知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: ディアレスト

リボンの形のエンゲージリング

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、今日は、可愛いエンゲージリングをご紹介したいと思います。こちらです。

_MG_3833 (2)

お解り頂けるでしょうか?リボンの形をしているエンゲージリングです。

 

この画像ではわかりにくいかも知れませんが、センターストーンの両脇のリボンの折り返しの様になっているところは、本当のリボンの様にちゃんと中に空間が出来ているので、まさにリボンの様になっております。

 

そういう意味では、横顔も立体的になっているタイプで、ちらっちらっと、見える感じがただものでは無い感じを漂わせている様な気もします。

 

画像は0.5カラットの大きなダイヤモンドがセンターについているので、迫力がありますが、センターストーンのサイズが0.2~0.3カラットくらいになりますと、キュート感が増してくる感じです。

 

両脇についているメレダイヤは、左右リボンに3個ずつ、その先の腕に2個ずつ、計10個ついていますが、数を減らすことも可能です。例えば、リボン部(3個ずつ)だけにして、その先の腕のところ(2個)は、抜いてしまうということなども可能ということです。

 

また、こちらのメーカーさんは、メレダイヤにカットグレードがエクセレントクラスの良いものを標準仕様にしているので、変えてしまうのは、ある意味もったいない様な気もしますが、ピンクダイヤやアイスブルーダイヤなどに、何個か変更するのも可愛さマシマシには、良いかもしれません。

 

可愛いのは確かだけど、将来を考えたらどうなの?って思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは、画像の様にアップで見るものではありませんし、ご試着頂ければご理解頂けますが、実際には指にリボンを巻いている様な感じがするようなものでは無く、アンティークな分野に入る様な、エレガント&キュートなタイプのリングであり、ブリブリぶりっ子な可愛さではありませんので、末永く品良くお使い頂けるリングになっています。

 

むしろ、大人の女性が身に着けていると、さりげなくお洒落や可愛さを楽しんでいる様な余裕感を感じさせる指輪だと思います。

 

是非店頭で、リングテイスティングをして頂きたい逸品です。

 

ということで、ディアレストさんのHeureux(ウール)をご紹介させて頂きました~。

ハッピークリスマスフェア

フェアのお知らせです。いつもありがとうございます。

 

『ディアレスト』、又は、『マリプレ』のリングをご成約で『リングの内側へ、1本につき、シークレットストーンを2石セッティング』をプレゼント。(2015年12月31日まで)

内石2石

また、2本以上ご成約の場合は、プレゼント内容を、クリスマス限定スワロフスキーの『デコレーションジュエリーボックス』に変更することも可能です。

デコジュエリーBOX

プラチナの純度が選べる結婚指輪

いつもありがとうございます。

 

季節変わりのせいでしょうか、毎年これくらいの時期になると一番忙しくなる時期にも関わらず身体のあちこちが悲鳴をあげてきます。老体に鞭を打って毎日、松戸から片道約45kmを通っていることもあり、仕方ないと思いますが、そんなことにめげずに頑張って行きたいと思います。

 

今日は、プラチナの純度が選べるメーカーさんがあるんです!というお話です。

 

日本で結婚指輪用のプラチナ純度として最もポピュラーなのは、90%純度のPt900で、次に欧米で基準となっている95%純度のPt950、そして、純プラチナと呼ばれるPt1000(最近はPt999と書きます)という順で使われています。

 

多くのメーカーさんは、その内1種類だけを固定で使っているのですが、実は、今日のタイトルの様に、プラチナの純度を選ぶことが可能なメーカーさんもあったりするので、そこのところをご紹介したいと思います。その前に、

 

プラチナの純度が濃い方が何となく良いものの様な気がするかも知れませんが、一般的には、純度の濃い方が強度が柔らかくなるため、比較上、純度が濃い分価格は上がるのに、曲がり易くなる、傷つきやすくなるとも言えるので、高純度=良いもの、みたいなイメージだけで選ぶのは早計かもしれません。

 

しかしながら、100%のプラチナ(特に強度を上げる細工をしていないもの)は、柔らかい分、しっとりと濡れた様な質感があり、うっとりしてしまう何とも言えない素敵さを感じる部分を持っているという面もあります。

 

また、純度60%以下のものを使っているブランドも存在し、純度が低い分価格はかなりお安くなっているのも事実なので、それだって見る角度によっては大きなメリットとも言える訳です。(プラチナと呼んで良いものか多少疑問に思うところはありますが、一応Pt○○○と表記されているので・・・)

 

以前にも書きました通り、ジュエリーの世界は、良い悪いで判断するものでは無く、どちらが好みか?という世界ですので、純度の違いによって、その他の部分の何がどう違うのか?そこのところを理解した上で、ご自身の価値観に従って選んで頂ければ良いものであり、プラチナの純度についても絶対的に何が良いというものでは無いということです。

 

・・・ということなのですが、絶対的に何が良いかと言うのがない以上、お好みに合わせてプラチナの純度が選べるというのは、その分広くお客様のお好みに応えることが出来るブランドであるということですので、大きな魅力となっていると言えるのではないでしょうか?

 

前置きが長くなりましたが、当店でプラチナの純度が選べるメーカーさんをご紹介したいと思います。
アフラックスさん、マリアージュさん、ディアレストさんです。

いずれも大変魅力あるブランドさんですが、そんな部分にもお客様の期待に応えられるよう工夫と努力をしているということが伺えますので、多くの皆様に興味を持って頂ければ良いなぁと思います。

ピンクゴールドの婚約指輪はありか?

ブライダルリング(結婚指輪/婚約指輪)となると、どうも日本人は昔からプラチナ製を求める傾向が強いのですが、昨今は、トレンドとしてアンティークが来ているせいもありピンクゴールドやイエローゴールド製のものを選ばれる事が増えてきました。

 

まだまだ、プラチナ製を上回る様な規模ではありませんが…、そんな関係上、時々お客様から、ピンクゴールドの婚約指輪(エンゲージリング)と言うのはどうなんでしょうか?と聞かれることがあります。

 

良くあるケースとしては、彼女がピンクゴールドが凄く好きなんだけど、婚約指輪のイメージとしてピンクゴールド製ってちょっと違うんじゃない?と感じてらっしゃるということでの・・・ご質問の様です。

 

それでは、ビシッと書きたいと思います。

 

基本的に、ピンクゴールド製の婚約指輪でも何ら問題ありません。ジュエリーの世界の話なので良い悪いではなく、どういうものがお好みかということで決めてもらって良いと思います。

 

つまり、好きこそが最上なのです。では、どんな感じか画像を見て頂きたいと思います。こちらのリングは、DEARESTさんのものです。如何でしょうか?

brand08-7

私は、こういうのも全然ありだと思います。色もとても綺麗です。

 

ただ、この画像はリング単体で写ってますが、指輪は指に着けるものです。そこで、ご理解頂ける方もいらっしゃると思いますが、そうなのです。このピンクゴールドっていう色は、単体で見ればとても綺麗なのですが、日本人の肌の色に馴染みが良いんです。良過ぎるんです。

 

プラチナのリングの場合は、肌の色の上に、白味の強い銀色が来るので、コントラストが強く出て、指輪が目立つんですが、ピンクゴールドの場合は、肌の色に馴染んでしまうので、コントラストが弱く、良く言えば落ち着いた見え方に、少し悪目に言えば、目立ちにくい見え方になってしまう傾向があるのです。

 

しかし、それも良い悪いではなく、どちらがお好みかというお話なので、好きであれば何ら問題ありませんし、むしろ、だからこそ、ピンクゴールドが良いと思う人もいらっしゃるかもしれません。と言うことで、ご自身の感性を頼りに決めて頂いて良いと思います。

 

しかしながら、ちょっとだけ注意が要ると思います。

 

それは、ピンクゴールドと言うのは赤味を出すために、赤い金属である『銅』を混ぜているものなんですが、混ぜる銅の量や銅以外の金属は何をどれくらい混ぜるかなど、メーカーによって配合具合が異なるのです。

 

銅を混ぜると強度が硬くなるメリットがあるのですが、メーカーによっては(つまり、金属の配合具合によっては)、その硬さの関係上、後日、サイズが直せない商品になっている場合があります。(硬さが仇となりリングを切るとリング全体がパリンと割れてしまう為。)

 

後日、サイズが直せないリングは、体形を維持する努力が大変になりますが、万一、入らなくなっても、そういう指輪は、大概、自分のリングを下取りしてもらい新しい必要なサイズのリングと交換できる(※有料の場合多し)様になっているメーカーが多いので、全く使えなくなる訳ではありません。

 

但し、新品と交換してしまうので、デザインは同じですが、ご主人が買ってくれた、まさにプロポーズされた時にもらった指輪そのものではなくなってしまうということがありますので、その点が気になる方はサイズが直せるピンクゴールドなのか、新品交換になるピンクゴールドなのかを事前に確認しておかれた方が良いと思います。

 

ちなみに、上記画像のDEARESTさんのピンクゴールドは、サイズが直せるタイプです。