知ると楽しいブライダルリングのお話

日別アーカイブ: 2015年9月25日

ピンクゴールドの婚約指輪はありか?

ブライダルリング(結婚指輪/婚約指輪)となると、どうも日本人は昔からプラチナ製を求める傾向が強いのですが、昨今は、トレンドとしてアンティークが来ているせいもありピンクゴールドやイエローゴールド製のものを選ばれる事が増えてきました。

 

まだまだ、プラチナ製を上回る様な規模ではありませんが…、そんな関係上、時々お客様から、ピンクゴールドの婚約指輪(エンゲージリング)と言うのはどうなんでしょうか?と聞かれることがあります。

 

良くあるケースとしては、彼女がピンクゴールドが凄く好きなんだけど、婚約指輪のイメージとしてピンクゴールド製ってちょっと違うんじゃない?と感じてらっしゃるということでの・・・ご質問の様です。

 

それでは、ビシッと書きたいと思います。

 

基本的に、ピンクゴールド製の婚約指輪でも何ら問題ありません。ジュエリーの世界の話なので良い悪いではなく、どういうものがお好みかということで決めてもらって良いと思います。

 

つまり、好きこそが最上なのです。では、どんな感じか画像を見て頂きたいと思います。こちらのリングは、DEARESTさんのものです。如何でしょうか?

brand08-7

私は、こういうのも全然ありだと思います。色もとても綺麗です。

 

ただ、この画像はリング単体で写ってますが、指輪は指に着けるものです。そこで、ご理解頂ける方もいらっしゃると思いますが、そうなのです。このピンクゴールドっていう色は、単体で見ればとても綺麗なのですが、日本人の肌の色に馴染みが良いんです。良過ぎるんです。

 

プラチナのリングの場合は、肌の色の上に、白味の強い銀色が来るので、コントラストが強く出て、指輪が目立つんですが、ピンクゴールドの場合は、肌の色に馴染んでしまうので、コントラストが弱く、良く言えば落ち着いた見え方に、少し悪目に言えば、目立ちにくい見え方になってしまう傾向があるのです。

 

しかし、それも良い悪いではなく、どちらがお好みかというお話なので、好きであれば何ら問題ありませんし、むしろ、だからこそ、ピンクゴールドが良いと思う人もいらっしゃるかもしれません。と言うことで、ご自身の感性を頼りに決めて頂いて良いと思います。

 

しかしながら、ちょっとだけ注意が要ると思います。

 

それは、ピンクゴールドと言うのは赤味を出すために、赤い金属である『銅』を混ぜているものなんですが、混ぜる銅の量や銅以外の金属は何をどれくらい混ぜるかなど、メーカーによって配合具合が異なるのです。

 

銅を混ぜると強度が硬くなるメリットがあるのですが、メーカーによっては(つまり、金属の配合具合によっては)、その硬さの関係上、後日、サイズが直せない商品になっている場合があります。(硬さが仇となりリングを切るとリング全体がパリンと割れてしまう為。)

 

後日、サイズが直せないリングは、体形を維持する努力が大変になりますが、万一、入らなくなっても、そういう指輪は、大概、自分のリングを下取りしてもらい新しい必要なサイズのリングと交換できる(※有料の場合多し)様になっているメーカーが多いので、全く使えなくなる訳ではありません。

 

但し、新品と交換してしまうので、デザインは同じですが、ご主人が買ってくれた、まさにプロポーズされた時にもらった指輪そのものではなくなってしまうということがありますので、その点が気になる方はサイズが直せるピンクゴールドなのか、新品交換になるピンクゴールドなのかを事前に確認しておかれた方が良いと思います。

 

ちなみに、上記画像のDEARESTさんのピンクゴールドは、サイズが直せるタイプです。