知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: コラニー

業界の可能性を広げた結婚指輪 その1

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、今日は昨日に続き、コラニーさんの新作マリッジリングのご紹介です。

 

四の五の言わずに今日もまずは画像をお見せしたいと思います。

op3m

ムムム・・・、見ている方々の声が聞こえてきそうですが、何じゃこれゃ~(松田優作さん演じるジーパン刑事風って、古すぎて誰もわからないかも…泣)

 

ここまで変わったタイプの指輪となると、正直、説明するのが少々面倒臭いです(;^ω^)。

 

だって、どう言ったら、出来るだけわかり易く、できるだけそのまんまに、伝えられるのかもうわかりましぇんって感じだからです。

 

しかしながら、手を抜くと例のM男さんに、怒られるので根性で頑張ります。笑

 

まず、重なっている上側のリングがレディースです。

 

お花のモチーフが見て取れますが、奥が出っ張っているタイプで、手前側が彫りで形どっている感じになります。凸×1、凹×4の組み合わせです。まずは、この数のバランスで凸凹混在と言うのが斬新ですね。

 

でもって、出っ張っている方のお花の中心にメレダイヤを入れたくなりそうなところですが、あえて、そちらには入れず、彫ってある方に入れているてところが、HISAKOさんっぽいと言うのか、コラニーさんっぽいと言うのか、私からすると、いかにも『らしい・・・』って感じがします。

 

(お花4つのところ全部にメレダイヤを入れずに、3つだけ入れるっていうのもね・・・)

 

しかしながら、一般の方々からすると、この感じが良い意味で、予想に反している、裏切っている、感じとなり、魅力的になるのではないでしょうか?

 

そしてまた、これが・・・、上記画像の向きからすると、出っ張っているお花が指輪の中央に位置する様な感じがしますよね。しかしながら、それがそうではないんです。

op3ml

じゃーん、これが正面です。このバランス感かっこよくないですか?

 

レディースのリングにかっこいいという表現ってどうかと思いますが、メレダイヤの位置とのバランスとかも抜群だと思います。かっこいいんです。素敵です。

 

アシンメトリー(左右非対称)のデザインと言うのは、このバランスをとるというところが滅茶苦茶難しいんですが、いやーこれだけ色々と混在させながら、このバランス感に仕上げているというのは、流石の一言に尽きますね。お見事です。

 

HISAKOさんって、どちらかと言うと、おっとりしたというか、ほんわかしたというか、そういう感じの人なんですが、デザインという仕事に於いては、切れ者と言えますね。

 

私は最初に、この指輪を見た時に、これってコラニー風ハワイアンっていう分野なのか?と一瞬頭をよぎったのですが、ハワイアンと言うのは、模様に全て意味があって、お花に関しては、大抵の場合、と言うか、本格ハワイアンなら普通は、プルメリアかハイビスカスとして、入っているもんなんですね。

 

ところが、このオーパス3のマリッジリングに入っているお花は、具体的に何のお花をモチーフにしているのかマニュアルにも一切説明されていません。(エンゲージも同様)

 

これまでのコラニーさんの商品には、極一部を除いて、樹々やお花の名前が商品名として付けられており、マニュアルには、ご丁寧に、商品ごとにそれぞれの樹々やお花の写真までついているのですが、この商品は、これだけお花っぽくしているのに、あえて具体的なお花の名前も明かされてはいないし、説明もされていないのです。

 

また、商品マニュアルのこのオーパス3のページには、色々なお花が混在したイメージイラストが描かれています。具体的な名前のある商品は写真なのに・・・、こんなにお花っぽい商品なのに・・・、写真ではなくイメージイラストなんです。

 

なるほど~と思いました。

 

これってあえて具体的なお花を示さずに、使う人それぞれに思い思いのお花を思い浮かべて頂こうという狙いがあるんだな?と・・・。

 

勿論、私が勝手に思ったことではありますが・・・、そうだとしたら凄いですよね。

 

コラニーさんとしてもこれまでと180度違う方向ですし、モチーフを具体的にどう表現するかと言う部分で勝負しているデザインが多い業界の中で、あえて具体的にしないことで、多くの人の気持ちに寄り添えるようなタイプの指輪にしてしまっているってことです。

 

いやはや、ここまでくると、ちょっと怖ささえ感じますね。

 

ということで、モチーフに具体的な対象が無いという意味では、ハワイアンと言う解釈にはならないですし、彫りの感じもハワイアンとは異質なものなので、どうやらハワイアンの派生という分野でもなさそうです。

 

となると、やはり、新しいジャンル、新しい分野なのかもしれません。

 

これだけ多くの商品が溢れかえっている、完全な成熟市場に於いて、新しい分野を生み出したとなると、これはただならぬことです。業界の可能性を広げたとも言えるでしょう。

 

正にGood Job。正にビックリポンです。

 

大袈裟な感じに聞こえたかもしれませんが、実際にはとてもキュートなリングになっていますので、是非、店頭でご試着頂ければと思う次第です。メロメロになる人も多いのではないかと思います。(*^^*)

 

今日は、流石に私も疲れたので、メンズの方は、また次回ということで。

凄いとしか言いようがない・・・婚約指輪

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、ついにベールを脱いだコラニーさんの新作の登場です。オーパス3と言います。

 

セットリングタイプですが、今日は、その内の1本エンゲージリングからご紹介した行きたいと思います。

 

つべこべ言わずにまずは、画像をお見せしたいと思います。こちらです。

op3e

まず、最初に、私が驚いたのは、何と言ってもそのジャンル感です。(ジャンル感なんて言葉があるのかわかりませんが・・・笑)

 

これは、一体、何と言うジャンル、なんという分野に属するタイプのエンゲージリングなのでしょうか?

 

私も一応プロの端くれなので、当店で扱っているブランド以外にも、相当多くの商品を見て来ましたが、こんなの見たことありません。(こんなの・・・は悪い意味ではありません)

 

彫っていないハワイアンとでも言いましょうか?

 

ダイヤとリングの間を立体的なお花が取り巻いているのです。凄いです。ガチで。

 

どう見たって難しい作りです。

 

この立体的な装飾と言うのかデザインと言うのか?かなり奇跡に近いものの様な気がします。

 

と言うのは、まず、これは次のことが揃わなければ絶対にできなかったであろうリングだからです。

 

まずは、デザインです。

 

前述した通り、何と言うジャンルに属するのだろうか?と思ってしまうほど、完全にオリジナルな佇まいをしています。

 

私は、コラニーさんのデザイナーのHISAKOさんとも親しくさせて頂いているし、彼女が優秀なデザイナーさんであることは、世界で1番目か2番目くらいには知っているつもりですが、これはちょっと多くの事を一気に超越してしまった感じですね。

 

HISAKOさんは、この完成形を頭に思い描いてデザインを描いたのだと思いますが、本当に良く描けたなぁと思うんです。

 

だって、これって、普通なら職人さんの『こんなのできないよ~』の一言で片づけられてしまいそうなくらいぶっ飛んだデザインですから・・・。

 

何となく真似ることは出来たとしても、細部まで美しく仕上げることを考えたら、このデザインは超一流の職人しか出来ないくらいのレベルです。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、このレベルに仕上げられる職人さんが地球上に果たして何人いるのだろうかと思うくらいのレベルなんです。

 

恐らく、超凄腕の職人さん(小澤さん)が居なかったら、事前に、実現性を考慮してしまって、HISAKOさんもここまでのデザインを描けなかったのではないかと思うんです。

 

でも、もしかすると、超一流の腕を持っていても、匠(小澤さん)の心の声としては、最初にデザインを見た時に『おいおい、無茶言うなよなぁ~』と思っていたかもしれないですね。

 

そうだとすると、お互いがお互いのポテンシャルを引き上げている関係ということになるので、凄いですね。かっこ良過ぎます。プロジェクトXか、情熱大陸、あたりで特集して欲しいくらいです(笑)

 

いずれにしても、優秀なデザイナーさんと超一流の職人さんのタッグだからこそ出来たリングであることは間違いないと思われます。

 

しかしそれだけでは、ありません。

 

これを商品化すると決めた人が居ます。それが、コラニーさんの若月社長です。

 

業界では、有名な人ですが、あまり顔を出していないので、一般の方はあまりご存知ないと思いますが、この人が良い意味で曲者です。

 

いつも怖いくらいニコニコしていますが、結構な頑固者です。(ばらしたった~)

 

私より大分若い人ですが、この私がですよ、こっぴどく叱られることが良くあるくらいです(笑)

 

ですが、根本的にとても良い人です。

 

多分、私と同じで、どんなことを判断する時も『良心』を基準に判断していると思います。本人からは聞いたことがありませんが、お付き合いしていて常々そう感じる、そんな人です。だから、好きです。

 

社長がどんな人かは、また別な機会に改めるとして・・・

 

新作投入と言うのは、開発に投資した金額が回収できなければならないので、商品の位置づけや価値と価格のバランス感など、最終的な責任を持って商品化を決断するというところが最も大事な事なんです。

 

新作の当たり外れによって、ブランドの方向性や事業としての成否など大きくかかわってきますので、大きな決断になる訳です。おまけに、これだけの商品ですからね、結構な決断だったと思います。

 

(普通なら、それだけでも十分凄い事なのですが、私が勝手に想像するに、若月社長の場合、恐らく、『次はこういうを作れ~』と、自分が言い出しっぺで、わざわざ超難しい事を要求したのかもしれませんので、そうだとすると、完全にMですから、更に凄いですね。笑)

 

ということで、かなり凄いこのオーパス3という商品は、この3人のキーマンが居なければ絶対に成り立たなかったであろう奇跡の商品だと思う訳です。(もしかして、だからオーパス3なのか~?)

 

是非、店頭で見て頂ければと思います。

 

しかし、見事なくらい最初から最後まで『凄い』しか言ってない、タイトル通りのブログでした~
(そういう意味だったの~笑)

 

次回は、マリッジリングの方をご紹介したいと思います。

結婚指輪としても婚約指輪としてもOK!

Joeです。

 

いつもありがとうございます。

 

今日は、コラニーさんのシロヤシオをご紹介したいと思います。

シロヤシオcut

ご覧頂ける通り、キラキラ好きな方にはよだれもののキラキラです。

 

ハーフエタニティというリングの半周にダイヤが留まっているタイプです。

 

ですが、一般的な、ダイヤが一列に並んでいるタイプではなく、何とダイヤは、3列になっており、両端が12石ずつ、真ん中が13石になっています。

 

敷き詰められたダイヤは、パヴェセッティングと言う留め方になるのですが、合計37石をひとつひとつしっかりと4本の爪で留めており、繊細なものがしっかりと作られているというリングになります。

 

お若い方には、このリングのかっこよさが少し伝わりにくいかも知れませんが、この指輪は、かなりかっこいいです。

 

まず、このシロヤシオを身に着けているとジュエリーの上級者に見えますので、それだけでかっこいいのですが、30歳を過ぎたらその魅力ビームの破壊力たるや抜群であることを感じて頂ける様な大人の女性仕様になっています。

 

そのまま、スタンダード仕様でも十分美しく、優雅で素敵な指輪ですが、せっかくダイヤが沢山ありますから、少しカラーダイヤでアレンジするパターンをちょっとだけご提案したいと思います。

 

ということで、真ん中の一列だけ、つまり、中央の列の13石をピンクダイヤにアレンジして、3列の中央だけピンクのラインにするなんてアレンジは如何でしょうか?

 

または、飛び飛びにピンクが散らばっている感じも素敵かもしれません。しかし、ピンクダイヤでアレンジしますと価格が結構行きますので、青がお好きな方なら、ブルーダイヤと言う手もあります。

 

ブルーなら料金は変わりませんし、スカイブルー(少し濃い目の青)とアイスブルー(薄い水色)とホワイト(透明)という構成に成る様に、青系ダイヤを散りばめたら、想像するだけでワクワクするくらい素敵なバージョンになるのではないでしょうか?

 

考えるだけでも楽しいですね。男の私でも欲しくなる感じです。

 

また、作りの面でも、表面の滑らかさを出す様な工夫がされており、そういうところが、一つも二つも上のクラス感を出しています。是非、手に取って見て頂ければなぁと思う逸品です。

 

ちなみに、シロヤシオとは白い花を咲かせる樹なのですが、樹言葉は『愛の喜び』です。

 

将来、マイホームの庭先にお二人のシンボルツリーとしてシロヤシオを植えるなんて言うのも素敵だと思います。白い花が咲くたびに、あの頃の『愛の喜び』を思い出すのではないでしょうか?

結婚指輪 ピンクダイヤとブルーダイヤのアレンジ

Joeです。いつもありがとうございます。今日は清々しい成田です。

 

さて、今日は、レディース用にピンクダイヤ、メンズ用にブルーダイヤ、そんなアレンジをしてみると言うのは、如何でしょうか?と言うお話です。

re-70 - コピー500x500

画像を見る限りでは、結構ファンシーに見えると思うのですが、実は、実際に肉眼で見るとここまで色がはっきり見えるものではありません。

 

もっと、そこはかとない淡い色になっています(画像はわかり易くするために少し加工している為に色がはっきり見えるようになっています)。ブルーの方もブルーとは言え、一般的にアイスブルーと呼ばれる青と言うより、水色に近い色ですので、どちらも1mくらい離れたらところから見れば、色がほとんどわからないくらいです。

 

そうなんです。淡い色系のダイヤモンドは、殆ど自己満足の世界くらいに考えて頂ければと思います。

 

そういう風に書きますとマイナスイメージに聞こえるかもしれませんが、主張し過ぎない、その淡さ、そのさり気なさがむしろ良いと思う訳です。

 

また、色のことだけでなく、天然のピンクダイヤの希少性は以前にも書いた通りですし、ブルーは誠実を示す色なので、ご主人の結婚指輪に入れておくことで、色々な意味で抑止力になるという話も良く聞きます(笑)。

 

かっこいいブルーダイヤの結婚指輪

可愛いピンクダイヤの結婚指輪

さり気なくこだわりたい結婚指輪

キュートな結婚指輪

お洒落な結婚指輪

等々をお探しの方は、プレーンなタイプをベースにして、そんな風にアレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?いつでもご相談下さいませ。

 

画像は、コラニーさんのハーモニーと言うリングのペアです。

結婚指輪 高額なものだけが高級品じゃない!

いつもありがとうございます。

 

以前、小栗旬さんと山田優さんが結婚される時、小栗旬さんが贈ったというハリーウインストンの指輪がTVで随分と取り上げられていました。値段も相当な額でビックリしました。あのレベルの金額になると芸能人とか有名人仕様と言う感じがすると思います。

 

今日は、そんな時に思ったのですが…、

「これは高級品だよ」と聞くと、きっと高額なんだろうなぁと当然の様に予想してしまうと思います。

 

誰もがそうだと思いますが、実はそうでもありません。

 

高級品=高額品であれば、高級品などと言う言葉はきっと出来なかったでしょう。

 

意味が違うからこそ、それぞれの言葉があると思うのです。という理屈に基づいて、今日は私の考えるブライダルリングにおける高級品について書きたいと思います。

 

具体的に当店にあるブランドで例えたいと思います。例えば、コラニーさんです。

 

コラニーさんのリングは、品質に定評がありますが、実際に皆さんの想像以上の造りです。それがわかるエピソードをひとつご紹介します。

 

イギリスの元皇太子妃のダイアナさんを憶えていらっしゃいますか?

ダイアナさんが初めて来日された時、ダイアナフィーバーが起こった訳ですが、その時に身に着けていたイヤリングは「ゲインズボロー」というブランドの物でした。

 

ゲインズボローは日本の「WAKATSUKI」という会社が作っていたオリジナルブランドなのですが、ダイアナさんが身に着けていたと言う事はイギリス王室御用達のブランドと言う事です。

 

つまり、簡単に言って凄い!ってことなのです。

 

「WAKATSUKI」は諸般の事情により、現在会社は無いのですが、当時、あの世界的に有名なブランドのT社やC社などの厳しい審査基準をクリアして、下請けもやれたぐらいの、日本を代表する程の実力のある会社でした。

 

その時に「WAKATSUKI」で働いていた職人さん達が現在作っているのが「コラニー」なのです。

 

以前、コラニーの社長さんから日本で一番コラニーの商品に精通している店として認定された当店は、コラニーさんに招かれ、スタッフ全員泊まりがけでコラニーさんに研修に行ったこともあるので知っているのですが、

 

コラニーさんというブランドは・・・、技能オリンピックで金メダルを取り日本一の称号を持つ、有名な匠で・・・、天才職人兄弟と呼ばれる小澤兄弟が率いている職人軍団と言うだけでも凄いのですが…、

 

それだけでなく驚く事に、コラニーさんの職人9人中、7人の職人さんが一級技能士、2人が二級技能士なのです。一級技能士と言うのは大体一つのメーカーに一人くらいしかいないくらいかなりの腕前の職人さんが持つ称号です。ひとりもいない会社もあるくらいです。

 

つまり、コラニーさんの工房は指輪作りに於いて、野球で言えばオールスターチーム、サッカーで言えば日本代表チームみたいな感じな訳です。これには正直驚きました。

 

そんな職人さん達が職人としての誇りをかけて魂込めて作っているのがコラニーのリングな訳ですから、コラニーの指輪がどの様なレベルのものかお解り頂けるでしょう。

 

確かに、コラニーさんの指輪の価格は決して安いものではありませんが、そうは言ってもペアで30万前後ですので、前述したハリーウインストンと比べたら全然高いものではありません。

 

ですが、品質も技術も全くひけはとらないものなのです。勝るとも劣らずなのです。

 

これを高級品と呼ばずして何と呼ぶのでしょうか?

 

つまり、高級品=高額品ではないと言う事なのです。有名なものだけが高級品とも限らないのです。

 

お解り頂けたでしょうか?

 

他のブランドにも色々とお伝えしたいことがありますが、今日のところはこの辺りにしておきたいと思います。

 

ですが、この様な話は、当店が多くのブランドを取り扱っているセレクトショップだからわかる事と言えるかもしれません。

 

セレクトショップで取り扱われているブランドは、多くの実力あるブランドの商品と並んでいる中で、お客様に選ばれる輝きを放たなければなりません。

 

つまり、その為に各ブランドはおごることなく、しのぎを削って日々技術や品質の向上に取り組んでいるのです。

 

自社ブランド商品のみを販売している大手チェーン店系のブティックとは、明らかに環境が違い、厳しい世界で常にブラッシュアップを余儀なくされているのです。

 

ですから、皆様が結婚指輪や婚約指輪をお買いになる際は、金額や知名度だけで判断してしまってはもったいないと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。