知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2016年1月6日

結婚指輪の価格について

Joeです。いつもありがとうございます。

さて、早速ですが、結婚指輪だけの話ではないと思うのですが・・・、結婚指輪に付いている定価にも、高い、安い、色々とございます。

 

基本的には、高いも、安いも理由がある訳ですが、ほぼほぼ受注生産が前提となっている結婚指輪の場合、在庫処分とか、倒産品の流れものとか、そういう訳あり的な理由の安さは、基本的に無いと思いますので、安い価格の場合は、基本的に金属の量が少ない事が安さの理由になっていると言えるのではないかと思います。

 

何が言いたいかと申しますと、実は価値が高いのに、安い定価がついていてお得であるというものは基本的に無いと思いますと、いうことです。

 

一方、高額な場合ですが、こちらは実に難しくて、高額だからと言って、その金額に相応しい価値が伴っているとも限らないのです。

 

勿論、使用している金属の量が多かったり、ダイヤモンドが沢山ついていたりすればその分材料費が上がりますので、ある程度高額にはなる傾向がありますが、材料代が高いだけが理由の高額商品がそんなに簡単に売れるはずがありません。

 

ゆえに、高額な商品ほど普通は、超一流の職人が作っているとか、細部にかなりこだわって作っているとか、金属の量が多いだけで高額になっている訳ではないことが多いのですが、実は、高級ブランドというイメージを演出しているだけで、あまり中身の伴っていない高額な商品もあったりするのです。

 

その見極めを一般の方が出来るかと言いますと、正直難しいと思います。

 

今やホームページだけは、もっともらしく作られているケースなんて多々ありますし、有名な雑誌や情報誌に載っていても、そんなのはお金さえ払えば幾らでも乗せられますので、残念がら信用に直結しているものではないからです。

 

ただ、高額な商品ほど、高額な理由が沢山あって、ショップの店員さんが説明してくれる情報量も多いはずですであり、それは一般の方でも感じることが出来る範囲の事ですから、店員さんの説明量が少なかったりしたら、もしかすると、なんちゃって高級かもしれませんので、そういう場合は気を付けられた方が良いかもしれません。

 

ブランド名がちょいと知られていたり、有名な情報誌に広告が載っているだけで、多くの人が盲目的に飛びついてしまうほど、現代の消費者の方々は愚かではありませんので、あまり心配する必要がないかもしれませんが、参考にして頂ければ幸いです。