知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2016年5月4日

結婚指輪 予算オーバー

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、早速ですが、結婚指輪をお店に買いに行って、選んでみたところ、『これが良いなぁ』と思ったものが予算をオーバーしてしまうということがあると思います。

 

今日は、そんなご予算オーバーという状況が起こった時の為の考え方について書いてみたいと思います。

 

例えば、ご予算20万円に対して、欲しいと思ったものが25万円だったケースです。予算オーバーしている金額は5万円になります。

 

20万に対して5万円は、全体の1/4にもなりますので、予算のはみ出方としては、イメージ的にはオーバーし過ぎと感じてしまう方が少なくないのではないかと思います。

 

そんな場合ですが、まずはみ出した5万円について考えてみたいと思います。5万円という金額自体は決して小さな額ではないと私は思います。落としたら泣く金額ですので…。

 

しかしながら、その金額の償却期間で考えますと…

 

結婚指輪を使用する期間は、概ね30年前後が平均的だと思いますので、その5万円を30年間で割ってみますと、1年あたり約1,667円になります。

 

主婦の方や女性の方は、よくご存じだと思うのですが、スーパーでは、閉店時間に近づくと消費期限の近い食材には、値引きシールが貼られはじめ、30%引とか、半額になるなんてことがよくあります。

 

上記の通り、1年あたり約1,667円を節約すれば良いということからしますと、1年間に、半額シールの貼られた食材を1,667円分以上買えば、自動的に、1,667円分以上節約したことになる訳です。ひと月でなく、1年間に1,667円ですから、これは十分というか、割と簡単に実現可能ではないでしょうか?

 

旦那さんの方も、ひと月あたりにしますと139円(1,667÷12=138.9)になりますので、月に1回、ペットボトルの飲み物を1本買い控えたり、昼食にかける費用を700円→550円、500円→350円にするだけでも同じです。たまに食欲のない時や食べる時間のない時などもありますので、これくらいのことは、可能ではないでしょうか。

 

当然、ご夫婦どちらもがそういう努力をして頂けば、効率はさらに上がり早く回収できます。しかし、この例ですと、大分期間を長く考えていますが、今度は短期間で考えてみたいと思います。

 

旦那さんが友達や同僚と飲みに行くと1回当たり平均5,000円くらいと思います。(私の経験上)

 

5万円を5,000円で割れば、10です。つまり、旦那さんが飲みに行くのを10回ほど減らして頂ければその時点で回収できたことになるということです。

 

無理に減らさなくても、結婚すると、普通は自動的に少しは回数が減るものですので、意識しなくても早目に回収できているやもしれませんし、少し頑張って意識してもらい、月に1回減らしてもらえば、1年以内に回収できるので、この方が簡単かもしれません。

 

今は、5万円オーバーの計算なので、10万円オーバーした場合は、ちょうど2倍になりますが、この考え方なら、5万円も10万円もそれほど大きな差はないのではないでしょうか。

 

そうなんです。気づいて頂きたいのは、結婚指輪は、長く使うものであるということなんです。

 

例えば、洋服なら30年着続けられるかどうかわからないと思います。流行などのふり幅も大きいですから、傷んでいなくても、流行や時代に合わないから着なくなってしまう可能性が十分ありますし、傷んできたり、サイズが合わなくなったりで着れなくなってしまう可能性だってあります。

 

つまり、例えば、洋服の様に、長く使えない可能性のある物や短期間しか使えないとわかっているものに+5万円を使うとなれば贅沢な話になりかねないのですが、結婚指輪の場合、よっぽど酷い扱いをしなければ、また、サイズが合わなくなった時もちゃんとメンテナンスでサイズ直してもらえば、そうそう壊れるものでもありませんし、流行の変化によってに使えなくなるものでもありませんので、基本的に長く使えるということなのです。

 

ということで、そのことを踏まえて+5万円するかしないかを是非検討して頂きたいと思うのです。

 

その理由は、次の通りです。

 

一つは、結婚指輪の購入で後悔するケースというのは、我慢する選択肢を選んだ場合だけなんです。本当は、こっちが欲しいけど、予算のことを考えて、我慢して、妥協して、予算に入る方を選んだら後悔する可能性があるのです。前述したとおり、結婚指輪は長く使用するものです。一度でも、後悔するようなことがあったら、ダメージが長く響いてしまいます。出来ればそんなことにならないで欲しいので、よーく考えて決断して頂きたいのです。

 

もう一つは、結婚指輪を長く大事に使っているご夫婦の方が夫婦仲が良いものなのです。金額的にも少し頑張って買ったという意識があれば、より大事に使って頂けます。大事に使って頂ければ当然良い形で指輪を維持して頂けますし、いつまでも大事に使って頂けるようになります。つまり、そうなることで、お二人がいつまでも仲睦まじいご夫婦でいて頂けると思うのです。

 

指輪屋の私が言うと、どうしても胡散臭く聞こえると思いますし、どうせ少しでも高く買わせようとしているんだろうなどと思われてしまうかもしれませんが、それでも私の話を信じて頂けるであろう方々が少しくらいはいて下さると信じて書いてみました。

 

たかが結婚指輪かもしれません。しかしながら、されど結婚指輪でもあり、長い結婚生活の中で結婚指輪の存在に救われることもあるものです。私は、この結婚指輪選びをお手伝いする仕事が大好きでございます。結婚指輪を通じてご縁のあった全てのご夫婦様が末永く幸せであって頂きたいと願っております。

 

ゆえに、このことをお伝えしたかった次第でございます。参考にして頂ければ幸いです。