知ると楽しいブライダルリングのお話

月別アーカイブ: 2015年10月

ハワイアンの結婚指輪について・・・

いつもありがとうございます。今日も千葉県成田市はとても良い天気で気分が良いです。

 

さて、今日はハワイアンのお話です。

 

ハワイアンの結婚指輪と言うことでWEBで探してみると…凄い高額な価格のついたブランドが出てきます。(よく見かけるのは2社ですね)

 

ハワイアンの結婚指輪に興味があるけど・・・こんなに高額ではちょっと手が出ないなぁと半ば諦めてしまっている様な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私が見てもびっくりする様な価格がついているので、本当に驚きますが、私はなんだか不穏な感じを覚えます。

 

何故なら、一般の方はあまりご存知ないかもしれませんが、実はハワイアンジュエリーにおける伝統の彫りの技術を正規のルートで受け継いでいる職人さんなんて殆どいないんです。

 

ハワイにとって、ハワジュの彫りの技術と言うのは、大事な伝統技術ですので安易な流出はしないのだそうです。

 

極少数の限られた正規伝承者である職人さん達は、大体ハワイのビッグブランドで働いていますので、他の高額商品なんて作っていませんから、誰が作るとそんなに高額な商品になるのだろうと私は思ってしまうのです。

 

また、更に逆を言うなら、正当なハワイアンの技術の伝承者であり、日本におけるハワイアンの第一人者である松尾琢磨さんが作っている 『プアアリ』 というブランドを知っている私からすると、作りが一流であるプアアリの商品には格段にリーズナブルな価格が付いていますので、わざわざ高額な別のものを買う必要もあるのかな?とも思ってしまうからです。

 

次の画像は、プアアリさんの商品です。

プアアリ3

(左は内側彫りです。仕事柄あまり派手なリングを身に着けられない方や、大切な想いをひそかに身に着けていたい方、隠れたこだわりを持ちたい方におすすめのタイプですね。)

 

それと、もうひとつハワイアン系で 『ハートアイランド』 というブランドがあるのですが、通常のシングルリングの他に、画像の様なダブルリング(二重の)があるんです。

23 - コピー

この様なダブルリングは、一般的に金属どうしが溶着されていて後日サイズ直しが出来ないんですが、なんと、ハートアイランドのダブルリングは後日サイズ直しが出来るんです。

 

つまり、長い人生を共にする際に、体形が多少変わっても大丈夫ってことです。
多少太っても、ずっと使って行けると言うことです。

 

ちなみに、プアアリさんのダブルリングも後日サイズ直しが可能になっています。
たまたま、当店には、後日サイズ直しが可能なダブルリングが2ブランドもありますが、こういうの他に無いんですよね。

 

カッコイイだけでなく、そういうメリットが伴っているのに、こちらもリーズナブルな価格が付いておりますので、こちらと比べても無駄に高額な出費をする必要が無いという訳です。

 

一般的な指輪と比べますとハワイアンは、彫り代(彫り師さんの収入)が加わっているので、安いハワイアンと言うのは、基本的に無いと思うのですが、ビックリする様な高額なものばかりではなく、リーズナブルな価格で、良いものもございますので、是非一度店頭で見て頂ければと思います。

 

かなり、大雑把な展開の話になりましたが、参考にして頂ければ幸いです。今日はここまで

結婚指輪 プラチナと18金ホワイトゴールドの色の違い

いつもありがとうございます。

 

さて、今日は微妙な差、されど大きな差という部分を書きたいと思います。色の差です。

 

プラチナと18金のホワイトゴールド(以下、ホワイトゴールド)、いずれも、色の分類で言えば、銀色に属する色だと思います。しかしながら、銀色に属すると言っても、実は結構な違いがあります。

 

次の画像をご覧ください。

DSC04357 - コピー

プラチナの銀色は、白味の強さが特徴の銀色と言えます。
ホワイトゴールドの銀色は、少し黒味かかった銀色をしています。

 

いぶし銀と言いますか、良い意味で渋い感じの色と言えると思います。

 

画像では少し解り難いかもしれませんが、並べて比較して頂ければ違いは良くわかる程の差がある事が確認出来ます。

 

ホワイトゴールドの色が黒味がかっているのは、18金は金の割合が75%の合金であるという理由から来ています。

 

金という金属は、皆さんご存知の通り、いわゆる金色をしています。(黄色っぽい色です)

 

つまり、75%が金色の金属であり、他に混ぜる25%の金属の色合いで、銀色までもっていっているのですが、8割近く黄色っぽい金属で構成されている関係上、どうしても黄色みが抑えきれず、黒味がかって見える感じになると言う事な訳です。

 

逆に言えば、それゆえに、プラチナの様な白味の強い銀色に絶対にならない訳です。(良いとか悪いの話ではなく、色に違いがあると言うお話です)

 

プラチナと見分けがつかない様な白味がかった銀色をしているホワイトゴールドの指輪を見た事がある!という方がいらっしゃるかも知れませんが、それは表面にロジウムコーティング(プラチナと同じ色)をしているものと思われます。(そういうメーカーさんがあるからです。コーティングをかける、かけないを選べるメーカーさんもあれば、指定しなければ自動的にコーティングされて出来あがるメーカーさんもあります。)

 

ですので、時間の経過と共にコーティングが摩耗していくと中から、本来のホワイトゴールドの色が出て来ます。

 

コーティングが良いとか悪いとかそういう事ではなく、プラチナとホワイトゴールドの色には明らかな違いがあると言うだけの話です。

 

そこで、もうひとつ・・・。実は、18金のホワイトゴールドと言っても、メーカーさんによっても色が異なってきます。

DSC04381 - コピー - コピー

何故なら、18金の決まりは、基本的に金の割合が75%と言う事だけなので、残りの25%に何種類の金属をそれぞれ何%づつ混ぜるのかと言うのが各社違うからです。

 

絵具で考えて頂ければわかり易いと思いますが、絵具の原理と全く同じ事が言えます。

 

つまり、混ぜる金属(色)の組み合わせによって、黒味が強いものもあれば、黄色みが強いものもあり、当然色合いは各社で違ってくると言う事です。

 

硬さの違いなどもありますが、倍ほど違うものでもないので、各社によって、かっこいいと思う銀色に差があるからと考えて良いのではないかと思います。(ちょっと画像ではわかりにくいかもしれませんが、直接見て頂ければ結構な違いが見て取れます)

 

と言う事で、一見、銀色の両者ですが、プラチナの白味の強い銀色のカッコ良さ、ホワイトゴールドの黒味がかった渋い銀色のカッコ良さ、あなたはどちらの銀色を選ばれますか?

 

お好みに合わせて選んで頂ければ良いと思います。

 

当店では、主だったメーカーさんのホワイトゴールドの色味確認用サンプルは用意しておりますが、用意していないお店も多々ございますので、気になる方はサンプルで色味の確認をされてから購入をご判断された方が良いと思います。

 

ではこの辺で。

結婚指輪 お値段以上

TVのCMで、『お値段以上、ニトリ』 と良く耳にします。

 

言わずもがなですが、ニトリの商品はお値段以上の価値があると言う意味です。

 

何を買うにしても、お値段以上の価値があれば、購入する側としては、その方が良いですよね。

 

結婚指輪だって、例外ではないと思います。

 

お値段以上の方が良いに決まってます。

 

自分で言うのもなんですが、そういう意味では当店は、結婚指輪界のニトリだと思います。

 

私が責任を持って、私が良いと思うもの、価値があると思うものしか当店は扱っておりません。

 

簡単に言えば、私がお値段以上の価値があると思うものしか置いていないと言う事です。

 

店頭では、商品別に、具体的に、どこにお値段以上の価値があるのかなどを
わかり易くご説明もさせて頂いておりますのでご安心くださいませ。

 

また、大変ありがたい事なのですが・・・、

 

昨今こんな私をご指名を頂く事が多いのですが、残念ながら体がひとつしかないものですから
申し訳ございませんが、ご予約の上で、ご来店頂けますようお願い申し上げます。

結婚指輪 指が綺麗に見えるV字マジック

昨日、成田市では恒例の花火大会がありました。帰り道、運転しながらも結構見えるので、得した気分になります。ちょっと時期的には、珍しい感じがしますが過ごしやすい気温で良い感じです。

 

今日は、指が綺麗に見えるV字フォルムをした指輪のマジックをご紹介したいと思います。画像をご覧下さい。

V字比較(手)

左がV字型の指輪、右がストレート型の指輪です。
単純に見て頂いてどうでしょうか?

 

左のV字タイプの方が指が長く見えますよね。そうなんです。

 

V字のタイプは、V中央の下がっているところが下に向くので、その分指が長く見えるんです。指だけ比較の画像を見て頂ければわかると思います。

V字比較(指)

と言う事で、指の太さや長さを気にしている女性の方には大変人気のあるリングです。

 

しかし、ちょっと気になるのが、V字型の結婚指輪でペアになっているメンズ用結婚指輪の形状です。

V字ペア

V字でお揃いですと、男性用としては、少々女性的に見えると言う事で抵抗を感じる男性が少なくありません。

 

私は手が綺麗に見えると言うのは、モテる男性の重要なポイントと思っているので、男性であろうが綺麗に見えるに越したことはないと思うんですが、案外多いんです。

 

「V字はちょっと…(女性的過ぎる・・・)」と抵抗を示す方が…。

 

でもそんな方にも安心です。

 

皆様の願いを叶えるラムール・トゥジュールには、こんな商品もございます。じゃ、ジャ~ン。

CLY-008 - コピーCLY-042 - コピー

コラニーさんのリングで、 「ヒイラギ」と「オリーブ」です。
女性用のリングが、今お話ししたV字タイプです。

 

ですが、ペアになっている男性用のリングはどちらも幅が広目のストレートタイプになっています。

 

一見ペアに見えない程、形が違っていますが、「ヒイラギ」の方は男性用のリングの中央にある菱形の中の角度が女性のVの角度と共通しているという感じになっています。

CLY-008 - コピー

「オリーブ」の方は、女性用はオリーブの葉先がV字に重なった様になっており、男性用は指輪の表面にオリーブの葉先が向かい合っている様にデザインが入っています。

CLY-042 - コピー

オリーブの葉先が二枚デザインのモチーフになっていると言う点が共通点な訳です。

 

と言う事で、共通点を持たせることでメーカーさんとしてはペアに設定している訳ですが、見た目にはかなり違う形になっています。

 

言うなれば…、女性用は女性的なデザインのリング、男性用は男性的なデザインのリングという組合せなのです。

 

従来の結婚指輪の概念を超えた新しい感覚です。

 

如何でしょうか?

 

私はこれも大ありだと思います。

 

何故なら、デザインが同じである事を優先し、どちらかがあまり気に入らないデザインの結婚指輪になってしまうより、デザインが異なっても使う本人が自分の結婚指輪として気に入った物を買われた方が絶対に大事に長く使ってもらえるからです。

 

男性が我慢して女性に合わせてしまうと徐々に指輪を着けなくなってしまうので女性の方は要注意です。

 

男性が結婚指輪を身に付けてないと色々と誘惑に対する抑制力が下がってしまいますので…。

 

と言う事で、コラニーさんには他にもこの手の形状の異なる組合せになって商品が多数ありますし、他社からも異なる組合せの結婚指輪が多数登場して来ておりますので、店頭で色々と実際にご覧頂ければと思います。

結婚指輪 ブランドについて個人的に思う事 その5 <プアアリ>

第5回目は、ハワイアンジュエリーのプアアリさんです。

 

プアアリというブランドは、はっきり言って、ハワイアンジュエリーブランドとしては、無敵と言って良いほど、単純に凄いブランドさんです。

 

技術は勿論の事、設備も相当なものです。

 

選択可能な金種もリング幅のバリエーションも豊富ですし、こだわった特注的な事も結構対応してもらえますし、ほぼ、文句のつけようのない感じです。

 

ですが、そんな感じで終わってしまっては、このブログらしくないので、私らしい目線でご紹介したいと思います。

 

プアアリの社長さんは、プアアリのマスターエングレーバーである松尾琢磨さんですが、この人が本当に凄いんです。当然技術は相当なレベルなのですが、本当にナイスガイなんですよね。

 

常に、自然体で、穏やかで、おまけにイケメンで、凄く感じの良い人なんです。

 

プアアリさんのスタッフの女性陣からも、松尾社長は性格が良いと言う話を聞くくらいですし、私も52年生きて来ましたけど、こんなに感じの良い男性って他に会った事ありませんってくらいです。

 

企業の社長業なんてやっていると、どうしても色々な事を厳しく見なければならないところがあるのでニコニコした中にもそういうのが見え隠れしたりするものなんですが、全然そんな風には見えないんですよね。

 

そしてある時ふと気がついたんです。

 

なるほど~、松尾社長は、根っからハワイアンが似合う人って事なんだなぁ~と!
恵比寿に居ながら、リゾートにいるみたいな空気をまとっている人なんです。

 

私より、大分年下の社長さんですが、正直男として憧れの存在ですね。そんな風になりたかったなぁと、お会いする度に凹みます。

 

で、何が言いたいかと言いますと…、ハワイが似合う様な人だからこそ、素敵なハワイアンのリングが作れるんだと思うのです。

 

例えば、しょっちゅうイライラ、カリカリしている様な人がハワイアンを彫っていても、ハワイアンの特徴である彫りが素敵に仕上がるとは思えない訳です。

 

逆に、どんな人がハワイアンの模様を彫れば、どんな職人さんが魂を込めれば、本当に素敵なハワイアンの彫りが出来あがるのか考えれば、絶対にハワイが似合う人に決まっていると思うんです。

 

だって元々そういうところで作っているものなのですから…そういう空気感がリングにも出てしまうんだと思うんですよね。

 

だから、プアアリのリングは、多くの人を一目惚れさせるほど彫りの美しさが際立っているんだなぁと思う訳です。

 

と、言う事で、プアアリさんは、素敵な人が作っている凄いブランドですと言うご紹介でした。

 

ハワイアンの結婚指輪をお探しの方は、後日後悔しない為にも是非、プアアリのリングを見てから決断される事をお薦めしたいと思います。

 

なんたって、本物でありながら、驚くほどリーズナブルな値段で、この美しさですから・・・・。(画像より実物の方が綺麗です。内側彫りもカッコイイです)

クオリティ