれで大体クリアできますし、

 

最も重要なことは○○○○○○の○○○○なので、そこのところさえ押さえてしまえば大半のケースはクリアできてしまいます。

 

ご自分だけで悩まれていても始まりませんし、まずは一度、指輪屋にご相談頂ければ意外とすんなり、楽になることもあると思います。

 

指のコンプレックスでお悩みの方、まずは思い悩む前に、是非、一度、ご相談頂ければと思います。

 

指輪界の正義の味方が千葉県成田市より愛を込めて。

☞ エタニティタイプの結婚指輪

 

今日の情報は、意外と知らない人が多いのですが、知っておいた方が良いものです。

 

さて、早速ですが次の画像をご覧ください。
いわゆるエタニティタイプのリングです。ダイヤが沢山一列に並んでいます。
コラニーのイルアールのジュビリーリング
<単純なストレートではない、柔らかい動きを持っているコラニーさんのイルアールの中のジュビリーリング>

 

エタニティタイプのリングは、キラキラ好きの女性の憧れだと思うのですが、一口にエタニティーリングと言っても意外と同じではないことをご存知でしょうか?

 

例えば、

 

実は、気が付きにくい部分なのですが、並んでいるダイヤとダイヤの隙間の距離が詰まっているものと、意外と隙間の距離が開いているものとがあったりするんです。(ちなみに、上記画像のリングはダイヤの間隔がびっしり詰まっていることがわかります)

 

隣り合うダイヤモンドの間隔が広いのと狭いのでは、当然、狭い方がきゅっと詰まっているので、輝きのラインも目が詰まっていて綺麗です。

 

逆に、感覚が広いと間延びしているので、一見わからないのですが、じっくりとよく見て、見慣れてくると、隙間が気になってくるくらいの感じがあったりもします。

 

それを感じ始めると、ダイヤの輝きラインが途切れる感じにも見えてきたりしてしまいます。

 

また、指輪を横から見た時に、ダイヤのテーブル面の高さが揃っているブランドもあれば、高さがあまり揃っておらず凸凹しているブランドもあったりします。

 

※テーブル面:ダイヤモンドの上面の平らなところ。

 

この辺りは、意識してテーブル面の高さを揃えているというブランドの方が珍しいので、テーブル面の高さが揃っていないことが多いという前提で良く確認された方が良いと思います。

 

名前の知られたブランドの商品でも結構気になるものを見受けますし、恐ろしいことに、お店のスタッフがこれらのことを知らずに、販売している事実も少なくないのが現状です。

 

一見ダイヤが一列にたくさん並んでいると、それだけで、ぽ~としてしまい、その辺りにお気付きになられないで決めてしまう方もいらっしゃいますが、折角のキラキラの王道であるエタニティタイプですから、その辺りもよ~く確認された方が良いと思います。

 

良いお店、良いスタッフに出会えることを陰ながらお祈りしております。今日はこの辺で。千葉県成田市より愛を込めて。

☞ 結婚指輪 大きいサイズ

あなたの悩みを解決出来るかもしれないお話です。

 

その前に、昨日TVのニュースで、卓球の福原愛ちゃんが結婚報告会見をやっていました。あの泣き虫愛ちゃんが結婚するのですから、私も歳をとるはずです。

 

お相手の男性が会見で指輪について話していましたが、とても良いことを言っていたので、そこに少し触れておきたいと思います。

 

それは『結婚指輪は、二人の愛と生活スタイルの象徴だ』と言っていたことです。

 

結婚指輪を選ぶ時には、見た目のデザイン云々だけでなく、その先にある結婚生活をどんな風に送りたいかという事を踏まえて、選んだ方が良いですよという事があるのですが、そのことを良く解っていらっしゃるなぁと感じました。

 

二人の愛の象徴とかシンボルとかそういう事は皆さん思われていると思うのですが、生活スタイルを含めているところが凄く良いと思った次第です。愛ちゃんが選んだ人は、さすが、そういう事までちゃんとわかっていらっしゃるような素晴らしい人だったんですね。

 

やはり、愛ちゃんは凄いです。(*^^*)

 

さて、早速ですが、昨日、結婚指輪の小さいサイズ対応の事を書きましたが、逆に大きいサイズのことでお困りの方もいらっしゃると思います。

 

大きい方は、小さい方より比較的に対応範囲が広く、どのメーカーでも概ね30番(号)くらいまでは対応している感じです。

 

ただ、メーカーによって異なりますが、22番前後辺りから、サイズが大きくなればなるほど、段階的に価格も何%かずつUPしていきます。

 

サイズが大きくなれば当然、指輪を作るのに必要な金属の量も多くなりますので、そこはご理解頂きたいと思います。

 

30番となれば、相当大きなサイズですので、それ以上の方は、それほど多くないのではないかと思いますが、私の経験上、30番以上も対応させて頂いたことがあります。

 

さすがに30番以上となると対応してくれるメーカーさんがガクンと少なくなりましたが、対応頂けるメーカーさんもありましたので、ご心配な方も諦めずにまずは一度ご相談頂ければと思います。