知ると楽しいブライダルリングのお話

結婚指輪 価格の目安

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Joeです。いつもありがとうございます。

 

さて、今日は、結婚指輪の価格に関して書きたいと思います。

 

結婚指輪の価格を決める要素として最も影響の大きいものは、金属の量です。

 

よく街中に、プラチナや金を1g幾らで買い取りますと言う様なお店がありますが、指輪を購入するというのは、簡単に言いますと、その逆とお考え頂ければと思います。

 

つまり、指輪の形になっているだけで、金属の量(ボリューム)を買っている感覚に近いものだということです。

 

勿論、正確に言えば、ダイヤモンドが幾つ付いているとか、職人さんの作業代や、メーカーの利益、お店の利益などもありますので、金属だけを買っているのとは違いますが、

 

価格構成上、最も大きな要素は、金属の量です!ということです。

 

なぜ、そのことをお伝えしたいかと言いますと、

 

例えば、男性は、手が大きい方も少なくありません。

 

ゆえに、手の大きさにバランス負けしないボリューム感のある指輪をご希望されることが多々あるのですが、金属がたっぷりと使われているボリューマブルな指輪ですと、金属の量が多い訳ですから、その物理的な理由によって、どうしても安いものにはならないということがあります。

 

デザインがどんなにダサくても、使用している金属の量が多ければ高額になってしまうのです。

 

しかし、そのことをご存知ないと、ボリューマブルだけど価格の安い指輪がどこかにあるかもしれないと、この世に存在しないものをいつまでも探し続けてしまうかもしれないのです。

 

ゆえに、結婚指輪を探し始める際には、そのことを知っておかれた方が良いと思う訳です。

 

また、結婚指輪の価格について、ご両親とお話される時にも知っておいた方が良いことがあります。

 

2015年現在、有名な結婚情報誌などによりますと、プラチナ製結婚指輪の平均ペア価格は、20万以上になりますが、ご両親が持たれている結婚指輪価格のイメージは、ペアで精々3万円前後くらいだということです。

 

ご両親が結婚指輪を買われた時期は、20~30年前になりますから、金属自体の価格が現在よりもはるかに安かったので、そういうイメージのギャップが出来ているのです。

 

なので、そのことを知らずに、結婚指輪ってどれくらいの値段がするのかしら?と、ご両親に聞いて3万円前後位だったという情報で予算を組んでしまうと、予定が大幅に狂ってしまう可能性があるということです。

 

また、現在の結婚指輪の価格事情をご存知ないご両親に、お二人が検討している結婚指輪の価格について相談されたりすると、平均価格の20万でさえ、そんな金額高過ぎるとか、贅沢過ぎるなどと頭ごなしにいわれかねない可能性があるかも知れません。

 

予算や予定が大幅に狂ってしまうのも、頭ごなしにとやかく言われるのも気持ち良いものでは無いと思いますので、その辺りのことをご存知頂いておかれればと思う次第でございます。

 

ちなみに、逆算した価格の目安感ですが、結婚指輪ペアの平均価格が20万円を超えているということは、結婚指輪は今や1本あたり10万円くらいしても高過ぎるものではないということを頭に置いておかれると選び易いかもしれません。

 

ご参考まで。