知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年10月6日

結婚指輪 ブランドについて個人的に思う事 その1 <マリアージュ>

今日は当店で扱っているブランドについて、私の個人的な見解を書いてみたいと思います。

 

最初に、ひとつだけ誤解のない様にお伝えしておきたいと思います。それは・・・、

 

当店はセレクトショップですので、基本的に私が良いと思っているものだけを扱っているお店です。つまり、どのブランドも全て、普通以上に良いと思っているということが前提にあり、このシリーズの記事に、名前が登場するしないで、優劣がある訳ではありませんので、その点だけは、誤解のない様にお願いしたいと思います。

 

最初のご紹介は、マリアージュさんです。

 

私がこの業界に入った当初からずっとお世話になっていることもありますが、個人的にかなり好きなブランドです。最大の理由は、ブランドとして、ブレない背骨が通っていると感じるところです。

 

フェミニン系のデザインが大きな特徴のブランドですが、お客様にご紹介した時の、特にお嫁さんの様子を見ていると、その反応から、どのデザインも女性の気持ちを鷲づかみしちゃう事が本当に多いんです。

 

そこはやはり、女性の気持ちが良く分かっている女性の三田村社長自らデザインされている事が大きく作用していると思います。

 

ただ、フェミニン系だから、女性がデザインするという短絡的なものではなく、細かく口に出しては説明できない、感覚的に、女性の気持ちに響く『何か』をちゃんと具現化して、リングのデザインの中にも、製造工程の中にも、実現できているという、その方針や能力までが、一連の流れで繋がっていると感じるからこそ、一本筋が通っている様に感じるのです。

 

更に、デザイン(つまり、形)だけでなく、ダイヤモンドの質にこだわっている点も見逃せません。

 

なぜなら、キラキラに憧れる女性だからこそ、キラキラ風ではなく、本当にキラキラしていないと意味が無いと考えて、最高のメレダイヤを使っているのだと思うのです。

 

一般の方には、なかなかわからないかもしれませんが、マリアージュさんが使用しているレベルのメレダイヤともなると、かなりハイグレードなものですからあまりにも存在が少なく、標準仕様に設定するのは、極めて難しいはずですので、それを実現するには、相当な企業努力があったであろうことも想像出来ます。

 

表面的な形だけに留まらず、質にまでこだわって、相当な努力の元に、最高レベルのフェミニンを成し遂げている訳です。つまり、ここまで、全て繋がっている訳です。

 

だからそこにブランドとしての確固たる背骨を感じるのです。

 

そして、さらにもうひとつ・・・・、この業界では、通常、マリアージュさんくらいの人気ブランドとなりますと、どういう訳か多くのメーカーは天狗になってしまい、メーカー本位の事を取扱店に押し付けてくるようになってしまうのですが、マリアージュさんは、そんな事が全くなく、取扱店にも凄く丁寧に対応をしてくれます。

 

年々人気が上がっているのに、対応の良さも年々増している感じです。アレンジの相談や対応可否の確認をする時も、間違えが無い様に即時、イラストをFAXしてくれたりもしてくれます。

 

お客様の来店が多くなる土日に連絡がつかないメーカーもある現実を考えれば、販売店サイドとしては、大変ありがたいことです。販売店を通してその先のお客様の事を見ているその感じが、ブランドの姿勢として凄いと思います。

 

三田村社長は、そんなブランドを産み出し、立派に育てられているので、本当に凄いと思います。私よりずっとお若い年下の社長さんですが、私が尊敬している人物の中の一人です。そんなマリアージュさんのブライダルリングを皆様にも是非見て頂きたいと思います。

 

千葉県で、結婚指輪、又は、婚約指輪をお探しの方には、是非見て頂きたいブランドです。

web_venus_none