知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2016年2月

婚約指輪用ダイヤモンドの云々…ご存知ですか?

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、ここのところ婚約指輪をお求めのお客様が多いので、婚約指輪ネタが多い気がしますが、きっと役に立つと思いますので、目を通して頂ければ幸いです。

 

さて、早速ですが、鉱物の硬さを示す尺度のひとつに、モース硬度と言うのがあります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、ダイヤモンドと言うのは、地球上で最も硬いものとされておりますので、当然相当硬い訳ですが、ダイヤモンドは、モース硬度で言いますと10と表記されます。

 

しかしながら、皆さんがあまりご存知ない事として・・・、

 

ダイヤモンドである以上、ダイヤモンドのモース硬度は、どれも10以上ではあるのですが、

 

実は、全てのダイヤモンドが10ぴったりな訳ではなく、10以上ではありますが、10に近いものもあれば、10を超えて更にもっと10よりずっと高いモース硬度のダイヤモンドもあるのです。

 

つまり、10で切っているからどれも10(=10以上)となるだけであり、全てのダイヤモンドが同じ様にぴったり10な訳でもないということです。10以上ではあるものの、かなり硬めのものもあれば、柔らかめののものもあるということです。

 

なぜ、私が今般こんな話を書いているかと言いますと、モース硬度がより高くなると、より硬いダイヤモンドになりまして、それは、結晶配列が詰まっているからなのですが、その方が品質が良いとされているのです。

 

(ちなみに、ダイヤモンドカッターに言わせると、柔らかめのものは、ダイヤをカットする際の感触がヌルッという感じらしいです。)

 

そして、そのモース硬度の差が出て来る部分の一つが、ダイヤモンドの産地による違いなのです。

 

そういう意味では、一つの見方として、同じダイヤモンドでも産地の違いにより、品質の違いもあったりするということです。

 

同じ様に見えても、同じ訳ではないという事です。結構深い話です。どこの産地がどうとは、ここでは言えませんので、詳しくは、店頭でご説明したいと思います。

結婚指輪 ヤバイお店が多過ぎる。

Joeです。いつもありがとうございます。

 

94歳でファッションアイコンとして有名なニューヨーカー『アイリス・アプフェル』さんが映画の中で、

 

人のファションを批判しない事について聞かれ『センスなんかなくてもいい、幸せならそれでいい』と言っています。

 

この一言だけでも、私はこの映画を見る価値がある様に思いました。私が思っていることと共感する部分を感じたからです。

 

実は、何を試着しても、お客様に対して『お似合いですよ~』と、そればかり言うお店(ジュエリーショップ)のなんと多い事でしょう。

 

似合うとか、似合わないとか、そんなことは、お客様ご本人がお決めになれば良いことで、お店の人が言うもんじゃないと私は考えています。おべんちゃらなら尚更です。

 

どうかしら?と、あなたはどう思う?私に似合うと思う?と、お客様から聞かれたら、私の感性ではこう思いますと、勿論、正直にお答えします。

 

ですが、たとえ私がどう思おうが、お客様ご自身がこれが素敵だわ~、私にとっても似合うわ~と、思われるなら、それが最上、最善、に違いありません。

 

私は、そのご選択を支持したいと思います。

 

そうなんです。たとえ、その選択が、他人から見て、センスを感じないものだったとしても、ご自身が幸せなら、それで何ら問題なんてないと思うのです。アイリスさんの言う通りです。

 

なのに買わせたいだけの店員がどんな指輪を試着しても、お似合いですよ~ばかり言うんです。

 

どれもこれも似合うって言うけど、一体どれが本当に似合うんだよ~って、お客様が心の中で突っ込みたくなるような、そんな店員やお店が多いんですよね、本当に。

 

おべんちゃらを言ってる間に、もっと、もっと商品について説明しておかなければならない事があるでしょう?って思うんですよね。

 

どういう魅力があるとか、どういう価値があるとか、ご心配される部分についてのことだとか、メーカーさんや職人さんの思いだとか、どんなアレンジが出来るとか、お客様にとって有益であろう情報の提供が疎かになるなんてことは絶対にあってはならないと私は思うのです。

 

それと、意見を求められてもないのに、お似合いですよ~と言うのは、お客様の感性よりも自分の感性の方が上であると考えている、つまり、上から目線的な発言の様にも思うのです。

 

店員が自分の感性では理解できないくらい、お客様はご自身の天才的な感性で指輪を選ばれているかもしれない訳ですよね、にも関わらず、意見も求められていないのに、どうこう言うなんて上から目線の他何ものでもないと思う訳です。

 

さすが、映画になるくらいの人ですね。凄いです。アイリス・アプフェルさん。

 

そんな凄い人と共感できる部分があるなんて、私も大変嬉しいです。ということは、当店もなかなかの指輪屋なのかもしれません。(^_-)-☆

 

ということで、おべんちゃらより、商品説明に重きを置いているそんな当店ですが、是非お越し頂ければと思います。

 

それだけに、お一組、お一組にしっかりとお時間をかけて対応させて頂きたいので、ご予約の上、ご来店頂ければ幸いです。

シンデレラ城の前でプロポーズなら…

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、春も近づきつつある感じで、私は既に花粉に反応しており、目やら鼻やらくしゃみやら…実に厄介な季節となって参りましたが、

 

それでも春って、やっぱりいい季節ですよね。何か、気持ちが良いし、何かを決めたり、何かを始めたりするのには、本当にマッチした季節な感じがします。

 

ということで、そろそろプロポーズなんてことを考え始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今日は、そんな男性にご提案です。

 

先般、ご紹介致しましたが、当店の新しいメニューとして、シンデレラコレクションと言うのが先月より加わっております。

 

大変人気の商品であり、これが正に、ディズニー公認のシンデレラをモチーフとした婚約指輪や結婚指輪のコレクションなのですが、

C_Magic”’[86~100]

もしも、プロポーズを考えている彼女がディズニー好きな女性だったとしたら・・・・

 

シンデレラコレクションの中のエンゲージリング(婚約指輪/プロポーズリング)を選んで、舞浜のディズニーランドの中のシンデレラ城の前で、プロポーズするなんていうのは、如何でしょうか?

 

素敵ではないでしょうか?いや~これは、最高の演出ではないでしょうか?

 

他にも、当店が提携している一流ホテルさんのチャペルを使った素敵なプロポーズプランなどもご紹介できますので、これからプロポーズをお考えの方は、指輪もプランも遠慮なくご相談頂ければと思います。

C_Magic”’[86~100] C_Magic”’[86~100]

 

男のかっこいい結婚指輪 その3

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、早くも男の結婚指輪ご紹介の第三弾です。企画の内容が内容だけに、気分が載ってしまいどんどん書けてしまいます。

 

今回は、こちらです。iPhoneでの撮影の為、この程度の画像で申し訳ありません。

IMG_4364-2  IMG_4363-2

ドッキューン!瞬間的に、ハートを撃ち抜かれた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

テイストとしては、モダンですね。

 

都会的で、洗練された印象があると思います。

 

いわゆる平打ちと言って、指輪の表面が平らになっているタイプなんですが、面を二段にしていて、各段毎に、仕上げを変えているところがかっこいいですね。

 

シンプルだけど、つまらなくないという超良い感じの指輪です。

 

そして、平打ち系だからこそ、四角いカットのブラックダイヤモンドが利いていますね~。

 

オリジナルは、ブラックダイヤの入っている段が艶仕上げで、下の段が艶消し仕上げなのですが、ブラックダイヤは、艶消しやヘアーラインの中にあった方が目立つので、当店の店頭サンプルは、画像のバージョンでお願いしてあります。

 

ただただ、かっこいいですよね~。

 

30~40代になって、部下も出来てくるころ、スーツ姿にこんなかっこいい結婚指輪がさりげなく手元に見えたら、島耕作を超えるかっこよさですな。

 

言うなれば、大人のかっこよさですね。たまらんです。

 

私が結婚した22年前には、こんなかっこいい結婚指輪なんてなかったんですよね~。

 

今は、かっこいいのが沢山あるので、迷ってしまうという悩みは多少あるかもしれませんが、これから結婚指輪を買う人達が本当に羨ましいです。

 

ということで、是非店頭でリングテイスティングしてみて頂ければと思います。

やっぱり結婚指輪って特別なものだと思います

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、悲しいニュースに類すると思われますが、結婚指輪を扱ている者として、胸にこみ上げるものがあったので、ご紹介したいと思います。

 

読売テレビ・清水健アナ 妻の死から1年で「心折れそう」

 

この記事の最後の一文です。

 

清水アナはそう言うと、左手薬指の結婚指輪に右手を重ねた。という部分です。

 

奥様が亡くなられてからも、清水アナの左手には、今も変わらず結婚指輪があるんですね。

 

と言うより、そこにいつも奥様がいらっしゃる感じなのでしょう。

 

何だか、とてもお気持ちが解ります。

 

やっぱり結婚指輪って良いものだなぁと改めて感じました。

 

まだまだ、お辛いと思いますが、ゆっくりで良いと思いますので、清水アナには奥様の分まで頑張ってもらいたいと思います。陰ながら、応援したいと思います。