知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2016年3月

桜モチーフの結婚指輪

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、早いもので今年も既に、3月も半ばに差し掛かり、まもなく第一四半期が終わります。

 

く~早い早過ぎる~と思いますが、この調子では私もあっという間に棺桶行きです(笑)

 

さて、今年の冬は大分暖かかったので、桜も早めに咲きそうということで、少し早めですが、桜モチーフの結婚指輪をひとつご紹介したいと思います。
シーズン (2)

こちらです。アフラックスのSeasonと言う商品です。

 

見て頂いた通り、桜の模様が入っています。

 

桜のモチーフにピッタリな優しいフォルムですね~。ん~良い感じです。

 

気持ちの優しいほんわかした雰囲気のご夫婦にぴったりな感じです。

 

なんと、桜の部分は色のついた樹脂が入っているんです。

 

画像のバージョンは、桜の部分がピンク色と白になっていますが、他にも、黒、水色、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫がありますので、この中のお好きな色にすることも可能です。

 

男性用なら、黒なんて言うのもかっこいいですよ。

 

お名前が、さくらさんとか、4月にご入籍予定とか、桜に関係して出会ったとか、付き合い始めたとか、桜にちなんだエピソードがある方は、桜モチーフの結婚指輪と言うのも良いのではないでしょうか?

 

毎年、桜が咲くたびに、桜と結婚指輪を見ながら、結婚したころのことに思いをはせるというのも素敵ですし、将来、マイホームの庭先にお二人のシンボルツリーとして、桜を植えると言うのも、素敵だと思います。

 

ではこの辺で。

結婚指輪の選び方色々・・・(男性編)

Joeです。いつもありがとうございます。

 

ひと世代前、結婚指輪は、職場で身につけるものだから・・・、
歳をとっても身につけるものだから・・・、
お洒落やアクセサリーにあまり興味がないから・・・等々、

従来の男性の感覚はこんな感じで、結婚指輪とは「まあこんなもの」と決めつけて無難なものを選ぶ傾向が強かったと思います。

 

しかし、価値観が多様化した現代に於いては、横並び感覚はむしろ没個性と言われてしまいますし、ちょい悪オヤジと言う言葉が流行り、紳士服店にはスリムスーツというお洒落感を重視した背広(仕事着)が並ぶといった様に、今や男性にとってお洒落は「嗜み(心がけ)」であるとされる時代でもあります。

 

そんな時代なのですから、初めから「これはちょっとまずいかな・・・」などと考えたりせずに、二人の個性や生き方のシンボルとして結婚指輪を自由な感性で選んでも良いと思います。

 

1.   シンプルなデザインが好きだ。

どんなものを買う時もシンプルなデザインが好みの方いらっしゃいますよね。飽きが来ない、流行りに左右されない魅力がありますので良いと思います。

 

2.   お洒落が好きだからファッショナブルにきめたい。

お洒落には様々な価値観がありますが、多くの人に好感を持たれるお洒落は、今や出世にも欠かせないですよね。お洒落はOLに好かれる上司、仕事のできる上司の常識ですし、結婚指輪は男性が唯一職場で堂々と身に付けられるアクセサリーですから思い切り楽しんでしまっても良いと私は思います。1~2mくらい離れたら良く見えない世界ですから・・・大丈夫です。

 

3.   仕事柄落ち着いたデザインが欲しい。

結婚生活を楽しくする為にも仕事で成果を出す事は極めて重要な事ですから、堅いイメージの職業の方は、仕事柄にマッチしたものを選ぶという意味でありだと思います。

 

4.   目立つのが大好きだからゴージャスなものが欲しい。

イタリアの伊達男的ちょい悪オヤジ風を目指している方。これが決まれば格好良いですもんね。洋画に出てくるダンディーな旦那さんはどういう訳か大抵ゴージャスなものをしています。

 

5.   男だってダイヤ付きのリングが欲しい。

サッカーのベッカム選手、メジャーリーグのボンズ選手といった一流のスポーツ選手がダイヤの入ったアクセサリーを身につけていますよね。男性でもダイヤを身につける事が珍しくなくなりましたので、どんどん行きましょう。

ちなみに、ブラックダイヤは、成功を司る石と言われており、男性を出世させてくれるそうですから、見た目のかっこよさだけでなく、付けといた方が良いかも知れませんよ・・・。

 

6.   個性的なデザインのリングが欲しい。

個性を売りにしたお仕事をしている方や、強い信念を持って生きている方は、自分の身につけるアイテムにはやはり自分らしい個性のあるものを選びたくなりますよね。

 

7.   憧れのブランドのリングが欲しい。

有名で人気のあるブランドにはそれなりの理由があります。魅惑のデザインを手に入れたいですよね。でも、決して有名ではないけど、超一流の職人が作っている様なものもあるんで、有名無名だけの判断は少し要注意です。

 

8.   リングを自分でデザインしたい。

結婚は運命の人とするもの。だから、結婚の証であるリングも世界にたった一つしかない二人だけのものにしたい。ならば、自分好みにアレンジするか、又は、フルオーダーで作ってしまいましょう。ただ、この場合は、お店選びがとっても大事ですので、気を付けて下さい。

 

9.   彼女の好みに合わせる。

妻になる人は最愛の人。最愛の人を最も輝かせるリングを選びたい、だから妻に合わせると決めている。流石です!

 

10. とにかく予算重視。

結婚生活は短期的なものではありません。だから、これからの生活設計は重要ですよね。予算の範囲で見つけたい・・・わかります。

.

11. 着け心地至上主義

毎日身につけるものだから、やはり着け心地は重要。こんなに小さなものでも着け心地で気持ち良さが凄く違いますから侮れません。

.

ということで、どんな理由であれ、私は、ご自分の気持ちが上がる結婚指輪をお選びになられることをお薦めしたいと思います。

結婚指輪の選び方色々・・・(女性編)

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、結婚指輪の選び方と言っても人それぞれあると思います。今日は、女性編として、こんな選び方もありですよと言うのをご紹介したいと思います。

 

1.   やはり気になるのはお姑さんや彼の上司の目

選ぶ指輪によっては、嫁としての資質を問われてしまうのではないか心配してしまいますね。でもご安心下さい。2人がそのリングを選んだ思いをしっかりと持ってさえいれば問題ありません。結婚指輪(マリッジリング)は、二人の門出のシンボルであり、ファッションで身に着けているものではありませんので、普通、周りの人は温かく見守ってくれるものですから、自由な感性で選んで良いと思います。

 

2.   可愛いものが欲しいけど、歳をとった時の事を考えるともう少し落ち着いた方が良いかしら・・・

人は誰でも時間と共に姿形も感性も変わっていくものです。当然、あらゆる好みも変わっていきます。ですから、遠い将来の事を考えてリングを選んでも、将来本当にそれが自分の好みにマッチするかなんて誰にもわかりません。わからない将来の為の事を考慮するより、今欲しいものを選ぶことが一番大切です。本来、結婚指輪は2人の結婚の証であり、精神的なものですから、2人の関係が良好なら幾つになってもどんなデザインのリングも不思議と指に馴染むそういうものなんです。

ちなみに、可愛いデザインの結婚指輪をお選びになられた女性は、長く可愛く居られると言います。自然と、指輪とのマッチングを意識した服装や暮らしになるのでしょう。自分のお嫁んさんが長く可愛く居てくれて嬉しくない旦那さんは居ないと思いますので、積極的に可愛いものを選ぶくらいが良いのかもしれませんよ。

 

3.   やっぱりプラチナのリングが欲しい

白く光るというイメージと腐食・変色し難い安定性の高い金属という特性から結婚(2人の関係)というテーマにピッタリですよね。プラチナのリングは、材料のプラチナが高額なため、ファッションの用の指輪としては、なかなか買いづらい価格帯かもしれません。プラチナのリングを一本くらい持っておきたいと思われる方は、この機会を逃さない方が良いかもしれません。

 

4.   ダイヤが沢山ついたゴージャスなものが欲しい

ダイヤが沢山ついたゴージャスな結婚指輪にしたいけど、華美なものが似合わない席には困るかも?とお考えの方がいらっしゃいます。キラキラしたゴージャスなものでも結婚指輪なのですから、どんな場面でもあまり気にする必要は無いと思いますし、キラキラ好きの方なら、キラキラしていた方が気持ちが上がるので、ご自身のライフスタイルや環境に、そぐわないと思う場面が多過ぎない限りは、気持ちが上がるものを選ばれる方が絶対に良いと思います。

 

5.   指が太いからカバーできるデザインが欲しい

指輪は、実際に身につけてみると単体時のイメージとは印象が大幅に異なる場合が多々ありますので、色々なタイプのリングを実際につけて試してみることが重要です。思いもしなかった様なデザインのリングが似合ってしまうことは少なくありません。これ似合うわ!と感じたら、意外と指の太さなんて気にならないんですよ。

 

6.   家事の邪魔にならないものにしたい

ダイヤ付には憧れがあるけど家事の邪魔になったり、石が取れたりしないか気になって・・・という方いらっしゃいますね。メレダイヤ(小さな飾り用のダイヤ)が沢山付いていても縦爪のエンゲージリングとは違い、基本的にブランドにかかわらず引っ掛かりやすかったりすることはほぼありません。また、留めてあるダイヤは、そう簡単に取れるものではありませんが、万一、ダイヤが取れ紛失した場合も付け直して数千円と言うのが相場ですからあまり心配は要らないと思います。ですが、ダイヤがついていない方がお好みであれば、右並びにする必要もないのでダイヤ無しを選んでしまっちゃいましょう。

 

7.   彼の好みに合わせたい

普段からお洒落に拘るタイプの彼。そんな彼なら当然結婚指輪にも拘りたいでしょう。そういう場合、思い切って彼の好みに任せてみるのも大人の女性の器量です。彼が自分の選んだ妻となる人に間違いはなかったと一層感じることでしょう。ですが、次のチャンスを作る為に、セカンドマリッジリングの約束を取り付けておくことを忘れないようにしておくと良いと思います。

 

8.   エンゲージリングと重ね着けが出来るものが欲しい

エンゲージリングを購入する時から2人で選べるなら、初めから婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)が組み合わせになっているセットリングを選ぶのがお薦めです。セットリングでなくてもエンゲージリングのデザイン(形状)を考慮して選べばセットリングのように合わせて着けられますし、何と言っても重ね着けはゴージャスな感じになるのでお出かけにはピッタリですよね。

 

9.   お互いを尊重している派

体格や雰囲気、デザインの好みも違う二人。結婚指輪だからと無理してお揃いのデザインに合わせようとすると揉めることも・・・。愛し合ってるからこそ、信じあってるからこそ、お互いの個性や好みを尊重して、それぞれ好きなリングを選んで組み合わせる。そんなお二人も素敵ですね。デザインやブランドが違う指輪を組み合わせてもお二人が良ければ全然問題ないんですよ。

ちなみに、どちらかが自分の好みを我慢する場合、男性が我慢して女性に合わせることが多いのですが、男性は自分の好みの指輪でないと、比較的早い段階で身に着けなくなるという傾向があります。デザインをペアにすることにこだわることで、ご主人が結婚指輪を身に着けなくなる可能性が高まるよりも、それぞれ好きなものをお選びになった方が、ご主人が大事に長く結婚指輪を身に着けてくれるかもしれませんので、少し柔軟に考えても良いかもしれません。

 

10. 職業柄仕事中はマリッジリングをしていられない方

リングをネックレスに出来るチェーンがあります。リングを外している時間が長い方はネックレスにした時に素敵に見えるデザインのリングを選んでみてはどうでしょう?リングのサイド面(ネックレスにつけた時に正面となる面)にダイヤがついているものや素敵な彫り模様が施されているものもあるんですよ。

無責任に聞こえたら申し訳ございませんが、結婚指輪の選び方に、正解も失敗もありません。どれが好きかの話ですから、好きこそ最強と言う考え方で良いと思います。もしも、お選びになられた指輪がそぐわない場面があったとしても、その瞬間だけは指輪を外す、といった様に使い方を工夫すれば良いだけだと思います。

婚約指輪 価格より大事な事

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、婚約指輪(エンゲージリング)の予算って、『みんなどれくらい?』、『給料の3ヵ月分?』

 

・・・なんて話をよく耳にしますが、例の有名な結婚情報誌の首都圏版あたりですと昨今の平均購入価格は、およそ37万円くらいと書かれています。

 

当店の場合は、婚約指輪の平均価格は30万円くらいですので、都内は、ダイヤモンドの価格が高いのでそういう部分が反映しているのでしょうね。

 

話を戻しますが、確かに私の頃は、給料の3ヶ月分といった様な広告がありましたが、37万円が給料の3ヶ月分ということはないでしょうから、現在は、皆さんそんなことに惑わされず、ご自身の経済状況に応じて、購入できる範囲で選んでいらっしゃると言うことでしょう。

 

実際、婚約が決まると、挙式を始め結婚指輪やハネムーン、新居の準備等色々とお金の掛かることが次々と控えている為、全体的な予算のバランス上、予定している範囲で購入する事がかなり重要になってきますので、それで良いと思います。

 

とは言え、婚約指輪は、プロポーズという一世一代の場面で贈る大切な物になるのですから、これだけは是非守って頂きたいということがあります。

 

それは、少しだけで良いので予算をはみ出したものを選んであげて欲しいということです。

 

たった半歩か一歩で構いません。

 

金額の大小では無いのではみ出す幅は小さくても良いんです。

 

それが愛する人に贈るものとして「たとえ少しでもこうしてあげたい」という想いを込める事になるからです。

 

予定していた予算を超えたものを選んだということが大事なんです。極端ですが、たとえ10円であってもです。

 

それが受け取る女性にも必ず伝わりますし、あなたにも頑張って買ったんだという自負が生まれます。

 

そして、そのはみ出した一歩がこれからの二人をずっと支えてくれることになるのです。

 

指輪屋が言いますと、購入価格の引き上げを狙っている様に思われるかもしれませんが、決してそうではなくてですね、たとえご予算に余裕がなかったとしても、ほんの少しでも、ほんの僅かでも良くしてあげたいという、そういう気持ちで、最愛の人への婚約指輪を選んであげて欲しいと思っているだけでございます。

 

ちなみに、当店の場合、工業製品の様に、大量生産する事で、安く販売できる様なものや、リカット(再加工品)の激安ダイヤモンドは扱っていませんので、10万円で買えるような価格の婚約指輪はございませんが、20万円以内に入るものなら、結構良いものがございますので、ご相談頂ければと思います。(ご予約をお願いします)

 

今日は、この辺で。千葉県成田市より愛を込めて・・・。

結婚指輪 気弱な人は買わされちゃう

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、早速ですが、ジュエリーショップってただでさえ入り難い雰囲気があるし、店員さんに声をかけようものなら、勢いで買わされちゃいそうで怖いって思っている方は、少なくないと思います。

 

実際、酷いところは、買うまで帰してくれないというお店もありますから、そのお気持ちはよく解ります。

 

ということで、そんな方に、良い方法をお教えしたいと思います。

 

少々思い切った対策ですが、買わされてしまそうで怖いという方は、財布の中にクレジットカードや現金を入れずにお店に行きましょう。買いたくても買えない作戦と言う訳です。

 

そうすれば、どんなに店員さんから強くアプローチされても買うことが出来ません。

 

つまり、買わされてしまうこともないということです。

 

但し、次のふたつの事がありますので、そこはご理解ください。

 

ひとつは、ローンの対応をしているお店です。

 

ローンを組めてしまう場合は、ローンを組まされてしまうかもしれないので、ローンの対応をしているお店なのか、そうでないのかは事前に確認しておいた方が良いでしょう。ある意味、ローン対応しているお店の場合は、この作戦が利かないとも言えますので、事前確認は重要です。

 

もうひとつは、『これが良いな!』と思ったものがあっても、その日は、買いたくても買えませんので、もう一度日を改めて出直してこなければならないということです。

 

行くお店との距離感によっては、意外と面倒臭い場合がありますので、その覚悟はしておかねばなりません。

 

しかしながら、そうしてさえおけば、店員の強引な接客に押されて、つい買ってしまったみたいなことは確実に防げます。あとで泣く可能性は確実に減らせますので、押しに弱いという自負のある方には、結構有効な作戦だと思います。

 

かなりドラスティックな作戦ではありますが、やり易く確実なので、良ければ試してみてください。

 

ちなみに、当店は、決してやる気がない訳ではございませんが、他店もご覧になられたいというお客様を基本的に引き止めておりませんし、強引に買わせちゃうみたいな接客は一切しておりませんので、お財布にお金を入れて来て頂いても全然大丈夫です。

 

安心してお越しくださいませ。ご予約だけはお願いしますm(__)m