知ると楽しいブライダルリングのお話

ブラックダイヤをよりかっこよくする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、もはやメンズの結婚指輪にブラックダイヤを付けることが決して珍しくない時代になってきました。

 

そんな風になる前から、ブラックダイヤのかっこよさを何かにつけて発信してきた私としては大変嬉しく思います。

 

ということで、今日はブラックダイヤネタでひとつ。

 

ブラックダイヤを目立たせたいと思う方は、艶消しの上に入れた方が目立つということです。

 

マットな艶消しが一番コントラストが出るので、一番目立ちます。

 

ヘアーラインの様な半艶の場合も、艶仕上げよりは目立ちます。

 

つまり、ブラックダイヤの目立つ順と言えば、こんな関係です。

 

マットなツヤ消し(ホーニング)>半ツヤ(ヘアーライン)>ツヤ(グロス)

 

ブラックダイヤを入れたいけど、あまり目立たせたくない、さりげなく入れたいという方は、指輪の表面はツヤ仕上げの方が、そういう感じになるということです。

 

色は黒ですがダイヤの表面はキラキラしているので、ツヤ仕上げのピカピカの中に、ブラックダイヤの表面のキラキラが入ることになるので、意外と目立たないのです。

 

ちなみに、ブルーダイヤもほぼほぼ同様です。

 

これは良し悪しではなく、目立つ方が好きか、さりげない方が好きかの問題ですので、お好きな方をお選びになられて良いと思います。

 

かっこよく仕上げるひとつの大きなポイントですので、参考にして頂ければ幸いです。

 

今日は、この辺で。千葉県成田市より愛を込めて・・・。