知ると楽しいブライダルリングのお話

婚約指輪を選ぶ時の参考

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Joeです。いつもありがとうございます。

 

サプライズで、婚約指輪をお選びになられる際に、参考にして頂ければと思うことを書きたいと思います。

 

男性は、ジュエリーに詳しくない方も多いと思うので、ブランド名とかよくわからないと言う理由から、一般的に有名なブランドに走りがちな傾向が見られる部分もあるので、お伝えしたいと思うのですが、

 

ハリーウィンストンやブルガリといったクラスになれば、ブランド名におけるバリューのパンチ力はウルトラヘビー級ですし、価格帯的にも次元が違う感があり、一般の方ではなかなか誰かと被ることもないと思うので、ブランド名頼りで選ぶのもありかもしれません。

 

しかしながら、ティファニーやカルティエのクラスですと・・・、

・良く知られているだけに、多くの男性が思い浮かべやすいブランドである事、

・比較的に商品の種類が多くない事、

・ハリーやブルガリなどに比べますと、何とか頑張って手が出せそうな価格帯であるという事、

などにより、誰かと被り易いという傾向があると言われています。

 

一流ブランドですから、ものが良くないわけありませんし、大切なものだけに、そういう有名なブランドのものを選びたいというお気持ちもわかります。

 

しかしながら、最も大切なことは、そんな大切な局面で彼女を悲しませるようなことは絶対に避けたいということですので、万一、婚約指輪が身近な誰かと被ってしまったらこれが結構厄介なことになるということは、是非知って頂いていた方が良いかもしれません。

 

彼女の職場の先輩の婚約指輪ともしも被ってしまったら、たとえ、たまたま偶然に、かぶってしまったとしても、真似したとか、真似されたとか、女性同士の中では、ややこしいことになってしまう為、普通は身に着けにくくなってしまいます。

 

それこそ、同じデザインのリングで、センターのダイヤモンドはどっちが大きいなんてことになったら、大変なことになりかねないのです。

 

婚約指輪を受け取った女性は、普通、2ヶ月くらいは、穴があくほど指輪を見るものですし、当然、出来るだけ多くの時間身に着けたいものです。にもかかわらず、職場の誰かと被っている為に、身に着けられないなんてことになったら、かなり悲しいことになってしまいます。

 

男性がジュエリーやジュエリーブランドに詳しくないことに関しては、仕方ないことだと思いますが、結婚したいくらい好きな彼女を悲しませたくないなら、重要なことだけにその辺りの配慮は多少考慮しておいた方が良いかもしれません。

 

逆に言えば、婚約指輪を貰う側の女性の皆さんも、もしも身近に、ティファニーやカルティエのエンゲージリングを貰った人が居たら、何気なく普段の会話の中で、身近にそういう人がいることをさりげなく伝えておく工夫をしておかれた方が良いと思います。

 

ちなみに、ティファニーやカルティエくらい有名だと、あまりにもベタ過ぎるということで、中には、男性が安易に指輪を選んでいる様に感じてしまうということであまり嬉しくないという女性の意見もある様です。

 

少々贅沢な意見の様にも思えますが、バブルの頃と違って、今は、ブランドにあまり興味のない世代と言う背景もありますので、ある意味その意見もよくわかります。

 

実際、名前はあまり有名でなくても、品質的には、有名ブランドに勝るとも劣らないものもありますし、知る人ぞ知る銘品や隠れた逸品と言うもの沢山ありますので、そういう中から自分の為に一生懸命、こんなのを探し当ててくれたんだ!みたいなことが女性は嬉しいものなのです。

 

特に、ジュエリーに詳しくない男性なら尚更で、男性の行動を通じて、自分への思いまでが乗っかってる様に感じるのですから、当然と言えば当然ですよね。

 

最後に、誤解の無い様に願いたいのですが、有名ブランドを選んではいけないとか、選ばない方が良いということを申し上げたいのではありません。

 

有名ブランドによっては、誰かと被り易い傾向がある為、誰かとの被りを避けたい婚約指輪をお選びになる時は、彼女に対して、何気なく、身近で、直近に、婚約した人が居るとか居ないとかそれくらいの探りは入れておいた方が良いかもしれませんよ、と言う事と、

 

意外にも、有名ブランドであれば、どんな女性も確実に喜ばせられるとは限らないということと、

 

有名でなくても良いものも沢山ありますし、有名なブランドの商品でなくても女性を喜ばせることは出来るということをお伝えしたかった次第です。