知ると楽しいブライダルリングのお話

☞ 結婚指輪 セレクトショップとコレクトショップの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

今の時代、結婚指輪と言っても色々あると何度となく申し上げております通り、本当に色々ある訳です。

 

一生に一度の結婚指輪を選ぶのですから、ある程度選び甲斐があるお店の方が良いと思うので、当店もセレクトショップという業態にしており、今現在40ブランドぐらいの商品を扱っている訳なんですが、

 

当店が気にかけているポイントは、取り扱いブランド数が多ければ良いってもんじゃないというところなんです。

 

その訳を書きたいと思います。

 

最も大きな理由は、商品が多過ぎるとセレクトショップの良さを損なってしまうという事なんです。

 

セレクトショップはなぜ人気があるかと言えば、アパレル系のセレクトショップの場合など、お店の目利きによって、良いものだけを適度に揃えられているというところが心地良いとされているからな訳です。

 

何故心地よいのでしょうか?

 

まず、洗練された目利きによって、厳選された良いものだけが並んでいるので、どれを見ても魅力的な訳です。

 

それは言い方を変えれば、無駄なものを見るというロスを最小限に抑えながら選べるという事であり、これも素敵、あれも素敵、と魅力的なものが並んでいることで高まる高揚感の問題だけでなく、物理的に、時間の節約にもなるというメリットがあります。

 

良いものがサクッと選べる心地良さってありますし、簡単にサクッと行かないまでも、疲れる、面倒臭い、みたいなことにならない範囲が好ましいですよね。

 

商品が沢山おいてあると、一見、見応えや選び甲斐がある様に思いますが、全部見ようと思えば、無駄なものを見る時間も含まれることになりますし、

 

店内にあるものを全部見ようとして見るスピードを上げると、表面だけをサラッと流す感じになってしまいがちになり、そうなると、特に指輪の場合小さなものですから、出会いたかった商品を見逃してしまう事にもなりかねない訳です。

 

また、当店の規模(40ブランド)でも、一般的に指輪選びにかかる所要時間は、平均2~3時間です。つまり、当店以上の数となれば、更に、時間がかかる訳で、時間に余裕がある場合でも、指輪選びに5時間、6時間とかかるとなればそれはそれは、大変な負担になります。楽しいはずのお買い物が楽しくなくなってしまうかもしれません。

 

つまり、セレクトショップと言うのは『選び甲斐』と『選び易さ』のバランスが取れていてこそであり、言うなれば、『厳選された品揃えで、少な過ぎず、多過ぎず』が、セレクトショップらしいセレクトショップと言えるのだと私は考えております。

 

セレクトショップが魅力的なお店であるにもかかわらず、ブランドのブティック(そのブランドの商品しか扱っていないお店)が、世の中からなくならないのも、ある意味、商品数が多過ぎない方が見易くて選び易いという事で、支持されていたりするのかもしれませんね。

 

もう一つ、大事な事は、目利きの水準の問題です。これも以前に書いたことがありますが、腕の良い職人が世の中にどれだけいるかと言う事と関係している話です。

 

例えば、国内の職人の中で、腕の良さで上位10%以内にランクインする職人が造っているものしか扱わないという目利きの水準を決めたとしたら、自ずと取り扱い対象に入るブランド数がかなり絞られてしまいます。

 

つまり、取り扱いブランド数が多いという事は、目利きの水準が甘いという証拠に他ならないと私は思うのです。

 

当店はセレクトショップであり、ただブランドを沢山集めるだけで、目利き水準の甘いコレクトショップにはなりたくないのです。

 

ですので、当店は、取り扱いブランド数が多くなり過ぎない様にと言うところを意識しているのであります。

 

とは言え、目利きの水準が低くなくても当店は、高額なものばかりを扱っていると言う訳でもありませんので、誤解のないようにお願い出来れば幸いでございます。

 

心地よいお買い物ができるブライダルリング専門セレクトショップのラムール・トゥジュールより、愛を込めて。