知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年12月10日

結婚指輪 早い準備に越したことはありません

Joeです。いつもありがとうございます。

 

成田より毎日お届けしておりますが、書き始めますと、一回当たりのボリュームも結構なものになってしまう為、毎日のブログ更新は、正直しんどいところでございます~(泣)

 

ですが、地域の方々にとって少しでもお役に立ちたい・・・と考えますと、弱音を吐いている訳にはいきません。ということで、おっさん(丹下段平)が叫ぶ、立つんだぁ、立つんだJoe~の声を思い出しながら、今日も根性で書いていきたいと思います。

 

さて、早速ですが、11月くらいから、来年の3月や5月くらいに挙式予定というお客様のご来店が増えています。

 

指輪をお作りするお時間が通常1ヶ月~1ヶ月半程度ということからしますと、多少、早目のご準備という感じがするかも知れませんが、実はそんなこともなく、また、大変良い事でございます。

 

色々なところで、色々な人が、色々な情報を発信しているので、

 

一体どれが本当の事なのかわからなくなっている方もいらっしゃると思いますが、

 

ジュエリーコーディネートの関係上、ウエディングドレスを決める前には、結婚指輪が決まっていた方が良いという考え方も正しいと思いますし、

 

結婚するとなると決めなければいけないことが目白押しなので、一つずつ早めにクリアしていかないと喧嘩になり易い為、早目に決めておいた方が良いというのも確かですし、

 

結婚指輪は、金額的に小さくない為、支払い関係が分散する様に早目に指輪分の費用を使っておいた方が良いというのも、

 

出来上がった指輪のサイズが合わない場合もありえるので、お式に間に合うようにサイズ修正出来る様、余裕を持って早目に注文しておいた方が良いというのも、間違いありません。

 

他にも、色々な説がありますが、いずれにしても早目に準備した方が良いのは、間違いないと思います。

 

3年も4年も前というのであれば、話は別ですが、早目に準備しても早過ぎる様な事は基本的にありませんので、是非、早目に準備された方が良いと思います。

 

自分自身の経験値的にも、多くのお客様からお伺いするお話からしても、挙式直前は、驚くほど、色々な準備の最終確認やら、最終決定やら、本当に大変な状況になるものです。

 

あわわわわ・・・って感じです。

 

そんな中で、大事な、一生ものの、結婚指輪を選ぶという、重要な作業も重なってくると、それはもう結構な大変な状況になります。

 

本当に、冗談でなく、しなくても良い喧嘩にもなってしまうほどなので、甘く見ない方が賢明です。

 

指輪屋が言うと、どうも胡散臭く聞こえてしまうと思いますが、皆様の幸せのお手伝いをさせて頂いている立場から、誠実な気持ちでお伝えしたいと思って書いていることでございますので、信用して頂ければと思います。

 

ということで、ご参考になれば幸いです。