知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: ミオリング

ミオリングの和彫りについて

 

ミオリングの彫刻は全て、刀の鍔(ツバ)や簪(カンザシ)などで培われてきた『鏨(タガネ)彫り』(和彫りとも言われる)の手法による手彫りであり、千年以上前から脈々と受け継がれてきた日本の伝統技法になります。

 

特徴としては、キラキラとした輝き・正確さとダイナミックさです。左手にタガネ、右手に小槌を持って、小槌でタガネを叩きながら彫刻する為、カット面が生まれ、模様がミラーボールの様にキラキラと輝きます。

 

また、細かく叩くことで、シャープな陰影とダイナミックな模様が表現できるのですが、リングの様な狭い表面に和彫りで花や模様を彫刻するのは至難の業なのです。

 

技術的な特徴もさることながら、職人が育つまでに長い時間が必要なため、現在国内でこのような和彫りの彫刻が出来る彫師は数えるほどしかいないので、和彫り模様の入った結婚指輪は、特別感がある様に思います。

 

ミオリングの彫刻は、全て国家資格として認定された『伝統工芸士』が手彫りで一点づつ彫刻を行っています。なんと江戸時代から系譜の続く名門の彫師であり、職人というより、芸術家に近い感じですので、ミオリングの彫り系商品は、量販される一般的な彫刻リングとは一線を隔す技術であり、彫刻ジュエリーとしては、トップレベルのものと言えるでしょう。

 

ちなみに、耐久性に関しては、数年の使用で彫刻が消えてしまう事はありませんが、20~30年と言った長期のご使用の場合は、金属の表面が潰れたり、傷や凸凹によって彫りの模様が見えにくくなり場合がありますが、この場合は、『上彫り(うわぼり)』という手法で、新品同様に彫り直すことも出来ますので、ご安心ください。

 

という事で、魅惑のミオリングの和彫り、残念ながら画像ではその魅力的なキラキラは見えませんので、店頭で是非ご覧頂ければと思います。

ミオリングの和唐草

<和彫りの美しさは伝統工芸士ならではのもの>

 

千葉県成田市より愛を込めて。

 

 

結婚指輪 高いからプレミアムなんじゃない

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、以前、アイスのTVCMで、私の大好きな木村文乃さんが言ってました。

 

『(値段が)高いからプレミアムなんじゃない!』

『美味しいからプレミアムなんです!』 と・・・

 

これって、結婚指輪も同じ様な気がします。

 

プレミアムなリングも、プレミアムという評価に相応しい内容が伴っているからプレミアムなんです。品質が良いとか、腕の良い職人が造っているとか、良いダイヤを使っているとか…

 

なのに、値段が高いだけで中身の伴ってないものが意外とあるんですよね~。

 

当店にある私がプレミアムなブランドと思っているブランドの例えば、

 

『マリアージュ』さんとか、

『コラニー』さんとか、

『プアアリ』さんとか、

『ミオリング』さんとかの商品などは、

 

むしろ、その内容からすると、かなりお手頃な価格になっているくらいだと思います。

 

そういうのと比べると、ホンマかいな~と思う様な価格で売られている『なんちゃってプレミアム』って感じの商品が世の中には結構あるんですよね。

 

一般の方は、本当の意味でプレミアムなものと、なんちゃってプレミアムとの見分けなんて、なかなかつかないと思うので、私は少々心配です。

 

ですが、見分け方のひとつの目安として言えば、

 

高額な商品なら基本的に金属の量が多いだけでなく、お店の店員さんが説明してくれる内容の中に価格の高い理由やプレミアムな理由が沢山あるはずなので

 

もしも、説明してくれる内容が薄いものだったり、お似合いですよ~ばかりで、商品の価値に関係してくる部分の説明が少なかったら、『なんちゃって』の可能性が高いかもしれませんので、

 

少なくとも即決する様な購入の仕方は、避けておかれた方が良いと思います。

 

今は、ネットで色々調べられる時代ですから、少し調べれば、何となくは解る可能性もあると思いますので、そういう面も確認の上で検討された方が良いと思います。

 

ということでご参考まで。

MIO RING プライスオフ&クリスマスフェア

2015年11月1日~12月31日の間、ミオリングのプラチナ製品は、定価より5%OFFになります。(当店の値引き・割引ではなく、メーカー提供です。)

 

また、マリッジリングペアをご成約頂いたお客様には次の特典がプレゼントとなります。(5%OFFと併用可です。)

 

お一人様につき、メレダイヤ 又は、誕生石のお好きな方を1石無料でセット。(お二人様に合計2石)

 

ダイヤモンドの種類は、ホワイト、ブルー、アクアブルー、アイスピンク、グリーン、ライトグリーン、イエロー、ブラック、コニャックのいずれか、

 

誕生石は、ガーネット、アメジスト、アクアマリン、ダイヤモンド、エメラルド、ムーンストーン、ルビー、ペリドット、サファイア、ピンクトルマリン、ブルートパーズ、タンザナイトになります。

meikyou_Mizumoku - コピー (2)

 

このチャンスお見逃しなく、これもご縁だと思います。千葉県成田市より愛を込めて・・・

無形文化遺産を埋め込んだ結婚指輪

いつもありがとうございます。

 

さて・・・、これから少しづつ以下の様に動画を使って商品のご紹介をしていきたいと思います。

 

新しい取り組みであり、台本なしのフリートークでやりますので、上手くいかない部分も多々あると思いますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

第一回目の今回ご紹介いたしますのは、昨年、日本の『和紙』がユネスコの無形文化遺産の登録されたというニュースがありましたが、丁度、当店の取扱商品の中に

 

『和紙のテクスチャー』を持つ指輪がございますので、無形文化遺産登録記念にちなみまして、そちらの指輪をご紹介したいと思います。

 

和の伝統美を凝縮した逸品を作ると言う事で、名高いメーカー、ミオリングさんの『明燈(あけび)』という商品です。

 

世界に認められた無形文化遺産が埋め込まれた結婚指輪です。それではご覧下さい。

如何だったでしょうか?かなり苦労して(TAKE100くらいはやりました・・・)ので、嘘でも良かったと誉めて頂けると嬉しいです。

 

しかし、世界に認められるっていうのは凄いですね。

 

ちなみに、成田と言えば、空港、新勝寺が有名ですが、他にも世界に誇れるもの色々あるんですよ。鰻屋さんとか、なごみの米屋さんの羊羹とか、リッチモンドホテル1Fステラさんのモヒートとか、ラ・クレマンティーヌさんのケーキとか・・・

 

と言う事で、今回はこの辺で。

かっこいい結婚指輪 葉漏陽

honoka_Komorebi - コピー

千葉県で当店が唯一の取扱店になっているミオリングの葉漏陽をご紹介したいと思います。

 

その前に、おさらいとして、まず、ミオリングと言うブランドの特徴を簡単にご説明しますと、和の伝統美を凝縮した指輪達と言う感じだと思います。

 

作りは本格派であり、和風と言うより、和そのものな感じです。
和の美しさを表現しているというそんな印象のブランドさんです。

 

例えば、和紙、漆(うるし)、縄目、和彫り、槌目、透かしなどの和の伝統美を使って、独特な世界観を作り上げています。

 

マテリアルの方も赤銅、萌黄金、桜ゴールド、ブラックルテニウムコーティングなど、他メーカーさんではあまり見られないものも用意されています。

 

100年以上の歴史に裏打ちされた技術と美しさを是非ご覧頂ければと思います。

 

では、本題の葉漏陽のご紹介です。
幅の広いメンズの方はブラックルテニウムコーティングという黒くてかっこいいコーティングです。

 

おまけに、Black on Blackと言う事で、ブラックダイヤもついています。ボリューム感もしっかりとあり、メンズの結婚指輪としては、ひえーかっこいい~と言う感じではないでしょうか?

 

指輪の表面には、ツヤ仕上げの部分とザラザラした部分がありますが、実はこのザラザラした部分は、和紙のテクスチャーになっています。本物の和紙を使って、和紙のテクスチャーを指輪に付けているのです。

 

手間のかかることをやっています。流石、それが職人技と言うものだと感じます。ツヤ消しとツヤ仕上げのコントラストやヘアーラインとツヤのコントラストになっている指輪は良く見ますが、和紙とツヤという組み合わせは、この仕事をしている私でも初めて見ました。とても珍しいと思います。

 

ブラックのコーティングを、する、しないは自由ですので、必要のない場合は、コーティングをしないことも可能です。

 

ちなみに、指輪はどうしても時間と共に傷がつくものですので、ブラックルテニウムコーティングもいずれ生活の中で傷がついて中の金属が見えて来る時が来ます。

 

そういう意味では、中身の金種をイエローゴールドやピンクゴールドにしておくと、ブラックの中から、イエローゴールドやピンクゴールドの色が出て来るということになり面白いかもしれません。

 

特に、ミオリングさんの場合、和をテーマにしている部分で日本の四季になぞって変化する美しさと言う部分も考えているそうですから・・・、それにも当てはまりミオリングっぽさが増すのかもしれません。勿論、中身が見えてくる前に、綺麗にコーティングをかけ直すことも可能です。