知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年11月1日

結婚指輪は、姿見で全体を見て決めた方が良い?

いつもありがとうございます。

 

さて、今日は結婚指輪の様な大事なアイテムを購入する店だからこそ大事な事がありますので、その辺りを書いてみたいと思います。

 

ある意味これだけで、指輪を買うべき店なのかどうかが見分けられるくらいのポイントですので、参考にして頂ければ幸いです。

 

どのお店でも、手元を見る鏡はたくさん置いてあるのですが、実は、指輪を選ぶ際は、姿見で、全身を映してチェックした方が絶対に良いのです。と言うより、そうすべきと言うか、しなきゃいけないくらいのものと私は考えています。

 

何故なら、ひとつは、自分の目の前で、手元と指輪を直接見るとどうしても客観性がない為、無意識の内にボリューム感も大きく感じてしまっているということがあります。

 

また、デスクトップタイプの鏡で映してみると、直接見るよりは客観性があるのですが、狭い範囲しか見えないので全身の中でどれ位のバランスになっているかという部分については全くわからないのです。

 

ところが、姿見に全身を映してみると、客観的に見えるのは勿論ですが、全身の中でのバランスが見られるので、手元だけ見ていると大きく重そうに見えるものも、全体の中で見れば、重すぎる感じがしないどころか、むしろボリューム的なバランス感が取れている事に気が付く場合もあるくらいなのです。

 

その逆も然りで、直接見た時には、この細さが可愛い~♡と、思っていても、それは無意識の内に大きく見えてしまっている為なので、全身を映して客観的に見ると、どうも華奢過ぎて、指輪があまりにもバランス負けして見えてしまい、素敵に見えない場合もあったりするのです。

 

ですから、指輪選びの際は、手元だけを見るようなチェックだけでは不十分と言う訳なのです。

 

という事で、指輪をお選びになる際は、姿見でも確認してから決めるようにした方が良いということです。つまり、大事な結婚指輪であればこそ、姿見を置いてあるお店でお買求めになられた方が良いのではないかと思います。

 

当店の姿見はこんな風にアンティークなものです。

姿見