知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2015年11月

婚約・結婚指輪 検品フェチ 

Joeです。いつもありがとうございます。

IMG_0076

いきなり、凄いものをお見せしてしまい申し訳ありません。

 

さて、当店で扱っているブランドぐらいになりますと、それ相当にちゃんとした企業さんですから、商品がそうそう変なものに出来上がってくることはないのですが、

 

そうは言っても、作っているのも人間、出荷検査をしているのも人間ですので、ごくたまーにですが、当店で受け入れの検品をしていますと、

 

「ん!・・・むむむむ」

「これは、やり直してもらわなきゃならない!」という場合もあるんです。

 

当店の場合は、スタッフ全員が検品フェチなので、自然と長い時間、細かいところまで相当じっくり見ちゃいまして、ゆえに、かなり気が付きにくい部分まで見ちゃうので、

 

結果的に、各メーカー(ブランド)さんには、検品の厳しい店という認識を持たれている様で、各メーカーさんとも、当店納品分に関してはかなりシビアに出荷検査をして頂いているようですが、それでも、ごくたまにはあるんです。

 

やり直しの必要なものが・・・。

 

細かい部分の確認って、へーこんな風になってるのか?とか、

ここの仕上げ難しいはずだけど、上手くやってるなぁ、すごーい!とか、

新しい発見や職人さんの腕前を感じたり出来るので、めっちゃ楽しいんですが・・・、

私の場合、歳の影響が大分目に来ているせいか、昔より目を凝らさないとならない為、じっくり商品を見ているとこんな怖い顔しているようです。

 

だから、眉間のシワが増えちゃうんですよね。って、それは・・・単に、歳なだけかもしれませんが…。

 

千葉県NO.1の検品フェチのお店を目指して頑張ります。

後悔する結婚指輪

Joeです。いつもありがとうございます。

今日も縁起の良い街、千葉県の成田市よりお届けしたいと思います。

 

さて、今日は後悔する結婚指輪とは?ということについて、書いてみたいと思います。

 

結婚指輪と言うのは、多くの方が、基本的に、一生それを使って行くという前提で、選んでいると思います。ゆえに、やはり『後悔する結婚指輪』と言うテーマは気になるところだと思います。

 

と言う事で、これから結婚指輪を探す方に、私がお伝えしたいのは・・・、

 

後悔するケースと言うのは、選択肢があった際「我慢する方」を選んだ場合だけだと言う事です。

 

自分達としては、本当はこっちが欲しいのに、

予算の関係や、

ご両親のご意見、等々を考慮して、

欲しいものとは違う、我慢する方の選択肢を選んだ場合のみなのです。

 

ただ誤解が無い様に、ご説明したいと思います。

 

私は指輪屋なので、高額な方を選んでくださいというつもりで言っているのではないと言う事です。

 

例えば、お二人にとって、結婚指輪より、新居で使う冷蔵庫(のスペック)の方が重要であれば、結婚指輪の方を我慢されれば良いと思います。

 

そういう場合は、我慢する方を選んでも後悔はしないものです。お二人にとっては、新居で使う冷蔵庫の性能の方が重要なのですから、そちらを優先しても何の問題もないと思います。

 

しかし、新婚早々ハイスペックの冷蔵庫やバカでかい冷蔵庫が必要とも思いませんし、白物家電は、10年位で買い替えることになる訳ですから、特に冷蔵庫に対して特別なこだわりがある訳でもないのに、どの道、途中で買い替える冷蔵庫(の性能)を優先してしまったことで、

 

もしも、一生使って行く結婚指輪を選ぶ際、予算を理由に、我慢する方の選択肢を選んでしまう様なことになると後悔する事になってしまう確率はかなり高くなってしまうと言う事です。

 

また、ご両親のご意見を考慮した結果、我慢する方を選んだ場合も後悔しがちです。

 

ご両親がお持ちの結婚指輪に対する価値観やイメージは、ご両親が結婚された頃、つまり、概ね20~30年位前のものです。価格も精々ペアで3万円前後位だったというイメージをお持ちのはずです。20~30年前はそうだったかも知れませんが、今は時代も価格も違います。

 

そして、何より、あなたの人生を生きるのはご両親ではなく、あなた自身です。

 

人に迷惑をかける様な事や、誰がどう見ても悪事である様な場合でない限り、自分の人生を自分らしく生きる権利があるはずです。

 

つまり、指輪の選択肢で、我慢する方を選ばないというだけでなく、指輪よりも優先度の低いものに対する費用の掛け方も踏まえた上で、我慢することのない様に選択して頂いた方が良いと思いますし、

 

また、結婚指輪は、家庭を作り、自分達の人生を自分達らしく生きていくおふたりのシンボルとも言えるものですので、十分に優先順位を熟考された上で、出来る限り我慢する方を選ぶことのない様にした方が良いと私は思います。

 

と言う事で今日はこの辺で。

結婚指輪の人気ランキング

Joeです。いつもありがとうございます。

本日、千葉県成田市は、小雨が降っているせいか、少々肌寒く、冬の足音が聞こえる感じです。

 

ですが、今日も頑張って参りたいと思います。

 

色々なサイトなどで、結婚指輪人気ランキングなるものを見かけることがあります。これには、是非気を付けて頂ければと私は思います。

 

事実でないことが多々あるからです。

 

何故なら、メーカーが広告費で、順位を買っていることが多かったりするのです。

 

ポータルサイトなどにあるピックアップブランドとかいう大きなスペースへの表示も似た様な感じです。

 

多くの広告費を払ったメーカー(ブランド)が、多く露出できるという仕組みです。

 

どちらも、多く露出したい、箔をつけたい、と考えている企業が買っている広告枠であることが多いのです。

 

ある意味、多くの広告費を払えるってことは・・・、

=儲かっているメーカー(ブランド)

=人気があるから良く売れる・・・という理屈が成り立つのかもしれません。

 

ですが、例えば、本当に人気があるなら、そんなにたくさん広告を出さなくても多くの人に、選ばれるのではないかと思いますし、

 

実際に、当店で扱っているブランドでも、例えば「マリアージュ」、「コラニー」、「プアアリ」、「ミオリング」、「アフラックス」などは、ド派手な広告などはしていませんが、実力も人気も誰もが認めるところであり、

 

どこの人気ランキングにも顔を出していてもおかしくありませんが、どういう訳かそういうところではあまり見かけません。

 

そうなんです。誠実に取り組んでいる企業は見せかけの順位を買ったりしないのです。

 

大体、そのランキングは、どういう風に集計しているのか、どういう範囲が集計対象になっているかなど、全く分からない訳ですから、信ぴょう性にこれだけ乏しいものはないのではないでしょうか・・・

 

そもそも、個人的な感性が大きくかかわってくる様なテーマをランキング表示すると言うところに違和感を禁じ得ません。良し悪しの世界ではなく、好みの世界ですから…。

 

そして私が思うことは、仮に、正しい集計がされている人気ランキングなるものが存在していたとして、他人がどんなものを多く選んでいようとも、ブランド名や認知度などに惑わされずに、あくまでも自分の物差しで、自分たちらしい指輪をお選びになるのが良いと私は思います。

 

これからお二人ならではの人生や家族を作っていくのですから・・・。

いつでもお手伝いさせて頂きます。

結婚指輪 サイズ決めに関して知っておいた方が良い事

いつもありがとうございます。Joeです。

 

さて、今日は結婚指輪のサイズを決める時に大事なことをひとつ書きたいと思います。

 

それは、指輪のサイズを決める際に使うサイズリング(リングゲージとも言う)と言うのがあるんですが、実は選んだ指輪の幅や内側の形状に出来るだけ似たサイズリングを使わないと自分の指に対して、正しいサイズが測れないと言う事なのです。

 

サイズと言うのは、簡単に言えば、リングの内側の円周です。ですから、例えば11号と言えば、どれも同じ円周のはずですが、同じ11号の指輪であっても、リング幅が2mmのものと10mmのものでは、指に入る感じが全然違うのです。(肌に触れる面積が異なる為です)

 

リング幅が2mmと10mmくらいの差があると、細い方の2mm幅のリングは入っても幅広い10mm幅のリングは指に入らない場合だってあり得る程です。

(※2mmと3mmの様な1mm差くらいの場合は、片方が入らないほどの差はありませんが、それでも着け心地は大いに違ってしまいますので、ちょっと我慢しにくいくらいに感じる事は十分あり得ます。つまり、0.5~1番くらい上げたいとか下げたいとかそういう事があるのです。)

 

また、例えば同じ幅の指輪同士でも内側の形状が内甲丸と言われる丸みのあるタイプと平らなタイプでは指に入る感じが全然違ってきます。内甲丸の方が抜き差しし易く感じ、平らな方はピタっと安定感が出る感じです。

(※これも、内甲丸ならこのサイズで我慢できても、平らなタイプではこのサイズはきつくて我慢できないから、0.5~1番くらいサイズを上げたいと言う様な場合があります。逆もしかりで、平らなタイプならしっくり収まっても、内甲丸だとぐらつく感じが気になってしまい、サイズを0.5~1番くらい下げたいという様な場合もあるのです。)

 

ですから、お選びになられた指輪の幅や内側の形状によって、出来るだけ、それと同じような内側形状をしたサイズリングを使って測らないと、出来あがってきた指輪の付け心地が全く変わってしまう場合があると言う事です。

 

画像は当店にあるサイズリングの一部です。(他にもあります…商品だけでなく、サイズリングも豊富に揃っております。千葉県NO.1かも…)

サイズリング

全部同じ15号ですが、画像で見ても幅や肉厚、内側の形状などなど…随分と違いがある事がお解りいただけると思います。

 

当店の場合は、セレクトショップである関係上、タイプの異なるブランドが多数ございますので、お選び頂いたリングに最も相応しいサイズリングを使って頂く事が当たり前になっておりますが、世の中には、一種類のサイズリングしか用意がなくて、どんな指輪を選んでも同じサイズリングでサイズ決めを行っているお店も実は思いの外多いのです。

 

指輪を買っても良さそうなお店、そうでなさそうなお店、
信用できそうなお店、そうでなさそうなお店、
意外とこんなところでも見分けられるかもしれません。

 

でも、サイズを決める時になってからわかったのでは、指輪の購入を決めているということですから遅過ぎるのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

 

と言うことで、事前に確認する方法をお教えしたいと思います。

 

お店で、まず最初に(つまり、指輪をどれにするか決める前に)『サイズを測ること出来ますか?』と聞いてみてください。

 

スタッフさんが『お客様がお選びになる指輪が決まらないと、それによって、使用するサイズリングが変わってきますので、どんな感じの指輪を前提にお測りましょうか?』とか、

『指輪が決まっていない段階で、適当なサイズリングを使ってもあまり意味がないかもしれませんがよろしいでしょうか・・・』などの言葉を返してくれればそのお店は多分大丈夫です。

 

逆に、その辺りのことは何も言わず『ハイ、わかりました』と、サイズリングを持って来ちゃうお店は、サイズリングが一種類しかない可能性が高そうですし、サイズ決めに関する認識が甘いとか、サイズ決めがいい加減なお店である可能性が高いかもしれません。

 

但し、ブランドのブティックの場合は、自社商品のみを扱っている為、形状の異なるサイズリングを持つ必要が無い場合もありますので、本件は、複数のブランドや複数の異なるタイプの商品を扱っているお店が対象となるお話です。

 

後日サイズが直せる指輪であればともかくですが、新しいものと有料で交換になってしまうタイプの指輪を選ばれるような場合は、シリアスなことになりかねませんので、参考にして頂ければ幸いです。

ブライダルフェアに騙されるな

いつもありがとうございます。

 

さて、今般は、いきなりですが、ブライダルフェアに騙されないでくださいね~と言うお話しです。

 

指輪屋の広告やジュエリーショップ店頭のPOPなどに「ブライダルフェア開催中」などと書かれているのを良く見かけると思いますが、結婚式場を探すのならともかく、結婚指輪を探すに当っては、皆さんそれを見て、どの様に思われるでしょうか?

 

「ブライダルフェア中なら何かお得な特典でもあるんじゃないかしら・・・」とか、
「タイミング的に良いから行って見ようか」とか、そんな風に思われたりされるのでしょうか、

 

正直なところ、私はあまり無いのではないかと思います。

 

そうなのです。それで良いと思います。

 

ジュエリーショップの店先や広告で「ブライダルフェア」という言葉を見かけたら、それで何がわかるかをお話したいと思います。

 

結婚指輪や婚約指輪を販売しているお店は大きく分けて「ブライダルリング専門店」と「それ以外」に分けられます。

 

ブライダルリング専門店の場合、何と言ってもブライダル専門ですから、毎日がブライダル商品に特化した商売をしているので、わざわざ、ブライダルフェアなんて名付ける必要が無いと思うのです。

 

ですので「ブライダルフェア」という打ち出しをしているところは、ほぼほぼブライダルリング専門店ではないことが解ります。

 

一昨日、どんなお買い物でも専門店が存在するなら専門店の方が良いですよということを本ブログに書きましたが、

 

専門店でないと言う事は、専門店とは取り組むスタンスも覚悟も違いますので、自ずとお買い物に於ける満足度が違ってきます。

 

そういう意味では、ブライダルフェアをうたっているお店は、専門性も品揃えも、もの足りないお店である可能性が高いのではないでしょうか。

 

また、実は良く見るとブライダルフェアのPOPが年中貼られている万年ブライダルフェアのお店が少なくありません。

 

いつも貼ってあるのは、果たして何故でしょうか?

 

明らかに目を惹く為だけのアイキャッチを狙っている訳です。

 

とかくフェアとかキャンペーンとかになると、その期間に買えば何かおまけみたいなものが付いてくるというようなことが多々ありますが、結婚指輪は「今これを買えば何かおまけが付いてくる・・・」みたいなことで選ぶようなものではありませんので、そういう(ブライダルフェア)イベントを集客のフックにしているような店は明らかに買ってはいけない感じがします。

 

誤解が無い様にお願いしたいのですが、ブランド個別のフェアの場合などは、話は別です。

 

お店の方に、メーカーさんから専属のコーディネーターが来店したり、

普段店頭に置いていない商品や新作をみることが出来たりする場合もありますし、

そういう期間に特別な成約特典を付けてくれる事もありますが、

そういう場合は、むしろメリットが大きいので、素直にラッキーと思って貰って全然問題ないと思います。

 

そういうメーカーさんやブランドの個別のフェアの場合、ブライダルジュエリー専門のブランドなら、ブライダルフェアというネーミングはうたわないということです。(クリスマスフェアとか、サマーキャンペーンとか…)

 

ということで、ブライダルリング専門店がブライダルフェアを否定すると言う前代未聞…のブログになりましたが、ブライダルフェアとうたっている店ほど、そういう可能性が高いと思われますので、参考にして頂ければ幸いです。