知ると楽しいブライダルリングのお話

ティアラになるセットリング 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

パヴェオショコラのエスポワールをご紹介したいと思います。

 

婚約指輪と結婚指輪を重ねて着けることが出来るようにあらかじめ勘合良くデザインされたものをセットリング言い、昨今はとても人気があるのですが、こちらのタイプは新しい風を感じる商品です。

 

では、まず、婚約指輪と結婚指輪を個別にご覧頂きたいと思います。

aglobe130216cmyk50 cut aglobe130216cmyk39 cut

婚約指輪の方は、アンティークな雰囲気を醸しているタイプです。弦がシュルシュルっとなったようなデザインは、華やかでありながら、気品を備えているというそんなリングだと思います。ヨーロッパの社交界を思わせるようなところもありますね。

 

結婚指輪(レディース)の方は、シンプルでモダンなハーフエタニティのリングです。

 

どちらも品があるという点では共通していますが、タイプとしては、どう見ても同系列に位置するものではないと思いますので、それぞれ単独で身に着けている時は、どちらを着けるかによって、二つの異なる世界観を楽しむことが出来ると言えるでしょう。

 

セットリングの場合、そういう組み合わせって中々無いものですので、お得感と珍しさと両方を兼ね備えていると言えると思います。

 

更に、この2本を実際に重ねてみますと次の様になります。(単体画像ではエンゲージがイエローゴールドになっていますが、こちらではピンクゴールドになっています)

aglobe130216cmyk60 - コピーcut

重ね着けをしますとこの様に、ティアラの様な形になると言う訳です。

 

単独でそれぞれ醸していた世界観とはまた別なものになっていると思います。重ねたことで、また一つ別な世界を築き、ティアラっぽいという別なジャンルの指輪になっているということです。

 

それぞれ単独で見た時には、どちらもティアラっぽくは見えないと思います。しかしながら、合わせてみると、ティアラにしか見えないくらいティアラ感が出まくっていると思います。

 

これはまさに、1+1=3以上になるタイプと言えるのではないでしょうか?

 

また、画像で見て頂いているだけでは、この組み合わせは、華やか過ぎる、派手過ぎると感じてしまっている方もいらっしゃると思うのですが、実際にご試着頂き、姿見(鏡)で、全身を映した中でご覧頂ければ、デザインが行き過ぎている感はほとんど感じないくらいに見えますので、信じられないとお考えの方は、そういうご確認も是非してみて頂ければと思います。