知ると楽しいブライダルリングのお話

シャンパンゴールドのハワイアン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

プアアリシャンパンゴールド

ハワイアンの結婚指輪と言うのも今や珍しくない時代になってきました。

 

ハワイアンのブライダルリングを作っているブランド(メーカー)も色々とありますが、当店で取り扱っているプアアリさんの凄いところを一つ書きたいと思います。(凄いところは沢山ありますが、今日はその内の一つを・・・と言う意味です)

 

日本で結婚指輪と言えば、プラチナ製というイメージが色濃くありますが、ハワイアンの結婚指輪をお選びになる方は、プラチナ以外の地金を選ばれる方も少なくありません。

 

プラチナ以外の地金と言いますと18金が主になってくるのですが、一般的に、使われている18金の種類と言えば、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド位なものであるところ、プアアリさんは、なんとこの地金の種類が多いのが大きな特徴になっています。

 

色合い的な意味で言いますと、18金だけでも

 

ホワイトゴールド
イエローゴールド
ピンクゴールド
サクラゴールド
ブラウンゴールド
グリーンゴールド
シャンパンゴールド

 

と7種類もあります。ちなみに、上記の内、シャンパンゴールド以外は14金も可能です。つまり、ここだけ取って見ても、18金が7種類、14金が6種類ある訳です。

 

更に、22金のビクトリアンゴールドとプラチナがありますので、合計15種類も地金の種類があるのです。

 

地金の種類が多いというのもそうですが、22金のビクトリアンゴールドは別格として、シャンパンゴールドのハワイアンと言うのは結構珍しい感じがすると思います。

 

プアアリさんのHPによれば、シャンパンゴールドのハワイアンは、指輪が輝くのではなく、輝きを指輪にしたかのよう・・・となっておりました。

 

コピーまでかっこいい、かっこ良過ぎるこのコピーと言う感じで、センスが凄いと思います。

 

作りが本格派というだけでなく、実力も人気もあるブランドとなるとこういうところも、やはり一味も二味も違うなぁとひしひし感じる今日この頃でございます。