知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: ラプレッツァ

2連のエンゲージリング(婚約指輪)

いつもありがとうございます。

 

今日は、極めて珍しい2連のエンゲージリング(婚約指輪)のご紹介です。

 

そもそも、2連のリング自体が珍しいので、婚約指輪となると珍しさに輪をかける感じです。つまり、珍しいと言う意味ではかなり目立つと思います。

 

個人的には、自分の結婚指輪が2連のせいもあって、かなり好みです。

 

2本のリングが動くので都度表情が変わる為、飽きが来にくいし、今日まで他に2連の結婚指輪を着けている人を見たことが無いので、被らないと言う意味でも満足度が高いですね。

 

ちなみに、20年ほど前に私が2連の結婚指輪を選んだ理由は、離れられないという意味に引っ掛けた訳ですが、20年も経つとたまには離れてみたい時がありますね。(こんなこと言ってるのがばれたら大変ですが・・・)

 

さて、余計な話はこのくらいにして、本題に入りましょう。ご紹介したいのは、これです。画像をご覧下さい。ラプレッツァの商品です。ラプレッツァはファッションジュエリーもやっているせいもあって、ブライダルの分野に縛られない感じのリングが結構あるんですよね~。(画像のリングサイズが緩いのでその点はお許し下さい。)

2連12連2

センターストーンの大きいメインのリングと0.1カラットの大き目のメレが付いたサブのリングという2本構成になっています。(2つのリングはつながっており、離れませんので、1本づつ別々に使うことは残念ながら出来ません。)

2連4

画像は、ダイヤはどちらも透明で、リングはどちらもプラチナ(Pt900)になっていますが、これが色々とアレンジも出来るんです。

 

たとえば、メインリングのセンターストーンはエンゲージの王道で透明のダイヤにして、サブリングのメレダイヤをどちらか(自分又は彼女)の誕生石にするなんていうのは素敵ではないでしょうか?

 

次の画像はメインリングがダイヤでサブリングがエメラルドになっている例です。誕生石は守護石と言って、お守り代わりのもなりますしね。もしも、彼女が4月生まれ(誕生石はダイヤ)で、自分が5月生まれ(誕生石はエメラルド)だったりすると、2つのリングは離れられない関係にありますし、ちょっと素敵じゃないでしょうか?

2連5

聞くまでもない程素敵ですよね。予算に余裕があればメレ(サブリング)をピンクダイヤにすると言うのも迫力がありますね。メレダイヤと言っても0.1ct(カラット)ありますから・・・値段は結構行くかも知れませんが、その分迫力が違います。

 

アレンジできるのは、石の方ばかりではありません。リングの素材を変えると言うのも良いですよ~。

 

メインのリングの方はプラチナにして、サブリングの方は18金のピンクゴールド又はイエローゴールドにしてみたらこれがまたお洒落です。(ちなみに、私の結婚指輪はPt900と18金イエローゴールドの2連です。我ながらかっこいい~なんちゃって)

 

プラチナにこだわりが無ければ、ピンクゴールドとイエローゴールドの2連にするのもレア感が高まるかもしれません。

 

2個のセンターストーンの種類を変えるのと2本のリングの素材を変えて色々な組み合わせをすると、何だか数えるのが嫌になるくらいの組み合わせ数がありますので、こだわりたい方はかなりの満足度に仕上げられると思います。

 

リングの素材を変えた画像をお見せできないのが大変残念ですが、店頭で是非手にとって見て頂ければと思います。

ブライダルジュエリー専門じゃないブランド

千葉県成田市の結婚指輪屋から、ラプレッツァというブランドをご紹介したいと思います。

 

ラプレッツァは、当店で扱っている他のブランドの様なブライダルジュエリーの専門ブランドではありません。ファッション~ブライダルまで扱う守備範囲の広い総合ジュエリーブランドと言う感じです。

8147103104LA0012

イメージ的に言うと、アーカー、アガット、4℃といったブランドと近い感じだと思います。かつては、一緒に、それらのブランドと共にプラチナギルドから認定を受けていたので、良く一緒に雑誌に特集されていたりもしました。そう聞くと、結構凄い感じがすると思います。

 

なぜ、この点をご説明させて頂いているかと言いますと、私が考えるラプレッツァの特徴としては、ブライダルジュエリー専門でないブランドだからこその良さがあると思うからなんです。

 

ブライダル専門じゃないからこその、縛りのないデザイン感って言うのでしょうか?自由な発想のデザイン感があると思います。

 

定番系も、わずかに、ファッション寄りのバランスでデザインされていたりしますし、殆どファッション側に振り切っている感じのものもあり、そこまでとなるとなかなか珍しいと思います。珍しいと言う事は、希少と言う事でもありますので、そこに価値がある事はご理解頂けると思います。

 

当店の場合、特にセレクトショップと言う業態ですので、やはり、色々なタイプが一堂に会しているというメリットを有効に作用させる為には、バラエティに富んだラインナップが必要となりますし、ブライダルジュエリーブランドの商品と直接並べて見比べらてみると、細部の違いなどが確認でき、結構面白いものなので、ラプレッツァのそのポジションと言うのは、お店にとってもかなり重要になっていると思います。

 

専門と言う良さもありますが、総合という良さもまた然りということで、そういったものも含めながら結婚指輪探しをされるのも私は良いと思います。

 

千葉県成田市に良い店もありますので…