知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年10月10日

結婚指輪 ブランドについて個人的に思う事 その5 <プアアリ>

第5回目は、ハワイアンジュエリーのプアアリさんです。

 

プアアリというブランドは、はっきり言って、ハワイアンジュエリーブランドとしては、無敵と言って良いほど、単純に凄いブランドさんです。

 

技術は勿論の事、設備も相当なものです。

 

選択可能な金種もリング幅のバリエーションも豊富ですし、こだわった特注的な事も結構対応してもらえますし、ほぼ、文句のつけようのない感じです。

 

ですが、そんな感じで終わってしまっては、このブログらしくないので、私らしい目線でご紹介したいと思います。

 

プアアリの社長さんは、プアアリのマスターエングレーバーである松尾琢磨さんですが、この人が本当に凄いんです。当然技術は相当なレベルなのですが、本当にナイスガイなんですよね。

 

常に、自然体で、穏やかで、おまけにイケメンで、凄く感じの良い人なんです。

 

プアアリさんのスタッフの女性陣からも、松尾社長は性格が良いと言う話を聞くくらいですし、私も52年生きて来ましたけど、こんなに感じの良い男性って他に会った事ありませんってくらいです。

 

企業の社長業なんてやっていると、どうしても色々な事を厳しく見なければならないところがあるのでニコニコした中にもそういうのが見え隠れしたりするものなんですが、全然そんな風には見えないんですよね。

 

そしてある時ふと気がついたんです。

 

なるほど~、松尾社長は、根っからハワイアンが似合う人って事なんだなぁ~と!
恵比寿に居ながら、リゾートにいるみたいな空気をまとっている人なんです。

 

私より、大分年下の社長さんですが、正直男として憧れの存在ですね。そんな風になりたかったなぁと、お会いする度に凹みます。

 

で、何が言いたいかと言いますと…、ハワイが似合う様な人だからこそ、素敵なハワイアンのリングが作れるんだと思うのです。

 

例えば、しょっちゅうイライラ、カリカリしている様な人がハワイアンを彫っていても、ハワイアンの特徴である彫りが素敵に仕上がるとは思えない訳です。

 

逆に、どんな人がハワイアンの模様を彫れば、どんな職人さんが魂を込めれば、本当に素敵なハワイアンの彫りが出来あがるのか考えれば、絶対にハワイが似合う人に決まっていると思うんです。

 

だって元々そういうところで作っているものなのですから…そういう空気感がリングにも出てしまうんだと思うんですよね。

 

だから、プアアリのリングは、多くの人を一目惚れさせるほど彫りの美しさが際立っているんだなぁと思う訳です。

 

と、言う事で、プアアリさんは、素敵な人が作っている凄いブランドですと言うご紹介でした。

 

ハワイアンの結婚指輪をお探しの方は、後日後悔しない為にも是非、プアアリのリングを見てから決断される事をお薦めしたいと思います。

 

なんたって、本物でありながら、驚くほどリーズナブルな値段で、この美しさですから・・・・。(画像より実物の方が綺麗です。内側彫りもカッコイイです)

クオリティ