知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年12月27日

見るだけOKですが…見るだけでは意味がないかも…

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、一般的なジュエリーショップのイメージと言いますと、

 

・行き慣れていないから落ち着かない

・高額なものを無理やり買わされそうな怖さがある

 

等、ネガティブな印象があると思います。特に、ブライダル用途となれば、お安目のアクセサリー的なものが無さそうですから、なおさらかもしれません。確かに・・・

 

お客様から、どこどこでえらい目にあわされたみたいな話をお聞きしますので、そういうちょっとやりかたの良くないお店もあるのは事実です。

 

そういったイメージのせいでしょうか?なんだか怯えた様にビクビクしてらして、展示してある指輪を遠目に眺めているだけの方がいらっしゃいます。

 

少なくとも当店の場合、店の中に入ったら、商品に触ったら、試着したら、買わなければいけない訳でもありませんし、以前に本ブログでも書きました通り『見るだけ』のご来店でも全然問題ありませんので、買わされちゃいそうだとかそんなことは全く御心配には及びません。

 

ですから、遠目に指輪を眺めて頂くだけでも勿論全く問題ないのですが、

 

ただ、結婚指輪や婚約指輪を購入する予定がある方で、実際に探していらっしゃるのであれば、試着もせず、触りもせず、見るだけと言うのは、まったくもって意味がない様に思います。

 

もしかしたら運命のリングに出会うチャンスを逃してしまっているかもしれませんので、非常にもったいない感じもしてしまいます。

 

指輪単体を、遠目から見ただけでは、指輪の細部のデザインがどうなっているとかそういう部分はわかりませんし、身に着けた時に、着け心地がどうとか、指や手の大きさに対して見た感じのバランスがどうとか、そういうこともわかるはずがありません。

 

そして、店頭でも実際にとても多い事なのですが、

 

WEBやカタログで指輪単体の画像を見ていた時は、凄く良いと思っていたんだけど、実際現物を触ると画像の印象とは何か違うなぁとか、しっくりこないなぁとか、そういうことが多々あったり、

 

逆に、思いもよらなかったものを試着してみたら、ビビビ…と一目惚れしてしまい、ご自身が全く想定していなかった様なタイプを選んで行かれるような方もたくさんいらっしゃるのです。

 

店側からすれば、買う気も、買う予定もないのに、店頭の商品をあるだけ触りまくって、見るだけです・・・というのは、同じ『見るだけ』でも正直困りますが、真剣に探していらっしゃるのであれば、

 

また、どんなものが欲しいのかとか、どんなものが似合うのかなどわからない様な方であれば、尚の事、ご自身でそのあたりを探り出す意味でも触ってみたり、試着してみて頂きたいと思うのです。

 

指輪屋が買わせたくて言っているのではございません。そんな大事なお買い物で後日後悔して欲しくないですし、何より、触らないと何もわからないということを、経験上、十二分に知っているので、その様にご案内もさせて頂いている次第でございます。

 

色々と十分に試着なりをした上で、『これじゃないな』という判断になったって構わないのですから、是非、指輪に触れて確認されることをお薦めしたいと思います。

 

色々と触ってみたからこそ、出会えたという運命の指輪があなたを待っているかもしれません。

 

今日は、この辺で。千葉県成田市より愛を込めて・・・。