知ると楽しいブライダルリングのお話

結婚指輪は専門店で!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

いつもありがとうございます。

 

さて、皆さんは、例えば、スパゲティを食べる時に、次のどちらのお店を選ばれますか?

 

「イタリアンの専門店」と「ファミリーレストラン」では、如何でしょうか?

 

どちらもそれぞれにメリットや魅力があり、絶対にどちらか一方が優れているということではありませんので、時と場合に因るという方が多いと思います。その通りだと思います。

 

昨今は、ファミレスと言っても美味しくて侮れないお店もありますし、それに、軽くお昼を済ませたい様な場合と、大切な人をしっかりとおもてなしする様な場合とでは、選択肢が変わってくるのも当然だと思います。

 

ですが、私が想像するに、大事なことの場合は、大多数の方が前者(イタリアンの専門店)を選ばれるのではないでしょうか?

 

では、何故でしょうか?

 

「目的のもの」が色々扱っている内のひとつになっているお店より、「目的のもの」の専門店になっているお店の方が、食べるものなら本格的で美味しい気がしますし、品揃えについても専門店ならではのものまで幅広く扱っている様に思うからだと思います。

 

実際、色々な商品を扱っているお店だと、どうしてもひとつの分野に深く踏み込めないので、どの分野の商品も

 

代表的なと言いますか、

公約数的なと言いますか、

標準的なと言いますか、

どこにもありそうなと言いますか、

そういう感じの品揃えにせざるを得なくなります。

 

一方、専門店の場合は深く踏み込めますから、標準的なものからマニアックなものまで揃っている事が多いので、

 

品揃えが豊富であるだけでなく、「こんなものまであったのか?」と、専門店ならではの商品に出会えることで知らなかった世界に触れる事が出来る楽しみがあったり、

また、店員さんの指南もプロフェッショナルならではのものだったりして、

満足度の高いお買い物をサポートしてくれる雰囲気があると思います。

 

と言う事で、大胆に、且つ、いささか極端にまとめますと・・・私が思うに・・・

 

「大事なもの」を購入する際には、「大事なもの」ゆえに、専門店が存在するなら、専門店で購入される方が満足度の高いお買い物が出来る可能性が高そうではないでしょうか?ということです。

 

それを証明することをひとつお話したいと思います。

 

専門店とは「それ」だけを扱っている訳ですから、店側は「それ」に命をかけているはずです。

 

一方、色々扱っているお店は「それ」に対して、そこまでの想いは無い気がしないでしょうか?

 

「専門店」と「専門店でない店」とでは、そういう取り組み方と言いますか、「それ」に対する熱さが違うのではないかと思う訳です。

 

そうなんです。

 

つまり、ブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)の様な特別で大切なアイテムであれば、それこそ、専門店も存在しますし、満足度の高いお買い物を望まれるのであれば、間違いなく専門店で購入される方が良いのではないでしょうか?と私は思うのです。

 

ちなみに、当店ラムール・トゥジュールは、正く言いますと「ブライダルリング専門のセレクトショップ」というスタイルのお店ですので、専門店の専門性に加え、セレクトショップという洗練された目利きによる品揃えを誇ると言うお店でございます。

 

ある意味、専門店の上をいく、スタイルであるはずという思いで毎日頑張っておりますので、何軒かのお店を周られるご予定の方は、是非その一つに加えて頂ければ幸いでございます。

 

と言う事で、日本全国から多くの皆様のお越しをお待ちしております。千葉県民の方は、お近くですので是非是非お越し頂ければと思います。