知ると楽しいブライダルリングのお話

カテゴリー別アーカイブ: コラニー

予約の必要性

 

こんにちは~千葉県成田の婚約指輪と結婚指輪専門のセレクトショップ『ラムールトゥジュール成田』でございます。それでは早速ですが、今日も始めたいと思います。

 

結婚式場の見学に行く場合は、皆さん、ほぼほぼ例外ない感じで予約されてから行かれると思います。

 

しかしながら、結婚指輪や婚約指輪を見に、ジュエリーショップに行く場合は、まだまだご予約のないフリーでのご来店の方が多い現状があります。

 

お客様にも色々ご事情があると思いますので、フリーのお客様はお受けしないなどという傲慢なことは全く考えておりませんが、お客様のことを真に思えば、やはり、ご予約の上でのご来店をお薦めしたいと思います。

 

それには、次の理由がございます。

 

どんなに価値のある商品にも、どんなに魅力的な商品にも、残念ながら人間の様にしゃべってくれる口がありません。

 

商品をじっくり眺めているだけで、全てがわかる様であれば何ら問題ないと思うのですが、そんなことは残念ながらあり得ない訳です。

 

つまり、商品の中に含まれている魅力や価値を漏らさず知るためには、お店のスタッフを通じて説明を聞いて頂かなければならない訳です。

 

昨今のジュエリーショップの状況を鑑みますと余裕のある人数のスタッフが居るお店なんてそうそうありませんので、予約をせずに混み合う時間にお店に入り、スタッフの数よりお客様の組数の方が多い様な状況になってしまいますと、スタッフが行ったり来たりになってちゃんと商品説明をしてもらえない可能性が出てきてしまいます。

 

予約を取った上で訪問し、しっかりと説明を聞けていれば、眺めただけでは分からない価値も魅力も理解することが出来、もしかしたら運命の出会いになっていたかもしれないのに、予約を取らずに訪問し、スタッフからちゃんと説明を聞くことが出来なかった為に、価値も魅力も理解できないまま、通り過ぎてしまっていたとしたら、なんと切ないことでしょう。

 

例えば、当店で扱っているコラニーというブランドの商品ですが、価格帯としては結構な高額ラインになっているので、サラッと眺めただけでは、『うわ~高いなぁ』で終わってしまう可能性が高いと思います。

 

しかしながら、商品の中に込められた魅力や価値を全てご理解頂ければ、その内容に対して価格が不釣り合いに高いものでは決してないのです。むしろ、価値や魅力と言った内容からすればリーズナブルとさえ思えるレベルなのです。

 

これを知らずに、通り過ぎたら、本当にもったいないことになると思うんです。

 

予約してしまうと、お店に待ちかまえられてしまい、見るだけで帰ることが出来なくなってしまいそうだとか、スタッフにピッタリ張り付かれてしまうと、買うと言うまでひつこくセールスされるのではないか?という事などが心配だから、あえて予約を取らないという考え方の方もいらっしゃると思いますが、

 

確かに、お店に一歩入ったら上司が『うん』と言うまでお客様を帰してはいけないと、接客マニュアルに書いてあるジュエリーショップやブランドもありますし、ひつこく接客される様なお店があることも事実ですが、そういうお店ばかりでないことも事実ですし、

 

何より、お客様ご自身が、予約をしてからお店に行かないと損をすることになりかねないので、そこを避けるためにも、私は、ご予約されることをお薦めしたいと思います。

 

ちなみに、当店の接客マニュアルには、上司が『うん』と言うまで、お客様を帰してはいけないという事は書いてありません。むしろ、自分がされたら嫌なことは、お客様にもしない様にしようというのが当店の基本方針ですので、安心してご予約の上、ご来店頂ければと思います。24時間対応のWEB予約システムはこちら

プロポーズ用エンゲージリング特集 その1

 

これからX’mas、大晦日、元旦にプロポーズしようとお考えの方の参考になればと思い、私のお薦めのエンゲージリング(婚約指輪/プロポーズリング)を幾つかご紹介していきたいと思います。

 

今日は、その一回目です。

 

あくまでも、私の個人的な好みですので、その点はご理解頂ければと思います。

 

まずは、こちらです。コラニーさんのOP3のエンゲージリングです。

コラニーのオーパス3コラニーのオーパス3(黒背景)

以前にも、個別にご紹介した回がございましたが、もしも私が、今一番好きなエンゲージリングはどれですか?と聞かれたら、間違いなく、そして、迷いなく、これと答えると思います。

 

理由は、やはり特別感です。

 

とにかく、ブライダルリングの専門店をやっている私でも他にこんなの見たことないですもん。

 

変わっているタイプや珍しいタイプ、というだけなら、幾らでもあります。しかし、メモリアルジュエリーに奇をてらった様な珍しさというのは、ちょっと違う気がするので、素敵でありながら、デザインが特別な感じに出来ているというのは、そうそうありません。

 

ですが、これは素敵であり、特別である感じがします。

 

一言でいうと、薬指の上に、お花とダイヤが咲いているって感じですね。ダイヤがお花の中心になっているようなタイプは意外とあるんですが、その場合は、薬指の上に、お花が咲いているという感じになると思うんですね。

 

このOP3は、お花の上に、ダイヤがあり、お花とダイヤは、それぞれに咲いている感じなんですよね。(あくまでも私の感性ではということですが・・・)それってないんですよね~

 

で、可愛いのに、可愛いだけでなく、大人っぽさと高級感も混在しているんですよね。

 

これなら、可愛い感じで使う事も出来れば、セレブっぽい大人の女性的な感じで使う事も出来ると思いますし、

 

独特な存在感があるので、全体的なコーディネートもあまり気にしなくても行けてしまいそうなので、女性がどの年代でも使いやすいと思います。

 

また、何より、造りが良いブランドのリングですから、エンゲージリングの様な高額なセンターストーンが乗っかっている事を考えると、安心感が違いますね。

 

そして、もう一つ。

 

このリングを選ぶ理由に特別感と書きましたが、この特別感は、デザインだけのことだけでなく、日本一の称号を持つ『匠』が造っているからという事もあります。日本一の称号を持つ『匠』が造ったエンゲージリングを選んだという事で、贈る側の本気度も伝わりそうですし、それだけでなく、

 

私は53年も生きておりますが、思い返してみれば、53年生きてきた人生の中で、悲しいことに、ジュエリーに限らず、日本一の職人が造ったものをひとつも持っていません。

 

私自身が所有するものではないにしても、結婚する相手が持つものであれば、我が家にあることにもなると思うので、手に入る環境なら、一つくらい日本一の職人が造ったものを持ってみたいなぁとも思う次第です。

 

以前、エンゲージリングと言うのは、男性の想いを伝えるものと言う事を書きましたが、ブライダルジュエリーにそこそこ詳しい私という前提で考え、私の本気を示すのならやはりこのリングになるのではないかと思います。(あくまでも私個人のデザイン的な好みであるということが前提です)

 

という事で、第一回目でした。次回もお楽しみに。

 

千葉県成田市より愛を込めて。

☞ ハンパない結婚指輪

結婚指輪にも色々あるという事は、何度となく書いてきましたが、今日は『ハンパない結婚指輪』と言うのをご紹介したいと思います。

 

やっぱり造りが抜群で『ハンパないなぁ』と思うのは、コラニーさんですね。

 

そりゃぁまぁ当然と言えば当然ですが、日本一の称号を持つ匠が率いる職人軍団なので、普通、一つの会社に一人居るか居ないかの一級技能士ばかりが何人も揃っている様なブランドですから、

 

造りがハンパない指輪な訳です。

 

ちなみに『造りが良い』という意味ってどういうこと?と思われた方もいらっしゃると思いますので、少しその辺りに触れてみたいと思います。

 

『造り』という言葉には色々な部分が含まれますが、例えば、わかり易いところを一つ言うと、表面の仕上げです。

 

仕上げが上手くてかなり綺麗なんです。

 

指輪の表面が艶(鏡面)仕上げになっている場合、表面がピカピカしている訳ですが、ピカピカしていればみんな同じという訳ではないんです。

 

研磨の具合とか、鏡面に歪みがないとか、一見同じようにピカピカしている様に見えても、細部まで拡大してみると結構な違いがあるんです。

 

特に、コラニーさんの場合、使っているaura プラチナが一般的なPt900より1.5倍くらい硬いんですね。

 

プラチナが硬い方が指輪を使うユーザーにとっては、曲がりにくい、傷つきにくいというメリットがあっていいのですが、造る方にとっては、研磨にかかる時間が5倍になるそうですから、長い時間をかけて磨くことになる=難しくなる(下手な職人が長く磨くと鏡面がよれてしまうとか…色々)、為、そのことを踏まえると、

 

それにもかかわらず、これだけ綺麗なの?と、びっくりするレベルなんです。

 

ただ誤解が無い様にお願いしたいのですが、コラニーさんの商品だけが良くて他が全て悪いという事ではありません。

 

当店で扱っているものは、基本的にその辺りの問題はないものばかりですが、コラニーさんのクオリティが頭1~2個くらい出ている感じっていうんでしょうか、

 

ミシュランで言えば、ひとつ星と3っ星の差みたいな話です。

 

 

 

最初に、仕上げの精度を取り上げましたが、勿論それだけでなく、その他にもたくさんハンパない部分があります。

 

例えば、メレダイヤが並んでいるような場合は、ダイヤのテーブル面の高さがサイドから見ても完璧にピッタリ揃っているとか、

 

商品によっては、指輪の形状のウェーヴラインに沿って、ダイヤのカットラインを揃えているとか、

 

例えば、かなり硬いプラチナを使っているのに、モチモチした着け心地を感じる様な指輪の内側の形状を実現しているとか、

 

例えば、エンゲージのセンターストーンを留めている爪なんて、弱くならないようにしっかりとした爪にしているのに、見た目には野暮ったくならない様な工夫がされているとか、

 

それこそ、一体これってどうやって造っているのだろうか?と思うような、超一流の職人さんでなければ造れない様なものがあったりとか、

 

例えば、手打ちのミル(グレイン)が、凄く上手くて完璧なのに、人工的なと言うか、機械的な完璧さではなくて、手作りの温もりを感じるとか、

 

そりゃぁまぁ、挙げたらきりがないくらい色々ある訳です。

 

なかなか言葉だけで、この辺りの違いを説明しきれないのが辛いところですが、簡単に言いますと全方位的にハンパない訳なんです。

 

それには、こんなバックグランドがあることも関係していると思います。

 

コラニーさんの新作には、必ず、『挑戦』というテーマが入っているそうです。

 

ただ単に、新しいデザインの指輪を造って新作として発表している訳ではなく、必ず、新しい挑戦をして、そのテーマをクリアした何かがその商品の中に含まれているという事なんです。

 

つまり、常に、成長しようという姿勢で新作開発に臨んでいるので、今やブライダルジュエリーブランドとしては、結構なポジションにあるブランドですが、まだまだ、成長し続けているという訳なんです。

 

その辺りのブランドとしての心意気みたいなものは、いずれ当方で取材でもして皆さんに何らかの形でお届けしたいと思っていますのでお楽しみに。

 

最後に、

 

結婚指輪や婚約指輪をデザイン だけを見ていると、『ジュエリーとしての美しさ』という、ある種『深さで測る尺度』を見落としがちなのですが、そういったポイントのひとつひとつの説明を聞きながら見てみると、美しいジュエリーとはどういうものなのかが見えてくると思いますし、

 

その辺りを実感しながら見たり、知ったりすると、結構感動ものなので、色々見てこれから結婚指輪や婚約指輪を探されるという事であれば、見るだけは見ておいた方が良いくらいの価値はあると思います。

 

まあ、それをきちんと説明してくれる、説明できるお店に行かないと意味がないかもしれませんので、そこだけは少しご注意頂ければと思います。

 

という事で、ハンパない結婚指輪の話でした。参考にして頂ければ幸いです。千葉県成田市より愛を込めて。

☞ エタニティタイプの結婚指輪

 

今日の情報は、意外と知らない人が多いのですが、知っておいた方が良いものです。

 

さて、早速ですが次の画像をご覧ください。
いわゆるエタニティタイプのリングです。ダイヤが沢山一列に並んでいます。
コラニーのイルアールのジュビリーリング
<単純なストレートではない、柔らかい動きを持っているコラニーさんのイルアールの中のジュビリーリング>

 

エタニティタイプのリングは、キラキラ好きの女性の憧れだと思うのですが、一口にエタニティーリングと言っても意外と同じではないことをご存知でしょうか?

 

例えば、

 

実は、気が付きにくい部分なのですが、並んでいるダイヤとダイヤの隙間の距離が詰まっているものと、意外と隙間の距離が開いているものとがあったりするんです。(ちなみに、上記画像のリングはダイヤの間隔がびっしり詰まっていることがわかります)

 

隣り合うダイヤモンドの間隔が広いのと狭いのでは、当然、狭い方がきゅっと詰まっているので、輝きのラインも目が詰まっていて綺麗です。

 

逆に、感覚が広いと間延びしているので、一見わからないのですが、じっくりとよく見て、見慣れてくると、隙間が気になってくるくらいの感じがあったりもします。

 

それを感じ始めると、ダイヤの輝きラインが途切れる感じにも見えてきたりしてしまいます。

 

また、指輪を横から見た時に、ダイヤのテーブル面の高さが揃っているブランドもあれば、高さがあまり揃っておらず凸凹しているブランドもあったりします。

 

※テーブル面:ダイヤモンドの上面の平らなところ。

 

この辺りは、意識してテーブル面の高さを揃えているというブランドの方が珍しいので、テーブル面の高さが揃っていないことが多いという前提で良く確認された方が良いと思います。

 

名前の知られたブランドの商品でも結構気になるものを見受けますし、恐ろしいことに、お店のスタッフがこれらのことを知らずに、販売している事実も少なくないのが現状です。

 

一見ダイヤが一列にたくさん並んでいると、それだけで、ぽ~としてしまい、その辺りにお気付きになられないで決めてしまう方もいらっしゃいますが、折角のキラキラの王道であるエタニティタイプですから、その辺りもよ~く確認された方が良いと思います。

 

良いお店、良いスタッフに出会えることを陰ながらお祈りしております。今日はこの辺で。千葉県成田市より愛を込めて。

☞ 結婚指輪が導いてくれる・・・

結婚指輪の専門家として、今日は素敵な結婚指輪をひとつご紹介したいと思います。

グミ

COLANYさんのグミという商品です。

 

ちなみに、グミという名前は、グミの木から来ています。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、グミという木は、こんな感じです。
グミ画像

こんな可愛い赤い実がなる木なんですね。

 

さて、指輪の方ですが・・・、
グミ

男性用と女性用のリングを重ねると、綺麗なサティーナ(ヘアーライン)の上に、ふたつのリングにまたがって、つながる様な彫り模様が入っている指輪です。

 

単純に見た目だけでも十分素敵ですね。

 

ですが、今回私が言いたいのは、いつもとちょっと違います。物理的なデザイン云々の話ではないんです。

 

それは、このグミという結婚指輪を選んだら、その名前にちなんで、将来、マイホームを建てる時に、ご家庭のシンボルツリーとして、庭先にグミの木を植えることをひとつの夢にしてみては如何でしょうか?というお話です。

 

なぜなら、想いを込めて植えられた苗木は、お二人が築くご家族とともに、力強く地面に根を張って成長し、一家のシンボルツリーとして、いつも家族を見守ってくれるかけがえのない存在になるのではないかと思うからです。

 

大事に育てられた苗木は、いつかこの可愛い赤い実をたくさんつけると思います。大事に育てた木から成る、その可愛い赤い実たちは、まさにお二人の家族の様に愛しく思えたりもするでしょう。

 

ちなみに、実は、熟れていれば生でも食べられるそうですが、酸味と渋みがある様なので、ジャムにするとか果実酒にするとかなどが良いそうです。

 

実がなるたびに、家族で一緒に、ジャムにすることが一家の恒例行事にでもなれば、なんだかすごく素敵なご家庭だと思いませんか?

 

そして、お子様たちが大きくなって来たら『お父さん、お母さん、どうしてうちの庭にはグミの木が植わっているの?』なんて質問があったりして、ご夫婦が目を合わせて、微笑む光景・・・・、想像するだけで、何て微笑ましいんでしょう。

 

考えただけでも気持ちがあったかくなりますね。

 

もしかすると、このグミという結婚指輪は、お二人をそんな素敵な家族の形に辿り着ける様、導いてくれる指輪なのかもしれません。

 

結婚指輪を単純にデザインや価格で選ぶだけでなく、そんなことまで想いを巡らせてみるというのも良いのではないでしょうか?私は、そんな風に思います。

 

では今日はこの辺で。千葉県成田市より愛を込めて。