知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2015年11月

最強&最高の入籍日

Joeです。いつもありがとうございます。

 

結婚指輪を販売している関係上、お客様から結婚にまつわる色々なご質問を受けることがあるのですが、そんな中のひとつに入籍するのはやはり大安を選んだ方が良いのでしょうか?と言うのがあります。

 

結婚というテーマに於いては、やはり縁起を担ぎたい方も多くいらっしゃいますので、大安は勿論とても良い日ではありますが、実はいわゆる六曜(大安、先勝、友引、先負、赤口、仏滅)と言われるもの意外にも、縁起の良い日があるのをご存知でしょうか?

 

ということで、唐突ですが、近々、ご入籍のご予定がある方には、来月に大変お薦めの良い日がありますので、ご紹介したいと思います。

 

まず、縁起の良い日と言う意味では、一粒万倍(いちりゅうまんばい)と言う日があります。これは、少々大雑把な説明になりますが、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味があるのです。

 

一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉日であるとされています。ご入籍と言うのも、正式に結婚生活を始める日ですから、種まきの日としては最高ではないでしょうか。

 

次に、天赦日(てんしゃび)と言うのがあります。これも大雑把な説明になりますが、この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日とされています。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも言われています。

 

「万(よろづ)よし」ですから、何事においても良い日という訳です。

 

それぞれ大安に引けを取らないくらい縁起の良い日なのですが、今年の12月14日(月)は、何と、一粒万倍日と天赦日が重なっている日なのです。

 

そういう日が年間にどれくらいあるかと言いますと、一年に精々3日くらいしかないのです。

 

今年は、7/17、9/29、12/14の3日だけですし、来年も7/11、9/23、12/8の3日しかありません。

 

つまり、年内最後の最強と言っても過言ではない縁起の良い吉日なのです。

 

実際に、そういう日を選んでご入籍されているお客様もいらっしゃいます。

 

ということで、まもなく訪れる12月14日は、ご入籍の後、当店で結婚指輪を注文して頂き、その後、イオンの宝くじ売り場で、年末ジャンボ宝くじを買いに行くというコースは如何でしょう?(*^_^*)

 

参考にして頂ければ幸いです。

結婚指輪 AFFLUXのプレーリーのご紹介

Joeです。いつもありがとうございます。

 

今月は、雨の日が多かったせいか何だか静かですね。今日も成田は、曇り空でちょっとしんみりモードです。

 

さて、今日は、アフラックスさんのプレーリーのご紹介です。まずは画像をご覧下さい。

brand01-5

 

プレーリーは、V字フォルムに類する指輪の中央が少し下がったタイプの結婚指輪です。

 

いわゆる指が長く見えるタイプのマリッジリングであり、また、サイドのラインの関係で少し交差したようなデザインになっています。

 

非常に控えめな優しい雰囲気を持つリングですので、結構人気が高い商品です。

 

レギュラー版は、プラチナ一色なのですが、画像の様に半分ピンクゴールドやイエローゴールドに変えたコンビ版も作ることが出来ます。

 

画像では、メレダイヤが入っている方がピンクゴールドになっていますが、ピンクゴールドとプラチナのパターンを逆にすることも可能ですので、ダイヤモンドを白く見せたい方は、逆のパターンの方が良いかもしれません。(基本的に自由ですので、お好きな方で大丈夫です)

 

画像は、メンズ、レディース、共に、プラチナとピンクゴールドのコンビになっていますが、メンズの方は、イエローゴールドとのコンビにするとか、プラチナ一色のレギュラーバージョンでいくとか、その辺りは、自由にお選び頂けます。

 

また、サイドのラインを利用して、片側を線より上を艶仕上げ、線より下側を艶消し仕上げ、もう片側をその逆の仕上げにすると、艶と艶消しのコントラストが出るので、更にラインが交差したようなデザイン感が協調できます。

 

そういう意味では、結構なアレンジが出来る指輪ですので、そんなところまで、突っ込んで考えてみると指輪選びもより一層面白くなってくると思います。(面白くて楽しいに越したことはないので)

 

当店は、グレイスリングの名の元に、アレンジの提案力に関しては、自信がありますので、是非ご相談頂ければと思います。勿論、こちらからの提案を押し付ける様な事は致しませんので、ご安心下さいませ。

 

ということで、永久保証のブランド、AFFLUX(アフラックス)さんのプレーリー店頭で是非ご試着頂ければと思います。

結婚指輪 ピンクダイヤとブルーダイヤのアレンジ

Joeです。いつもありがとうございます。今日は清々しい成田です。

 

さて、今日は、レディース用にピンクダイヤ、メンズ用にブルーダイヤ、そんなアレンジをしてみると言うのは、如何でしょうか?と言うお話です。

re-70 - コピー500x500

画像を見る限りでは、結構ファンシーに見えると思うのですが、実は、実際に肉眼で見るとここまで色がはっきり見えるものではありません。

 

もっと、そこはかとない淡い色になっています(画像はわかり易くするために少し加工している為に色がはっきり見えるようになっています)。ブルーの方もブルーとは言え、一般的にアイスブルーと呼ばれる青と言うより、水色に近い色ですので、どちらも1mくらい離れたらところから見れば、色がほとんどわからないくらいです。

 

そうなんです。淡い色系のダイヤモンドは、殆ど自己満足の世界くらいに考えて頂ければと思います。

 

そういう風に書きますとマイナスイメージに聞こえるかもしれませんが、主張し過ぎない、その淡さ、そのさり気なさがむしろ良いと思う訳です。

 

また、色のことだけでなく、天然のピンクダイヤの希少性は以前にも書いた通りですし、ブルーは誠実を示す色なので、ご主人の結婚指輪に入れておくことで、色々な意味で抑止力になるという話も良く聞きます(笑)。

 

かっこいいブルーダイヤの結婚指輪

可愛いピンクダイヤの結婚指輪

さり気なくこだわりたい結婚指輪

キュートな結婚指輪

お洒落な結婚指輪

等々をお探しの方は、プレーンなタイプをベースにして、そんな風にアレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?いつでもご相談下さいませ。

 

画像は、コラニーさんのハーモニーと言うリングのペアです。

結婚指輪 ダイヤ付失敗?でも大丈夫!

Joeです。

 

いつもありがとうございます。

 

さて、昨今女性用の結婚指輪と言えば、何らかの形でメレダイヤという小さなダイヤがついているのが当たり前になっておりますが、それでも・・・

 

ダイヤ付にしようか?

それとも、

ダイヤ無しにしようか?

と迷われる方が結構いらっしゃいます。

 

これについては、どちらが良いとか正解とかそういう話ではないので、お好きな方を選んで頂けば良いのですが、ダイヤの有り無しで迷われる方に、

 

成田の結婚指輪屋から愛を込めて、一つの情報をご提供したいと思います。

 

それは、ダイヤ付きで作ってしまったリングから、後日ダイヤを取って埋めてくれるメーカー(ブランド)さんもあるんですよ~というお話です。

 

勿論、全てのメーカーさんが対応してくれる訳ではないのですが、対応してくれるメーカーさんもあるのです。

 

つまり、対応してくれるメーカーさんの商品を選んでおけば、最初にダイヤ付を選んでいても、後日、やはりダイヤ無しの方が良かったなぁと思うようなことがあったら、ダイヤ無しに直してもらえるということです。

 

何個のダイヤを取って、金属でいくつの穴を埋めるかにより、価格も異なりますが、一石当たり数千円で対応してくれるメーカーさんもありますので、迷われる方や不安な方は、そんなことも参考にして頂いたら良いのではないでしょうか?

 

勿論、ダイヤを付けたり、取ったりを何回も繰り返すのは、指輪が傷んでしまいますので、そういうことは出来かねますし、指輪の痛みが激しい場合など、指輪の状態によっては、お受けできない場合もあります。

 

迷われる理由は、やり直しが利かないという不安から来ると思われるので、試したのちにやり直しが利くやり方もありますよ、ということで、参考にして頂ければ幸いでございます。

結婚指輪 シンプルだけど、つまらなくないもの その1

Joeです。いつもありがとうございます。成田は少し雨が降っております。

 

さて、店頭でお客様にお好みをお伺いすると、お答えとして一番耳にする言葉が『シンプルなもの』です。

 

しかしながら、いわゆる『ザ・結婚指輪』という感じの、つるんとした甲丸ストレートのリングをお見せしながら「シンプルなものとは、こういうものでしょうか?」と、確認をさせて頂くと大半の方が『そうじゃない』と言われます。

 

このやり取りは、もはや定番中の定番なので

私から『シンプルだけど、つまらなくないという感じのものってことですよね?』と聞き返しますと

『そうそう、その通り』と、殆どのお客様がおっしゃられます。

 

ということで、今日はそんな『シンプルだけど、つまらなくない感じ』に分類される結婚指輪のひとつをご紹介したいと思います。

 

パヴェオ・ショコラの『BOOM(ボーム)』です。

brand11-6

タイプとしては、基本的に最も結婚指輪としてのイメージが強い甲丸ストレートになります。

 

特徴的なのは、ご覧頂ける通り、リング表面に縦目で粗目のギザギザとしたスジ刀というテクスチャーが入っているところです。

 

画像の様にアップで見て頂くとテクスチャーの感じが良くわかるのですが、実際には、1mも離れたところから見たらほとんどわからないくらいの感じです。

 

そういう意味では、このテクスチャーの意味があるのか無いのか微妙な気もしますが、特徴が際立ち過ぎると、シンプルの範囲からはみ出てしまいますので、『シンプルだけど、つまらなくない感じ』に当てはまる為には、そのくらいの方が良い感じだと思います。

 

一応、表面は艶仕上げですが、粗目のスジ刀による凸凹により多少の印影が出る為、あまりぴかぴかし過ぎない感じになっています。こういうぴかぴかし過ぎないものをご希望される方も意外と多いので、そういう方にはぴったりだと思います。

 

まさに、『シンプルだけど、つまらなくない感じ』というマリッジリングではないでしょうか?

 

ちなみに、画像は、表面にダイヤが付いていないタイプですが、ご希望があればオプションで1石留めることが可能ですので、追加してみるのも素敵ではないかと私は思います。

 

また、レディース用の結婚指輪がピンクゴールドの画像になっておりますが、プラチナでもイエローゴールドでも、お作りすることは可能でございます。

 

ということで、『シンプルだけど、つまらなくない感じ』のリング、パヴェオ・ショコラのボーム是非店頭でご覧頂ければと思います。