知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2016年3月9日

結婚指輪 婚約指輪 失敗したくないなら

 

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、結婚指輪や婚約指輪の様な特別なお買い物は、誰しも失敗したくないですよね。

 

ゆえに、誰もが大なり小なりの不安を抱えてお店に足を運んでいると思います。

 

凄く仲の良い友達や親戚が働いている様なお店でもない限り、どのお店に行くにしても安心なんて出来ないと思いますが、それでも、少しでも、安心感のあるお店を見分けられると良いですよね。

 

完璧ではないにしろ、リスクを下げられることにはなる訳ですから・・・。

 

ということで、私が普段何かを買う時に一つの目安としていることをお伝えしたいと思います。私が思うに、指輪店も同じではないかと思いますので参考にして頂ければ幸いです。

 

それはどういう事かと言いますと、社長がHPに顔を出しているかどうかということで、信用度や信頼感の目安にしているということです。

 

もしも、何かを買う時、何かを食べに行く時、候補のお店が2つあったとします。

 

片方のお店のHPは社長の写真が載っていて、もう片方のお店のHPには社長の写真が載っていなかったら、私は、迷わずHPに社長の写真が載っている方が信用できるお店と判断しています。

 

会社の代表として、堂々と顔をさらすことが出来るというのは、後ろめたいことが無いからこそできることですし、全ての責任は自分にあると言っている様なものですので、現場をスタッフに任せっぱなしな感じもしないからです。

 

つまり、社長が経営者としてちゃんとしている人に見えるということであり、そういうちゃんとした社長が経営しているお店であると思うからです。

 

複数の店舗や営業所がある場合、当然社長が全部のお店や営業所に立つ訳には行きません。

 

しかしながら、HPに写真を出すなんてことはたやすいことですし、社長と言うのは、会社のシンボルでもあり、最終責任者でもある訳ですから、HPに顔を出してマイナスに作用することなど普通は有り得ません。

 

むしろ、社長自身がどんな思いで、どんな風に会社を経営し、仕事をしているのかをよく解ってもらう為にも、社長が自ら熱い言葉で語るくらいが普通だと思うのです。

 

世界的規模のビッグカンパニーであれば、株式発行数がどうだとか、会社の資産状況がどうだとか、評価企業の格付けがどうであるとか、色々な面で確認できるため、その限りではないかもしれませんが、小売店レベルなら顔を出す方が絶対にプラスだと思うので、出さないのは不自然なくらいではないでしょうか。

 

なので、もしも、HPに社長の写真が載っていないとしたら、あえて、顔を出すのを避けている可能性が高いのではないかと思いますし、そうだとしたら、何か隠したい裏があるのかもしれません。

 

少なくとも、顔を出さないことで、そんな風に思われる可能性があることを考えれば、やはり顔を出さないのは、不自然だと私は思うのです。

 

ですので、私はHP上に顔も名前も出しております。それがひとつのお店の信頼感に繋がると考えているからです。

 

あくまでも、私なりの、ひとつの考え方であり、それがすべてでは無いかもしれませんが、私は、HPに社長の写真が載っていないお店は信用度が低いと判断しています。

 

参考にして頂ければ幸いです。