知ると楽しいブライダルリングのお話

最高のダイヤモンド その1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

brand03-3

私はセレクトショップを経営するにあたり、

 

本当に価値あるもの・・・、

セレクトショップの目利きに適うもの・・・、

本当に、胸を張ってお薦めできるもの・・・だけしか扱いたくないという方針でおります。

 

ですので、基本的には安易に、取扱ブランドを増やすことを考えてはいないのですが、私が本当にその美しさに衝撃を受けて扱わせて頂く事になったダイヤモンドをご紹介したいと思います。

 

その名も 『ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント) 』です。

 

どの様なブランドかと言う事をご説明しますと…、

 

現在、ラウンドブリリアントカットのグレードで最高とされるトリプルエクセレントとは、テーブルサイズを100%とした時に、幅や厚みのパーセントがこの範囲に含まれる事によって、光の跳ね返しが最大になるという数学的理論に基づき、今から約100年ほど前に数学者によって考案されたのですが、100年前には実際にその理論を体現できる研磨者は、世界中探しても一人も居ませんでした。

 

1980年代後半に、世界最大の鉱山会社のデビアスが、この理論を実現しようと当時世界最高の技術を持つ研磨者を集め、プロジェクトチームを作り取り組んだ結果、1990年についにこの理論に基づいたエクセレントカットを達成する事が出来たのですが、そのプロジェクトチームのリーダーであった天才研磨師、フィリッペンス・ベルト氏(画像)が実際に研磨をしているというダイヤモンドブランドなのです。

 

平たく言いますと『ANTWERP BRILLIANT(アントワープブリリアント) 』のダイヤモンドは、実在する最後の現役カリスマカッターが研磨するダイヤモンドと言う訳です。

 

美容室なら、カリスマ美容師、レストランなら、カリスマシェフ、等々…カリスマと呼ばれるプロの中でも超一流の人が存在します。

 

少々お値段が高くてもその価値に見合うから、むしろ高額なのに、お客様が殺到する事実があります。ダイヤモンドも同じだと思うのです。

 

しかし、魅力はカットのクオリティだけではありません。

 

この続きは、次回に書きたいと思います。きっと驚かれると思いますので、お楽しみに!!!!