知ると楽しいブライダルリングのお話

プラチナの純度が選べる結婚指輪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

いつもありがとうございます。

 

季節変わりのせいでしょうか、毎年これくらいの時期になると一番忙しくなる時期にも関わらず身体のあちこちが悲鳴をあげてきます。老体に鞭を打って毎日、松戸から片道約45kmを通っていることもあり、仕方ないと思いますが、そんなことにめげずに頑張って行きたいと思います。

 

今日は、プラチナの純度が選べるメーカーさんがあるんです!というお話です。

 

日本で結婚指輪用のプラチナ純度として最もポピュラーなのは、90%純度のPt900で、次に欧米で基準となっている95%純度のPt950、そして、純プラチナと呼ばれるPt1000(最近はPt999と書きます)という順で使われています。

 

多くのメーカーさんは、その内1種類だけを固定で使っているのですが、実は、今日のタイトルの様に、プラチナの純度を選ぶことが可能なメーカーさんもあったりするので、そこのところをご紹介したいと思います。その前に、

 

プラチナの純度が濃い方が何となく良いものの様な気がするかも知れませんが、一般的には、純度の濃い方が強度が柔らかくなるため、比較上、純度が濃い分価格は上がるのに、曲がり易くなる、傷つきやすくなるとも言えるので、高純度=良いもの、みたいなイメージだけで選ぶのは早計かもしれません。

 

しかしながら、100%のプラチナ(特に強度を上げる細工をしていないもの)は、柔らかい分、しっとりと濡れた様な質感があり、うっとりしてしまう何とも言えない素敵さを感じる部分を持っているという面もあります。

 

また、純度60%以下のものを使っているブランドも存在し、純度が低い分価格はかなりお安くなっているのも事実なので、それだって見る角度によっては大きなメリットとも言える訳です。(プラチナと呼んで良いものか多少疑問に思うところはありますが、一応Pt○○○と表記されているので・・・)

 

以前にも書きました通り、ジュエリーの世界は、良い悪いで判断するものでは無く、どちらが好みか?という世界ですので、純度の違いによって、その他の部分の何がどう違うのか?そこのところを理解した上で、ご自身の価値観に従って選んで頂ければ良いものであり、プラチナの純度についても絶対的に何が良いというものでは無いということです。

 

・・・ということなのですが、絶対的に何が良いかと言うのがない以上、お好みに合わせてプラチナの純度が選べるというのは、その分広くお客様のお好みに応えることが出来るブランドであるということですので、大きな魅力となっていると言えるのではないでしょうか?

 

前置きが長くなりましたが、当店でプラチナの純度が選べるメーカーさんをご紹介したいと思います。
アフラックスさん、マリアージュさん、ディアレストさんです。

いずれも大変魅力あるブランドさんですが、そんな部分にもお客様の期待に応えられるよう工夫と努力をしているということが伺えますので、多くの皆様に興味を持って頂ければ良いなぁと思います。