知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: ダイヤモンド

ダイヤモンドでプロポーズ大作戦2♡17

 

千葉県成田にある結婚指輪と婚約指輪の専門店ラムールトゥジュールでございます。どうもで~す。

 

今年もついにやってきました。年内にはけじめをつけたいと考える男性が多くなるこの時期。さぁ今年も参りましょう、ダイヤモンドでプロポーズ大作戦!(パフパフ!)

 

サプライズでプロポーズをお考えの男性の方は、どんなデザインのリングを選べば良いのかお悩みの方が少なくありません。

 

・ジュエリーやブランドに詳しくないから不安だぁ…

 

・彼女の好みのデザインやサイズを聞いて、サプライズの計画が透けて見えてしまっては困るしなぁ…

 

・どんなに質の高いダイヤモンドを選んでもリングのデザインが気に入ってもらえなかったらどうしよう…

 

等々、プロポーズに対する彼女の返事よりもそっちが気になってしまう方も少なくないようです。

 

勿論、どんなお店でもご予算、トレンド、女性のタイプ別に似合うデザイン、使い勝手等々、各種の情報に基づき、アドバイスしてくれるのですが、

 

お店によっては、買わせるためのアドバイスしかしてくれないところも少なくありませんし、やはり上記のような事がご心配な方は、少なくないでしょう。

 

と言う事で、今日は、こんな方法もありますよ!というご提案です。

 

まずは、ダイヤモンドだけ先にご購入頂きます。(当店では、ダイヤモンドを素敵なケースにお入れしています)

 

そして、そのダイヤだけでサプライズのプロポーズをしちゃいます。

 

彼女の返事がOKであれば、改めてお二人でお店に行き、彼女のご希望を踏まえながら、お好きなデザイン(エンゲージリング枠)を選び、先に購入したダイヤモンドを彼女と一緒に選んだエンゲージリング枠に載せてもらう訳です。

 

ダイヤを購入したお店なら普通はリング代以外には、持ち込み料や加工賃など発生致しませんので、ダイヤとリングを2回に分けて購入しても費用的な損はありません。

 

ですが、彼女と後日ダイヤ購入店に行くので、ダイヤの安さを売りにしているお店は避けた方が良いかもしれません。(安く済ませたかったのかな?などと、色々と誤解されてしまう可能性もありますし、誤解されないにしても思いを込めたプロポーズ用のダイヤモンドを安さで選ぶような事をするのは何か不吉な感じもしますので…)

 

ということで、ダイヤモンドでプロポーズ大作戦を決行しますと、

 

1.リングサイズなどを事前に確認する必要が無いので、彼女に計画が透けて見えることのない完璧なサプライズ・プロポーズが実現できます。(女性は嬉しいサプライズが大好きです。)

 

2.ダイヤモンドだけでも決してお安いものではございませんのでプロポーズの本気度は薄れません。(ご予算内で最高のダイヤを選びましょう。)

 

3.彼女の好みや希望を尊重してリング(デザイン)を選べるので、彼女の満足度は極めて高くなります。(彼女の好きなデザインを選べるようにしてあげるのは彼女へのとても優しい気遣いです)

 

4.リングを選ぶ時リングの価格は、彼女に知れてしまいますが、ダイヤモンドの価格がわからないので、合計額を彼女に知られずに済みます。

 

5.正確に彼女のサイズを踏まえて指輪を注文できます。(サイズが間違って、指輪を渡した時に指に入らないとか、緩すぎるみたいな事がありません)

 

6.ダイヤのみの手配ならそんなに時間がかかりません(当日~1週間位)ので、急いでらっしゃる方にはそういう面でも良さがあります。(ダイヤを指輪に乗せる際は、指輪を一から作って乗せるので概ね1ヶ月位の時間がかかります。)

 

勿論、必ずそうしなければならない訳ではありません。あくまでもひとつのご提案です。

 

指輪を贈る方として、自分は彼女にこういうデザインのエンゲージリングを身に着けてほしいという強い思いをお持ちであるとか、

 

彼女の好みは知りつくしているので全く心配はないという方は、通常のスタイル通り、ご自身で自信を持ってリングもお選び頂いてエンゲージリングの形にしてプロポーズなさっても何の問題もありません。

 

ということで、ダイヤモンドでプロポーズ大作戦。如何でしょうか?

 

案外良い方法だと私は思います。

 

追伸:世の女性の皆様へ。

もしかすると、まさにあなたがダイヤモンドだけでプロポーズをされるかもしれません。

その時は、是非彼の気持ちを酌んであげて下さい。

彼はあなたを、より喜ばせる為に、あなたのお好みのリングデザインをあなたに選んでもらおうと思って、あえてダイヤモンドだけでプロポーズした事を…わかってあげて欲しいのです。

千葉の成田の指輪屋のおじさんからのお願いです。宜しくお願い申し上げます。

婚約指輪の最終的な二択の中からの選び方

 

こんにちは~千葉県成田の結婚指輪と婚約指輪の専門セレクトショップ『ラムールトゥジュール成田』でございます!!!!

 

皆さん、あまりご存知ないかもしれませんが、一般的にプロポーズする時に用意するイメージで認識されている婚約指輪ですが、意外と婚約指輪を彼女と一緒にお二人で買いに来られるお客様も実は少なくないんです。

 

この場合、彼女を驚かすサプライズプロポーズは出来なくなってしまいますが、婚約指輪のリングのデザインは彼女の好みを反映して選べるという小さくないメリットがありますので、女性によっては…、

 

サプライズはあったけど、好みではない可能性のあるデザインの婚約指輪を貰うことになってしまうより、

 

サプライズはなくても、自分の好みに合わせて婚約指輪のデザインを選べる方が断然嬉しいという方もいらっしゃるくらいですので、

 

一緒に買いに行けるというのは、男性が想像する以上に、女性としては嬉しいことだったりするものなんです。

 

で、彼女が自分の好みでリングのデザインを選んでいる時、こういうことが良くあります。

 

色々とあるリングの候補の中から、絞り込んでいき、最終的に二つに絞られました。

 

ですが、そこから、その二つの選択肢のどちらを選ぶか?これをなかなか決められないケースがあるんです。意外とよくあるケースだと思います。

 

そんな時は、こう考えてみてください。

 

今選んでいる婚約指輪は、女性自身がお金を出して、自分で買うものではありませんよね。

 

そして、自分では選びきれないくらい、つまり、甲乙つけがたく、どちらも捨てがたいデザインのリングだってことですよね。

 

であれば、最終的な選択は、実際にお金を払ってあなたの為に買ってくれようとしている男性の判断に任せてみるという方法です。

 

最終的に、あなたが、「これか、これかな?」と絞り込んで選んだ二つのうちのどちらかになるので、もらった瞬間に自分の好みと違ってがっかりするようなことはないはずですし、

 

最終的に、どちらにするのか、彼に任せると次の様なメリットもあります。

 

ひとつは、最終的に彼がどちらを選ぶのかを決める際に、少しだけ席を外しておき、指輪が出来上がってくるまで、彼がどちらを選んだのか知らないでおくと、指輪を受け取るときには、ちょびっとですが「わぁ~こっちを選んでくれたんだぁ」と、一応はサプライズになるということです。

 

突然プロポーズされるサプライズと比べれば少々規模は小さくなりますが、それでも指輪が出来上がってくるまでのワクワク感は、知っているより少しは高まるはずだと思います。

 

そして、当店の様に、婚約指輪をセミオーダーシステムで販売しているお店の場合は、リングを選ぶことと、載せるダイヤモンドを選ぶことの二つの作業があり、選んだリングとダイヤを合わせて一つの商品になりますので、

 

最終的にリングのデザインを選ぶ時だけでなく、そこから合わせて、リングに載せるセンターのダイヤモンドのグレードを決める時、つまり、ダイヤモンドを選ぶ時まで、彼女に席を外しておいてもらうと、どんなグレードのダイヤモンド選んだのか彼女にはわかりませんので、婚約指輪を彼女と一緒に買いに行っても、ダイヤモンドの価格が分かりませんから、婚約指輪の総額は彼女に伏せることが出来るという事です。

 

婚約指輪は、男性が女性に贈るプレゼントであることから、彼女には金額を伏せたいと思う方も少なくありませんので、意外と良い方法になるんですよね。

 

 

 

また、最終的な二択からどちらかを選んで欲しいと彼に判断を委ねても、あくまでも彼女の好きな方を選んで欲しいという思いから、時間がかかってもいいから、ゆっくり選んでいいよとあくまでも彼女の好みで選んでもらいたいという対応をしてくれる男性もいらっしゃいます。

 

そういう時は、最終的な二択から、最後の決断を女性ご自身でしなければなりませんので、こう考えてみてください。

 

どうしても、自分で選ぶとなると、女性は、知らない間に、自分で買う様な気分になってしまっているものなのです。

 

ですが、一緒に選びに来ているだけで、婚約指輪は彼が買ってくれるものですから、『もしも、どちらか一つをタダで貰えるとしたら、どっちが欲しい?』と考えてみてください。

 

意外や意外ですが、二つの内から一つを選ぶという作業があれほど難しかったのに「タダでもらえるなら…こっちだわ」と、あっさり決めれられたりするんですよね。

 

勿論、これがすべてではありませんが、ひとつの考え方として頭においておかれると良いと思いますというお話でした。ご参考まで。

 

雨が続いておりますが、負けずに行きましょう。成田より愛をこめて。

 

ご来店の際は、ご予約頂けます様お願い申し上げます。
スーパーご予約特典1(web予約限定)
スーパーご予約特典2(web予約限定)

1ctダイヤモンドの婚約指輪

 

こんにちはー。千葉県の成田にある婚約指輪、結婚指輪の専門店『ラムール・トゥジュール成田』でございます。では、今日も早速行ってみましょう。

 

男性が女性にプロポーズする際、昔と違って昨今は、婚約指輪を贈るケースが減っていると言われておりますが、それでも全国平均で57%くらいの男性が婚約指輪を贈っていると言われています。(首都圏で言えば、もっと少なくて、30%前後のイメージです)

 

基本的に、女性に贈る婚約指輪の価格で愛情の深さや大きさが測れる訳ではないと思いますが・・・、

 

とは言え、先日、結婚宣言が飛び出して大騒ぎになったAKBの選抜総選挙と似たような感覚があると思うのですが、

 

経済的な余裕の有る無しに関係なく、自分が応援しているメンバーに、どれだけ自分が応援しているのかを届けるがごとく、たくさん投票する為に、投票券付のCDをたくさん購入する人達がいる様に、

 

婚約指輪を選ぶ際に、どれほど君を愛しているのか、どれほど君と結婚したいと思っているのかと言う自分の想いを示すひとつの尺度として、金額的にも迫力のある婚約指輪を選ぶ方もいらっしゃると思います。

 

そんな時に、お薦めなのがこちらのアフラックスのKikka(キッカ)という商品です。
kikka

なんと、センターストーンは1ct(キャラット)仕様です。1ctと言えば、ダイヤモンドの総採掘量の中でも、極僅かしか存在しない様な大きさですので、金額も迫力がありますが、見た目の大きさ的な迫力も抜群です。

 

芸能人か有名人仕様の様な大きさですが、一般の人が選んではいけない訳でもありませんし、高額とは言え、まったく選べないほどの金額な訳でもありませんので、最愛の人を思う気持ちが誰よりも熱く強いものである方は、1ctのダイヤモンドでのプロポーズを計画されてみては如何でしょうか?

 

デザイン的には、とても洗練されていて都会的な印象があり、年齢を問わず使えるものになっていると思います。デザインのモチーフは、皇室の象徴とされる日本でも最も高潔な花である『菊』なのですが、和風感はあまり感じなく、むしろ外国製品の様な印象があるのではないでしょうか?

 

Kikkaの様にセンターストーンが大きいリングですと、手に対する大きさ的なバランスが悪くなってしまい指輪が素敵に見えなくなってしまうものも少なくありませんし、デザインそのものが少し年齢層の高い人用に見えたりするものも多々あるのですが、そういったネガティブなものは一切感じない仕上がりになっており、非常にクールでかっこいいと思います。

 

一見、婚約指輪と結婚指輪を重ねているかのように見えますが、これで婚約指輪1本です。セットになっている結婚指輪の方は、次の通りです。
kikka2

つまり、婚約指輪と結婚指輪を重ね着けする場合は、婚約指輪のセンターの大きな石の下に直線に小さなメレダイヤが並んでいる部分と結婚指輪が重なる感じになります。(動画で確認して頂けます)

 

たまたま、上記画像のレディースの結婚指輪の方がシャンパンゴールド製になっておりますが、プラチナでも、ピンクゴールドでも、イエローゴールドでもお作り出来ますし、ストレートな指輪であれば基本的に合わせられるので、婚約指輪と比べ、肉厚が極端に異なる様な指輪でなければ、別な結婚指輪と合わせても良いのではないかと思います。

 

一生に一度、一世一代のプロポーズ。1ctのダイヤモンドで、最愛の女性に、あなたの本気を見せて差し上げては如何でしょうか?

 

 Kikka動画はこちら

アフラックスサイトはこちら
※アフラックスさんのサイトでは、センターストーン込みの価格表記になっておりますが、センターのダイヤモンドは当店でご購入頂き、それをリングに乗せることも可能でございます。

彼女と微妙な関係になる恐れも…「サマンサの危機」とは

 

一昨日、表題の様なネットニュースを見つけました。

 

中身を読んでみると、人気のあるブランドではあるけれど、サマンサタバサのバックを彼女に贈るコワさに気をつけてね!という内容でした。

 

サマンサタバサは、抜群の人気を誇るブランドですが、だからと言って「とりあえず王道っぽいし…」というような安易な感じで選択してしまい、女性側が認識しているサマンサの似合う年齢層と異なる女性に贈ったりすると、プレゼントを喜んで貰えるどころか、

 

逆に「大勢と一緒にしないで」「他の女の子と一緒にしないで」という女心を解っていないダメ男として、彼女との関係が微妙になってしまうという様なお話でした。(それをサマンサ危機と言うそうです)

 

私はなんとなくそれってわかる様な気がします。

 

あまりにもよくあるベタなもの過ぎると、特別感が全くなくなってしまうと言いますか、私へのプレゼントと言うことを踏まえて、よ~く考えて選んでくれたのねって感じがしないので、つまり、あまり気持ちが込められていない感じがするということですよね。

 

よーく、わかります。

 

それは、プロポーズする時の婚約指輪にも同じようなことが言えると思います。

 

ジュエリーにあまり詳しくない男性でも名前を知っている有名なジュエリーブランドの婚約指輪を貰っている人が驚くくらい多いことに私は本当に驚きます。

 

彼女がそれを望んでいらっしゃるなら全く問題ないと思います。

 

ただ、お気持ちはわからないではありませんが、

 

ジュエリーに詳しくないから、
ジュエリーなんてよく知らないから、
そこそこ名前の知られているブランドのものなら安心だろう・・・とか、そこそこ有名なブランドだからきっと喜んでもらえるはずだ、くらいの安易な気持ちで選んでしまっているとしたら、前述の『サマンサ危機』と同様の怖さもある様な気がします。

 

それくらいそういったブランドの指輪を持っている人が多い感じがするという事です。

 

つまり、そういう定番系ブランドになりますと、かえって女心としては「大勢と一緒にしないで」「他の女の子と一緒にしないで」なんてことがあるのかもしれない様な気もしますという事です。

 

婚約指輪とは、プロポーズに使う、大事で特別な指輪ですから、バックよりもずとずっと気を遣った選び方をするべきものですので、やっぱり、色々な思いが伝わる選び方をした方が私は良いと思うんです。

 

例えば、ジュエリーやブランドに詳しくないからこそ、色々なものを見て、お店で色々教わって、詳しくないながらも、有名無名にかかわらず、一生懸命自分らしいもの、彼女に似合うものを選び抜いたとか、

 

例えば、特別感のあるお店を探し出して買いに行ったとか、

 

例えば、知られざる逸品を見つけ出したとか、

 

そして、そういう男性の取り組みに対して、それこそが彼女に対する愛情の大きさや深さとして受け止めてもらえ、指輪を貰う嬉しさだけではなく、彼女の喜びが何倍にもなるのではないでしょうか?

 

それと、もう一つ、婚約指輪の場合、身近な誰かとかぶりたくないという心理が女性には大なり小なりあるものなのです。

 

もしも、身近に、ドンかぶりの婚約指輪を持っている人が居たとしたら、どっちが真似たとか真似られたとか、ややこしい揉め事が起こりかねませんので、いつも身に着けたいと思っていても、そういった複雑な事情でなかなか身に着けられないといったことになっては、残念ですよね。

 

そういう意味では、定番系は、そういったリスクが高いと言えると思いますので、サプライズプロポーズをご計画の場合は、ジュエリーやブランドに詳しくない方ほど、気を付けてた方が良いのかもしれませんね。

婚約指輪って要るの?

 

そろそろプロポーズしようと考えている方へお伝えしたいと思います。

 

昨今は、プロポーズ時に婚約指輪を用意する人が確かに少なくはなっておりますし、婚約指輪を用意することが当たり前だった20年前と比べますと、プロポーズの後に必要となってくる結婚指輪が、結構な高額になっているという状況もあるため、彼女ご自身が婚約指輪はあまり使う頻度がないから要らないわ…と言われる方もいらっしゃるのですが、

 

婚約指輪が絶滅した存在かと言いますと、そんなことはありません。

 

全国で言えば約60%位、首都圏なら約30%位の割合で婚約指輪をもらっている女性がいると言われてもいます。

 

という事は、逆に言いいますと、首都圏であれば、70%くらいの女性が婚約指輪を貰ってないといないという事になります。

 

そこで、男性の皆様には、是非一度お考え頂きたいのですが、あなたは簡単に、あなたの最愛の人を婚約指輪を貰っていない70%側に属させてしまって良いのでしょうか?という事です。

 

女性自身は、自分が70%側だったとしても、半分以上の方になる訳ですし、今の時代的にも、それほど悲しくないのかもしれません。

 

でも、もしも30%側に入れたら、女性の嬉しさは、相当なものになるのではないでしょうか?

 

ある意味、プロポーズ時に婚約指輪を用意している首都圏の男性は、全体の30%しか存在しない『良い男』という言い方も出来るかもしれませんので、あなた自身もそちら側に入るという事になります。

 

意外と大きなことではないでしょうか?と私は、思うので、是非、彼女を喜ばせられる、30%側の男性になって欲しいと思うのです。

 

という事で、婚約指輪が要るか要らないかで言えばやはりあった方が良いのではないかと私は思います。

 

私が言うと、指輪屋が指輪を買わせようとして、色々言ってると言う風に見えるかもしれませんが、それは勿論買って頂けるなら買って頂きたいですが、買って頂きたいが為にだけで、こんなことを書いているのではありません。

 

ここで一旦確認ですが、私はここまで婚約指輪の価格的な話はしておりませんよね。

 

もしも、指輪屋が指輪を買わせようとして言っているなら、○○万円くらいの婚約指輪を贈るのが良いとか、それぐらいのものを贈りましょうとか、そんな風に言っていると思うのですが、要るか要らないかで言えば、あった方が良いとしか私は言っておりません。

 

実は、婚約指輪と言っても色々なタイプや色々な金額のものがありますし、高額なものでなければならない訳ではありませんので、懐の許す範囲で構わないと思うのです。

 

あの有名な結婚情報誌などに出ている婚約指輪の平均価格と言うと、37万くらいと書かれていたりしますが、誰しもがそういう金額の婚約指輪を選んでいる訳でもないのです。

 

婚約指輪は、給料の三か月分という言葉があることなどから、結構な金額をイメージしてしまうかもしれませんが、そんなに高額なものしか存在しない訳でもないのです。(勿論、ご予算のある方は、目一杯背伸びしてあげてください)

 

現代は、WEBでちょちょっと調べれば誰でもある程度の情報収集が出来ますし、20万円でお釣りの来るような商品も存在するので、 そういう情報に辿り着く方もいらっしゃるでしょう。

 

ただ、気を付けて頂きたいのは、高額なものには高額な理由がある様に、お安いものにもお安い理由があるものなんですが、その辺りをうやむやにぼかしながら安さだけにフォーカスして販売している様なお店やブランドが多いのです。

 

お安い理由があるにしても、色々なポイントがありますので、どのポイントを選ぶかによっては、それでその価格なら賢い買い物になる様なケースもあるのですが、お安い理由があることとその理由をきちんと教えてくれないサイトやお店が多過ぎるんです。正直に言ってしまうと売れなくなるからと思われます。

 

ジュエリーショップのスタッフには、ノルマが課せられているケースが大半ですので、どうしても売ることに必死なのです。少し言い方を変えると、とにかく買わせようというスタンスであることが多いという事です。

 

そういう中で、フラットな目線での意見や情報など提供してもらえるでしょうか?

 

難しそうですよね。

 

結局、自店に都合の良い事しか言わないことが多くなってしまうのです。特に、ブランドのブティックは、自社商品しか扱っていないので、そういう傾向が強いと言われています。

 

婚約指輪も高額なものしかない訳ではありませんし、彼女の為にもあなたの為にも是非ご検討頂ければと思います。当店は、常に正直ベースで、お客様のことをきちんと考えてやっておりますので、ご心配な方は、是非ご相談頂ければと思います。

 

ちなみに、ご予算的なことで言えば、エタニティタイプの婚約指輪なら、10万円以内で購入することが出来るものも存在しますし、むしろ普段使いしやすい婚約指輪とも言えますので、そういう選択肢も悪くないと思いますよ。

 

また、渡すタイミングですが、プロポーズの時を逃してしまっても、挙式やフォトウエディングに合わせてサプライズで婚約指輪を渡すなんていうのも、むしろ出来る男の粋な演出になり得ますし、最愛の人を笑顔に出来るひとつの魔法かもしれません。

 

この記事に出会った方は、運命に導かれているかもしれませんので、是非、検討してみて頂ければと思います。

 

という事で、千葉県成田市より愛を込めて。