知ると楽しいブライダルリングのお話

結婚指輪 ブルーダイヤとアイスブルーダイヤについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、今日はブルーダイヤとアイスブルーダイヤについて書いてみたいと思います。たかだか『へ~』的な程度の話ですが、面白い雑学の一つとして知って頂ければと思います。

blue

結婚指輪に使われている様なブルーダイヤやアイスブルーダイヤは、トリートメント(以下、トリート)と言うタイプで、石そのものは天然のダイヤモンドですが、色付けは人工的にやっているものになります。

 

天然のブルーダイヤも存在するのですが、簡単に言いますと、とてつもなく希少なものになるので、これまた、とてつもない価格になる為、結婚指輪につけられるような代物ではないのです。

 

ですので、桁違いの価格が付いている様な指輪でなければ、ブルー系ダイヤは、トリートのダイヤが使われているということになる訳です。

 

人工的に色を付けている(と言っても、表面を塗っている訳ではありません。主に放射線加工)為、ブルーダイヤもアイスブルーダイヤも値段は変わらないと思いきや、実は原価的には少し違うと言うお話です。

 

販売価格上は、同額にしているメーカーも多いので、あまりそのことを知るチャンスはないと思いますが、実は原価的には少々違っています。なぜでしょうか?

 

2色の違いは、色合いですが、そこに関係があります。ブルーダイヤは、濃い目の青色ですが、アイスブルーは薄い水色です。

 

ブルーの方は、色が付くと濃い青になりますので、元々のダイヤの色にあまり影響を受けません。つまり、色付け前の段階で少々色などに難があっても青になればそこは良くわからないということです。

 

しかしながら、アイスブルーの方は、薄い水色の為、元々のダイヤがある程度綺麗な透明でないと仕上がりが綺麗な水色にならないと言われています。

 

と言うことで、同じトリートの青系ダイヤなのですが、元々のダイヤの色が関係するために、元石に綺麗さが求められるアイスブルーダイヤの方が少し原価が高いのが一般的なわけなのです。

 

ちなみに、この話は良い悪いのところまで行くものではありません。

 

青系を選ぶ方にとっては、最終的な色が大事なのであり、元色が云々は関係ないからです。

 

ただ、どちらも人工的に色を付けているのに、どうして値差があるのか疑問に思われる方もいらっしゃると思うので、その辺りクリアになった方が気持ちが良いのではないかと思い参考までに書いてみました。

 

#ブルーダイヤ #アイスブルーダイヤ