知ると楽しいブライダルリングのお話

結婚指輪 付加価値を知っている方が満足度が高くなるというお話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

さて、早速ですが、同じブランドの同じ商品でも、購入するお店によって、満足度が違うことをご存知でしょうか?

 

もしも、結婚指輪を買いにお店に入り、見た瞬間一目惚れしてしまい、即座に『これ下さい、これにします。』と、お店の人からろくに説明も受けない内に、決めてしまったとします。

 

<例えば、選んだ指輪がコラニーさんの商品だった場合>
日本一の称号を持つ匠が作っている逸品だという事を知らないままになってしまうかも知れません。

 

<例えば、選んだ指輪がマリアージュさんの商品だった場合>
メレダイヤの品質が最高のものであるということを知らないままになってしまうかも知れません。

 

<例えば、選んだ指輪がラプレッツァの商品だった場合>
リングの内側に、同じDNAを持つペアダイヤが付いているのを知らないままになってしまうかも知れません。

 

これらは、一例ですが、こういった素晴らしい付加価値があることを知った上で身に着けているのと、知らずに身に着けているのとでは、どうでしょう?

 

満足度も愛着も違ってくるのではないでしょうか?

 

私は、今、お客様が一目惚れして、ろくに説明も聞かない内に決めてしまったら…という、例え話しで書きましたが、商品の説明をあまりきちんとしてくれないお店も同じことが言えると思います。

 

早く決めるのが悪い訳ではありません。

 

決まってしまえば、それ以上、大事なことも説明せずに、クロージングに入ってしまうお店が多いということなんです。

 

長い時間をかけて接客されることが良いこととは限らないと思いますが、説明が不十分だったり、決まればそれで終わりという接客も、いささか問題の様に思いますので、その辺りもお店の見極めに参考にされると良いのではないかと思います。

 

20~30分お店にいれば、説明の量や質がどんなレベルなのか大体わかると思いますが、気に入ったリングを見つけたら、是非、その商品が持っている魅力や付加価値がどんなものなのか漏れの無い様に、お店のスタッフに尋ねておかれる事をお薦めしたいと思います。